teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ST125 2017シーズン

 投稿者:K古賀選手  投稿日:2017年 2月26日(日)19時03分25秒
返信・引用 編集済
  いよいよ開幕戦が迫ってまいりました。いかがお過ごしでしょうか?

開幕戦  3月12日  HSR九州
第2戦  4月30日  ナチュラサーキット
第3戦  5月28日  HSR九州
第4戦  7月 2日  HSR九州
第5戦  7月30日  KKW
第6戦  8月20日  ナチュラサーキット
第7戦 10月22日  ナチュラサーキット(イベント併催)

このような日程になると思いますのでよろしくお願いいたします。
 (KKW戦が抜けていました。修正いたします。 2月27日訂正)

さて、遅くなりましたが、カレンダーが完成いたしました。
今回はMotogp,WSB、国内MFJ、ローカルレースのスケジュールを網羅しました。
お役立てください!

1部2000円です。ご協力のほどお願いいたします。m(__)m
遠隔地は申し訳ありませんが着払い発送でお願いいたします。

ご注文は kita_37@agate.plala.or.jp 北古賀までよろしくお願いいたします。

http://st125.com

 
 

HSR九州のドリームカップ第2戦

 投稿者:K古賀選手  投稿日:2017年 2月24日(金)13時20分17秒
返信・引用
  岡山とバッティングですね!!
ローカルレースの日程はかぶらないようにしてもらいたいもんです。

http://st125.com

 

ドリームカップ第2戦

 投稿者:ura  投稿日:2017年 2月24日(金)12時49分17秒
返信・引用
  HSR九州のドリームカップ第2戦ですが、
5/28(日)から5/7(日)に変更になってます。

http://www.hsr.jp/motor_sports/circuit_course/event/2014_dream_cup.html


 

2017シーズンスタート

 投稿者:ST125運営委員会  投稿日:2017年 2月13日(月)18時55分37秒
返信・引用
  いよいよ第1戦のエントリーが開始されましたね。皆さん準備はできていますか!?

お待たせしました!!いよいよ 2017年 ST125カレンダー 受注開始します!!

今回もなかなかの力作となっています!! 1部¥2000です。
必要な方は kita_37@agate.plala.or.jp までご連絡ください!!

http://st125.com

 

第一戦

 投稿者:#62 T永  投稿日:2017年 2月12日(日)23時19分48秒
返信・引用
  本日エントリーしました!

私にとっては第一戦で有りながら最終戦でも有りますのでしっかりと楽しませて頂きます♪
皆さん宜しくお願いします!!( ´ ▽ ` )ノ
 

暫定日程追補

 投稿者:銀色  投稿日:2017年 2月10日(金)19時46分54秒
返信・引用
  各位 例年に無くスケジュール調整が遅れておりますことをお詫び申し上げます。

現状、以下のところまでは確定しております。

今月中には全日程を報告させて頂く予定です。



開幕戦  3月12日  HSR九州

第2戦  4月16日  ナチュラサーキット

第3戦  5月28日  HSR九州


第*戦  7月 2日  HSR九州

第*戦  8月20日  ナチュラサーキット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 
 

2017スケジュール

 投稿者:銀色  投稿日:2017年 2月 3日(金)22時12分58秒
返信・引用
  各位 今期レース日程ですが、HSR九州さん以外の、各コースにおいて主要レース日が決定されてないことで最終確定が遅れておりますことをお詫び申し上げます。

現時点では

開幕戦 3月12日  HSR九州

第*戦 5月28日  HSR九州

第*戦 7月2日   HSR九州

上記3戦に加え、ナチュラサーキットさんはじめ他コースで3~4戦、全6~7戦となる予定です。

エントラント各位、関係者のみなさま、いま少しのお待ちを申し上げます。


<写真はイメージです>
 

(無題)

 投稿者:#フフ  投稿日:2017年 1月24日(火)00時45分15秒
返信・引用
  まだまだ・・・、ギリ明けましておめでとうございます?
2016年はいろいろありましたね~。
レース愉し♪ けどバイクってなんなのかよくわからなくなってきた。
例えば、
今年も皆さん、楽しいバイクライフを♪
ん、レースもバイクライフでしょ?
え! 時間割りを作ったから見ろって?
ふむふむ、あれ?  だいたいハイエース(四輪ドライブ)・・・
う~む、謎。
・・・じゃなくって、ライディングの方なんですけどね。
今年もよろしくお願いしま~す。

