teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ついに・・・

 投稿者:風人  投稿日:2018年 1月23日(火)16時26分1秒
返信・引用
  GSX-R125が発売か・・・

なんか良さそうですな。
 
 

2018の日程、、、

 投稿者:銀色  投稿日:2018年 1月11日(木)12時00分46秒
返信・引用
  各位今年もよろしくお願い申し上げます。

現在最終調整中です、今少しのお待ちをお願い致します。

新コースも期待?w

 

オファーが、、?

 投稿者:銀色  投稿日:2017年12月18日(月)17時43分25秒
返信・引用
  「九州・中国ST125」もようやくオフ。
移籍話もチラホラ?

FASEさんと契約更改という噂?のH辺選手、新チャンピオンK原選手、ST125界のドビジオーゾ?M長選手、、、に高額(たぶん)の契約金とともに
スズキからのオファーもあるかもです、かもです(笑)

新規参戦初年度はエンジン10機使用可能の特典を活かして一気に開発を進めたいところですね。

また復活?アプリリアRS4にも期待大(たぶん)。

今年のストーブリーグは熱いぜっっっ

<写真はイメージです>
 

番外編?

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2017年12月 7日(木)10時24分36秒
返信・引用
  岡山国際JP-250最終戦
2回の赤旗後、3周の決勝レース!
https://youtu.be/zi1FHSta_Ro
 

2017 最終戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2017年12月 7日(木)10時13分45秒
返信・引用
  先週末の岡山国際JP-250最終戦からの連戦。
ザキさんの仕事の都合がつかず、久し振りにザキさんの居ないレース・・、ちょっと心配。
今回のレースは、松技工さんのトランスポーターをお借りして、社長さん(松ちゃん)に運転してもらい、サーキット入り。
久し振りのST-125。
FP-1
気温、路面温度も低いので、慎重に走行。寒くて躰がガチガチ!43秒1。
FP-2
単独で走行し、タイムアタック!42秒0。
う~ん、仕様を少し変更し、オートバイは速くなってるはずなのに・・。
ヒコちゃんの転倒でビビってしまったか?('-'*)
FP-3
絶好調の#41号車について行くも、すぐに離されていき・・、こりゃ今回のレースは全く勝負にならないか?。
予選
タイヤを新品に交換し、コースイン!ガシャン!ヒコちゃんと全く同じ感じ?で、転倒!もう笑うしかない?なにやってんだか・・・。
ピットに帰って修理する時間がないので、左側のハンドルとクラッチレバーが曲り、シフトペダルの先が無い状態でとりあえず走行・・。
42秒0、何とか3番手のフロントロー。
オートバイを修理して・・・。
決勝レース
1周目位はトップで帰ってこようと、集中しスタート!
2番手#22号車が竿立ち状態になっているのを横目に、好スタート!とりあえずホールショット!(^-^*)
2周目まで#41号車をブロックするも、簡単にパスされて、どんどん離されていき単独走行・・・。
レース終盤、#22号車に突かれるも、何とか2番手を死守して終了・・・。
何とも冴えない、トホホ・・なレースでした。

金原選手、ポールtoウィン&年間チャンピオン、おめでとう!
さすが、チャンピオン!という走りでした!
来年は?苦手なカートコースを克服し、勝負出来るように頑張ります!
松技工&松村社長、松田君、寒い中オートバイに乗って手伝いに来てくれた加藤さん、家族で応援しに来てくれた坂田家の皆さん、ありがとうございました。
今年1年、STー125に関わってくださった皆様、ありがとうございました。

北古賀オーナー、来年も乗せてもらえるのなら、チャンピオン奪回目指して頑張ります!
 

最終戦ナチュラ

 投稿者:#22 森長  投稿日:2017年12月 4日(月)09時12分48秒
返信・引用
  今年最後のレース。

この時期にしては、まだまだ暖かいが、やっぱり寒い。

路面も冷えてるし、身体も冷えてるし、練習一本目は恐る恐る走るが、前後ともに激しく滑る。。。
あちこちで、転倒者続出。

人間のリミッターかかりました。。。

二本目も思わしくない。

リアタイヤを交換して、三本目。少しは、良くなったかなぁ?

予選は、金原さんの後ろについて行く作戦だったが、あまりのペースの違いに、凹む。。

予選結果、ぶっちぎりの金原さん以外の選手は、タイムが思わしくないみたいで、何とか二番手。

決勝は頑張ってスタート決めよう!!と意気込み、

決勝スタート。

スタートした瞬間、あれ空が見えるよ??
リアタイヤがスライドして棹立ち状態で斜めに走ってるよ!!
これはヤバイ。
取り敢えず、気合いでバイクを捩じ伏せ、着陸。
その瞬間、フロントが切れ込み転けたなぁ、、、と思っていたら、後ろから来る澤本さんと衝突(本当にごめんなさい)。
その衝撃で、バイクが立ち直り1コーナーへ。

1コーナーもフロントが切れ込み、また転けそうになるが、何とか立て直した。

先頭集団は、遥か先に見える。
浜辺さんが金原さんをブロックしている。そのすぐ後ろに城川さん。

何とか追いつこうとがんばるが、金原さんは浜辺さんを抜くと、独走状態に。

こりゃ、せめて表彰台にあがらなければ、嫁さんに何を言われるかと、、、必死に。。

城川さんに追いついたが、抜くのに少し手間取る。。

これで、何とか3位。

前を行く浜辺さんとの差が、徐々に縮みラストラップで後ろまで追いついたが、時既に遅し。

そのまま3位でフィニッシュ。。

スタートの棹立ち、城川さんへのプッシュ等、色々課題満載のレースでした。

今年のレースは、1勝出来たし、シリーズランキング3位と自分とては、上々の出来かと思うが、満足出来ない。

来年も精進して頑張りますので、皆様宜しくお願い致します!
 

2017 最終戦ナチュラ

 投稿者:#41 K原  投稿日:2017年12月 2日(土)19時19分55秒
返信・引用
  最終戦が、台風で中止になったので、今年は終わりだなと思っていたら、なんと有ということで、これはチャンピオン争いにも関わるので参加せねばと!

当日、やってきましたナチュラサーキット。
天気は曇りで、かなり寒い。。。

やっぱ寒いよねと思っていたので、リヤタイヤはロッソ2をチョイス。
新品は買えないので、ヤフオクで2000円でGETしておきました(安!(笑))。
フロントは前回苦い経験があるので、39SSの新品で挑みました!

練習走行から調子よく、すぐに41秒前半が出て、2本目か3本目には40秒前半まで出たので、自分で思うよりいいタイムが出てました。

予選は40秒5で、練習走行の方が若干良かったかも。。
しかしポールはとれました。

そして決勝。
苦手なスタートに集中し、クラッチミート!!
隣で森長さんが、棹立ち状態!!まじで!あまりの立ちっぷりに心配になり振り返りました(笑)
スタート後は浜辺さんの寄せにビビりながら1週目を終え、2週目でなんとか抜けそうなポイントでトップに!
その後は、途中右側バンクセンサーが縁石に引っ掛かり取れちゃいましたが、右は擦らないように気を付けて走りました(笑)
順調に走り切り、トップでチェッカー。
同時に年間チャンピオンも決定しました。

あ~、よかった!!
ST125を始めて