 

今年もよろしくお願いします。

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2017年 1月10日(火)23時45分52秒
返信・引用
  今年は、JP-250で頑張ります!
岡山国際JP-250最終戦
https://youtu.be/UcgbCmMvfds
 

来期もお楽しみに

 投稿者:銀色  投稿日:2016年12月31日(土)06時48分27秒
返信・引用
  いろいろあった?2016年でしたが、みなさまありがとうございました。
現在来期に向け日程調整中です。
確定次第報告いたします。

では応援団、エントラント、そして関係者のみなさま、
2017年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。


九州・中国ST125運営委員:銀色バイク・坂井
 

今年もありがとうございました

 投稿者:#41 K原  投稿日:2016年12月30日(金)22時17分25秒
返信・引用
  こんばんは。
今年もあと1日で終わりですね。
皆さま今年もお世話になりました。

今年は九州で地震があったり、タカタのレースがなくなったりと、いろんなことがありました。
私は、筑波の耐久茶屋で新品カウルなのにコケるし。。。
転倒も多かったシーズンでした。

来年はコケないように走りたい^^;

皆さま来年も参戦する予定ですので、宜しくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎えください。

http://yzf-r125.blogspot.jp/

 

来期規則変更につきまして

 投稿者:銀色  投稿日:2016年12月10日(土)06時56分57秒
返信・引用
  エントラント各位・並びに関係者のみなさま

来期に向けた車両規則変更について、混乱を招く事態となったことを主催、運営としてお詫び申し上げます。

今回の規則変更の発表に至った経緯として、まずは同レースカテゴリーのスタート当初から主力参加車両となっていたERF125Rと、
その後に市場にデリバリーが始まり、参加車両として認可した新型車(ほぼ全車インジェクション車)との、パワー差を是正したい、というかねてよりの懸案からでした。

その後協議の結果、変更告知からの準備期間もなく性急に過ぎた事、また趣旨と規則変更内容との関連性に根拠が乏しい事を踏まえ、
「当案は白紙撤回」とさせていただいたうえで、各位来期へのご準備をお願い致します。

また、今後の展望としましてはエントラント、関係者の見解、認識を確認の上、充分な準備期間を以って各規則等の変更となるよう留意いたします。

各位、改めましてご迷惑ご心配をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

来年以降も新型車両のデリバリーが期待されます。
今後ともますます「九州・中国ST125」発展のため尽力いたしますのでなにとぞよろしくお願い申し上げます。


九州・中国ST125運営委員会代表:ウエノR&D、銀色バイク
 

(無題)

 投稿者:I岡  投稿日:2016年12月 4日(日)00時23分15秒
返信・引用
  みなさん、ありがとうございます。
長くレースを楽しみたいので、どのバイクで
参戦するかも必要ですね。
銀バイクさんが詳しいということですね。
ありがとうございます。

 

静観お願いしますm(__)m 2

 投稿者:シロカワ  投稿日:2016年11月29日(火)10時01分9秒
返信・引用
  いろいろ、ここで出しゃばり過ぎたかなと半分後悔していましたが、
H辺選手?監督の"皆さんの意見を聞いてみたいな?と、思った"
で少し気が軽くなりました。
ちょっとショックで、何か書かずにはいられない気持ちになったので・・・。


朝永さんと同じく、その後の生還を期待しております。

自分としては、現状レギュレーションでも十分に楽しんでいましたが、
ERFとその他車両の加速性能の差を埋める(と理解していますが)
趣旨のレギュレーション変更に単純によかったなと考えてしました。
(但し、性能差がどれだけあるのか、あるいはないのかは僕にはわかりません。
コーナーの脱出スピードはライダーの技量も関わってくることだし。
というか、そこがレースの胆か・・・)
なので、ERFを時間やお金や手間をかけて仕上げてこられたライダーさんたちのことを
考えていなかったのかなと・・・。

同時にST125をより良くしていこうと試行錯誤していただいている主催者様方
にとても感謝しております。
自分のような素人では判断の付かないレベルで、
かつ、変更に際してのポジとネガを十分に考えられたうえで、
今回のレギュレーションを提示されたのだと思います。

今後、どんな展開を向けえようが2017 R1に参戦しようと思います。

といっても、現在左膝靭帯損傷中ですが・・・(T-T)





 

静観お願いしますm(__)m

 投稿者:#62 朝永  投稿日:2016年11月28日(月)20時40分27秒
返信・引用
  その後の生還お願いします♪


私は来期参戦が厳しいのですが、今まで楽しんだ分頑張ります♪


 予定では第一戦は参戦可能と思いますが、その他参戦不可能な場合は代理をお願いしております、なるだけ参加台数を減らさぬ努力を(笑)


I岡様

車体さえ有れば楽しめると思います!皆さん良い方達ですので。
ハードルは自分で感じるのが早いですよ♪

参戦お待ちしてます!!

PS
H辺選手?監督、また娘と遊んで下さ~い(=´▽`)ゞ
 

えっ…(@_@)

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月28日(月)19時42分7秒
返信・引用
  荒れてますか?(*_*;
私の投稿で、気分を害された方がいらっしゃったら謝ります。
申し訳ありませんでした。m(__)m
私としては、長く九州中国ST-125 に関わっていたので、今回の変更について、前以て少しくらい話が有るものと思っていたので(自惚れてた)、少しざわざわするくらいの投稿をして、皆さんの意見を聞いてみたいな?と、思った次第です。
撤退ではなく、静観して見守りたいと思います。
orz
 

売り

 投稿者:25井内  投稿日:2016年11月28日(月)17時39分2秒
返信・引用
  売り
新品 ERF 125コンバートKIT 4万円(送料は着払い)
以前 阿部さんから 売っていただいた物です 定価は6万円だそうです
よろしく
 

是非

 投稿者:シロカワ  投稿日:2016年11月27日(日)22時21分15秒
返信・引用
  ハードルの内容がわかりませんが、高くないはと思います。
レースをやっておられたなら、なおさら。
下記のように、悲しいことにST125最強軍団が撤退の方向で動いているようなので、
とても速い人たちが数人抜ける可能性がありますが、(嘘であってほしい)
同様に速いライダーもまだまだ参戦してくると思いますので、
彼らと競いたいという意味なら、あなた次第かと。
リンクから銀色バイクさんの電話番号がわかると思うので、連絡してみてください。
 

参加するには

 投稿者:I岡  投稿日:2016年11月27日(日)20時58分6秒
返信・引用
  九州に越してきて2年なんですが、そろそろバイクレースに復帰を考えてますが、
ST125はハードルが高いでしょうか?関東ではST600やミニバイクをやって
ました。
こちらはバイク関係の知り合いがほとんどいないので・・・
 

荒れてますね(^_^;)

 投稿者:♯62 朝永です  投稿日:2016年11月26日(土)17時54分22秒
返信・引用
  今回の変更に伴う意見はエントラントの人数分有る事と思います、私も地元ではフィルター1つさえ入手不能ですので厳しい意見も有る事でしょうね。

運良く私はフィルターさえどうにか出来れば何とかなりますが、チームメイト(小畑)はBOX開口とCDI 問題ががありますので悩んでいる様です。


追伸
来期は学校行事や地域活動や協議会等で参戦が厳しい状態ですので、『万事解決』まで静観させて頂きます?
皆に良い風が吹きますように。m(__)m


 

YZF-125

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月25日(金)23時26分15秒
返信・引用
  程度良し  

ERF-125

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月25日(金)23時24分21秒
返信・引用
  程度良し  

売りたし!

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月25日(金)23時19分41秒
返信・引用
  価格応談
8勝した車両と、3勝したライダーの車両!
出来れば、銀色バイク店主様が買い取って貰えれば良いのですが・・・。
 

補足について

 投稿者:銀色  投稿日:2016年11月22日(火)18時39分38秒
返信・引用
  各位 性急に決定事項だけを発表することになってしまって、説明不足でご迷惑をお掛けしています。
改めまして、経緯とその理由、目的を伝えさせていただきます。
週明けにはこちらの板を用いまして追補説明をさせて頂く予定です。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

九州・中国ST125運営委員会代表:ウエノR&D、銀色バイク
 

なるほど・・・。2

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月22日(火)12時03分40秒
返信・引用
  九州中国ST-125は、生涯レースを基本概念で始まったレースと記憶していますが・・・。
今回のレギュレーション変更で、確実にエントラントが減少します。
基本、レギュレーション変更をする場合(性能調整含む)前もってエントラントに説明が有るのが常識ですが(2輪・4輪含め、全てのレースカテゴリーにおいて)
はい、来年はこのレギュレーション行きます!???
ERF-125って、そんなに速い車両ですか?
何年もかけて、試行錯誤しながら新型車両に対抗すべく、セットアップを重ねて来たところ、ERF-125を排除するようなレギュレーション変更・・・。
あるエントラントは、このレギュレーションなら、来年から参戦出来ません・・・。と、言われたので、そのエントラントの気持ちに鑑み、参戦撤退の思いになっています。(T_T)
全てのエントラントが、納得いく説明を望んでいると思います。

銀色バイク店主様が決められた事なので、私共底辺のライダーの意見など聞いてもらえませんと思いますが、このレギュレーションなら、参戦出来ないエントラントがいるといゆう事を、考慮して頂きたいと思います。

御自愛ください。
 

すみません。単純に喜んでいました。

 投稿者:シロカワ  投稿日:2016年11月22日(火)10時22分57秒
返信・引用
  自分は想像力が欠如していました。
なかなか難しいんでしょうね。
みなさんが納得のいくようにというのは。(これから、参加されるかもしれないライダーも含めて)
もともと、ERF-125からはじまったというのもあるでしょうし。
”FI車にも、適用”ではだめなんでしょうか?
個人的には、現状かわりませんが。
参戦中のライダーが撤退することなく新規ライダーが増えて、
ST125が盛り上がっていくことを切に願います。
 

なるほど・・・。

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月21日(月)22時43分50秒
返信・引用
  ERF-125で、九州中国ST-125に参戦されてこられた選手の皆さん!
このレギュレーション変更は、参戦車両を新型に買い換えて下さい!ということだと思います。
何とかやり繰りしながら車両を制作し、ERF-125で参戦を続けてきた選手の皆さんに、煮え湯を飲ませるような、レギュレーション変更・・・。
新型車両は、大歓迎!
ERF-125にだけ適用???

SP忠男広島RTは、このレギュレーション変更に反対します!
このままだと、チーム員及び関係者を含め、九州中国ST-125から全面撤退しようと思います。
 

ま、まじすか!!

 投稿者:k古賀選手  投稿日:2016年11月18日(金)23時01分39秒
返信・引用
  これは何かの陰謀でしょうか?!  

2017車両規則変更について

 投稿者:銀色  投稿日:2016年11月18日(金)11時59分16秒
返信・引用
  「九州・中国ST125」エントラント並びに関係者各位

2016シーズンも早々に終わってしまいましたが、みなさま年末に向けてお忙しい日々を過ごしておられるかと存じます。
来期以降もよろしくお願い申し上げます。

さてその来期ですが、今後いっそうの同カテゴリーST125の発展を鑑み車両規則の一部変更をお知らせいたします。
施行は2017シーズン開幕戦からとなります。



<車両規則の変更点について>

*ERF125ベースの車両において以下2点パーツの標準的な装着が必須義務となります。

(1)純正部品エアボックス(フタ含む)、純正部品エアクリーナーエレメント(ペーパー部は加工不可)
   (パーツリストF-17中のパーツナンバー10,13,14を除く全てが純正であること)

  吸気ファンネルの加工は旧来より不可としていましたので、エアボックスからキャブレターに至る構造が完全ノーマルであることが必要です。
  同時にエアボックスの加工(穴あけなど)も不可となります。


(2)純正CDIユニット

  レーシングタイプの使用が不可となり、純正CDIユニットによるレブリミット上限が11,500rpmとなります。
   (パーツリストF-27中のパーツナンバー、2のみ対象)



添付のパーツリストをご参照の上、必要部品がありましたらお早めにご手配、または銀色バイクまでお申し付けください。
なお、来期レース前に合同テスト日日程を設けますのでセットアップにお役立てください。


九州・中国ST125運営委員会代表:ウエノR&D、銀色バイク


 

(無題)

 投稿者:♯77  投稿日:2016年10月 5日(水)21時26分13秒
返信・引用
  レポート4   記録より記憶のチームIKD Bチーム編集

Bチーム ♯77 T編集
技術解説 チームIKD リーダーI氏

「絶対定則、正確無比! 常時噛み合い式の運命歯車・・・・・シフトミス」

 -前日 土曜日-
エンジンオイルを交換してプラグも交換。
エブリー君に昼飯をおなかいっぱいご馳走したら、いざ熊本へ♪
そんな事をしていたら、すでにお昼を過ぎていました。

出発 「ぼろろろろぉぉぉぉぉ~ん  がちゃぁぁぁぁぁんん☆」

T 「・・・・・へ???」

T 「・・・・・イタタ。」

何が起こったかわからず車を降りると・・・・・後ろに軽四が刺さっとる。

T 「まあ、珍しい」

事故られちゃいました。
瞬間、なんか白っぽいものが見えた気が。
幸い、中の荷物もバイクも無事そう、車もなんとか自走できそう。
事故処理に小一時間ほどかかり、まだ出発もしてないのにすでに熱中症ぎみです。
沿道を歩くトコトコ散歩中の黒猫がかわいい。

熊本への道中、思案にふける自分。

T 「うーむ、まずった。 準備は2日前までに終わらせとけってリーダーにいつも言われてるんだった。」

自分家から下関ICまでは上でも下でも時間的にあまり変わらないので下で行くと昼を回ってたので渋滞。

T 「うーむ、まずった!」

なんとなく渋滞にのって流されてると、関門海峡の底で超徐行、インター乗り口過ぎてた。

T 「うーむ、まずった(怒)」

21時前に菊池の町に到着すると辺りはすでに暗く、被災・復興状況は確認できず。
後藤温泉でおばちゃん達に話を伺うと、「ご心配かけました、この辺はたいしたことなかったんですよ」だって。
晩飯に近くのマックでハンバーガーふたつ。
マックも普通に営業中でなんだかちょっとうれしい♪
ついでに隣のソフトバンクに入ろう♪ ソフトバンクも超輝いてるよ♪
中に入ろうとドアの前に立った瞬間、そのタイミングで店舗の電気がシャットダウン。

T 「・・・・・」

ポツンと暗がりに一人たたずむ。

T 「あー、いと寂し。」

-レース当日 日曜日-
6時半に起床、・・・・・もっかい寝よ。
と思ったら渡壁先輩からモーニングコール、しゃーない起きるか。
HSRまで早朝ドライブ、ほんとに震災の色は見えません♪
だけど、話には聞いていたけどHSRのピットが全撤去されてました。
なんだかちょっと寂しい気分でバイクのメンテ開始。
新品チェーンに交換して前々回のナチュラセットからHSRセットに変更。
タイヤの空気圧だけはナチュラで好感触だった F1.5 R1.5で。
そんな折りにちょっとした奇跡が起きました。
Fブレーキローターを2度ほど締め直すとまさか!!!

T 「んん? おや? あれれー、ローターの歪みが直ってるじゃんか?」

歪みが勝手に直ってました。歪んだときもこけても無いのに歪んでたんだけど。
うーん、サーキットでは不思議なことが起こるもんですね。
そんでもってフロントもリアも超まわる♪ こりゃー、ちょっともしかしてかもよ?
練習走行でチェーンの慣らしをかねて、いつもどおりエンジンをぶん回してみる。

T 「あらら、なんで? 回るけどパワーが出てない? それに切り返しがやたらと重い・・・」

程なく練習終了、予選開始。
浜辺さんに 「スタ前はもっと前のほうで並んどけ!」って活をいただいたので、気合を入れて一番前に。
さー、熱い時間がやってきた、とても暑い時間でした。
?狂気の2レース・2会場掛け持ち、上野さん待ちでライダーの皆さんオーバーヒート。(ドリームカップの進行が早まったせいらしい)
遅れちゃった、テヘッ♪ っと上野さん到着で予選スタートです。
空気圧は F1.75 R1.8に戻して走行開始。
切り返しは軽いしさっきよりは転がるんだけど、やっぱりなんだかパワー感が無い。
いいところ無く予選は終了、決勝までは3時間、気分転換にドライブ(昼飯買いに)行こ♪
ドライブ中に暗めのブラウンカラーのジャガーとすれ違い、車内の二人組みがいかにも悪そうだった。
なんだか藤原さんのジャガーに似てるけど色が違う。
遠目にグレーに見えていたジャガー、近づくにつれてブラウンに、通り過ぎるときにはグリーンだった・・・・・

・・・・・

グラサン姿の藤原さんと酒井さんだった・・・・・

・・・・・なんとなく気をつけようと思った。
昼飯と、なんとなく気がついたバックランプ・テールランプ切れの電球を買いHSRに戻る。
戻って昼飯タイム&しばしの談笑。
午前中はいつもどおりドタバタしてたのでほっと一息。

浜辺 「三味線弾いてんじゃねー!」
T 「いやいや、自分なんてこんなもんです(単独走行ではほんとにこんなもん)」
澤本 「ハハッ♪ なんかはみ出して土の上走りよったじゃん (笑)」
T 「あはははは♪ (怒)」
金原 「やめてよ、決勝でガーンと出てくるの」
T 「いやー、どうですかねー?」
I氏(電話) 「プップップップ、おかけになったお電話は電波の届かない所に・・・・・」
山中マネ 「もう準備はOK? 忘れもん無い?」
T 「あとはガス入れてチェーンを張り直すだけっす」
今日は、余裕を持ってレースに臨めそうです。
と思ってたら・・・

ニッコリ坂井 「みんなー♪ 20分巻きじゃからねー♪」

 一同 「うそー!!!」

澤本 「えっ! 今、何のレースしよー?」
山中マネ 「えーっと・・・・・、次のレース、125???」
T 「ひい・ふう・みい・・・、うん次っすね」

 一同 「ぎゃー!!!」

みんなあわてて準備開始、自分も急いで準備。
うちの子(バイク)も T も超スロースターターなので、準備運動だけ入念にして燃料タンクと自分に水をかけ準備完了、結局ドタバタだった。

サイティングララップ、ウォームアップラップともに水温を上げないように流して走行、水温はジャスト60度、やれることはやったのであとは頑張って走るだけ!
シグナル消灯 スタぁトぉぉぉ~♪

クラッチをつないで見ると・・・、おお~!!!
さっきまでが嘘のようにパワー感がある! なんで?と考える暇も無く1コーナーと金原さんが迫ってきた。
そして2コーナー。
T 「あら? 3位?」
そして3コーナーでかなり無茶な曲がり方をされた上野さんが4コーナーで失速。
T 「おお! 2位になっちゃった。」
軽くパニクってると、お師匠さんの声が聞こえたような。

雲の上のI氏 「うーしーろーを、ふーりーむーくーなー」

3週ぐらいは、ただひたすら全力で走ってました。
そしてまた、あの声が。

雲の上でI氏 「しーちゅーえーしょんをーくーみーたーてーてー れーすーをーはーこーぶーのーじゃー」

中盤は浜辺さんと上野さんを観察しながら自分の良いとこ、悪いとこを考えてどうやったら抜けるだろ?と考える。
自分にとってのホームコース、HSRなら何でも出来ちゃいそうな気がします。

しかし、真後ろから見た 浜辺、上野両先輩のバトルは壮絶絶句です。
直線でアウトいっぱいのラインを走る浜辺さんの後ろにぴたりとつける上野号。
半車線以下のアウト側の隙間にフロントをねじ込んで存在感をアピールすると、ひじで強引に割り込んでいく。
浜辺さんが1/4車線だけ車間を譲る、それでも1車線分は開いていないそのアウト側ラインに上野ドリルが唸りをあげて突き進む!
とにかくそこら中で当たりながらポジション争奪戦してるんだけど、とてもフェアでクリーンな印象だった。
まるで先読みしあう達人同士の演武みたい。
凄い、場数が違うなと思った、「あれ」は自分じゃあどう考えてもできないしどうにもできない、どうしようもない、「あれ」に自分が巻き込まれたら大変な事になるに違いない。
そして早い周回で前に出ても逃げ切るのは絶対に無理だと思い、いつもの「後半バトって2人が失速したとこをこっそりパワー任せに前に出て自分のライディングを解析される前にチェッカーまでたどりつく作戦!」を立案。
パッシングポイントは裏ストレートエンドと決めて、終盤に何度かその練習をしてみました。

T 「ふむふむ、おおー、やばいっすよリーダー、まじで行けるかもしれませぬ♪」

少なからず手ごたえがあったし、何よりうちの子絶好調で車体が転がってる、午前中が嘘みたい(古いガソリン抜くの忘れてた)。そして前の2人は白熱のバトルで自分の存在に気づいてない?

8週目にチャンス到来!

シケインから立ち上がって高速コーナー、上り坂でぎゅーん!と追いついた。

T 「ぎゅぎゅぎゅーん! おおー! 抜ーけたぁぁぁぁぁ!!!」

トップに立ったらもっと狂喜乱舞して自滅するかと自分でも思ってた。でも、意外と冷静でいられた。
自分なりにレースを組み立てて走れてたからでしょうか。

最終コーナーを回ってコントロールラインを1位で通過。

T 「フラッグ、フラッグをぉぉぉぉぉ」

と念じてみるも9週目では振ってもらえず。

T 「あー、やっぱりまだ1週あるんか(ガックシ)」

変にブロックラインを取っても自分の場合リズムを崩して自滅するだけなので、ひたすら一生懸命走る事に専念。

一生懸命に走って、最終コーナーを抜けて、タンクにベタ伏せで走ってると、つ、ついに念願のチェッカーフラッグが、夢にまで見・・・てないけどそれぐらいうれしいチェックの旗がはためいてた♪
だけど、なんだかよくわからなかったからしばらくはフル加速を続けてみる。

T 「勝った・・・・・よね?」

走行中、初めての後方確認。上野さんも浜辺さんもなんだか悔しがってる。・・・・・やたっ♪

レース後に初ウイニングラン。
上野さん、握手してくれた。
あれ、浜辺さんがいない・・・ 「げふぅっ!」 死角からどつかれた。
坂田さん(だったと思う)、握手をー♪ ・・・拒否られた。
さらにお立ち台でシャンパンファイト。
上野さんと浜辺さんに思いっきり甘ーいシャンパンをかけられる。
そして、はしゃいだおふたりのシャンパンが浜辺さんのツナギにかかり怒られた。

浜辺 「ツナギにかけるなーつったろーが!!!」
T 「すんません・・・ (うーむ、なーんかおかしいなー・・・)」

この日が誕生日のリーダにも報告の電話を。

T 「やりましたー♪ チームイケダの旗をあげましたー。これ、最高の誕生日プレゼントでしょ♪」
I氏 「気持ち悪る、家族かよ!」

参加されていた皆さん、その他の皆さんのおかげで優勝できました~♪
今回は、良い事も悪いことも、いろんなことがあって、とてもしんどい旅でした。
出来過ぎな偶然が少なからず重なってる気がするようなしないような。

そして、おまけのオチがもうひとつ。
帰りの道中、仮眠のつもりが3時間爆睡してしまい下関ICにたどりついたのが1時過ぎ。
深夜の下関をヨロヨロフラフラ運転していると、まあ当然のように彼らがやって来ますよね。

K 「運転手さん、サイレン鳴らしたけど聞こえんかったの!」
T 「うん、聞こえんかった」
K 「・・・・・」

ちなみに、何も悪いことはしてないので、程なく無事に釈放となりました。
 

レンタル掲示板
/49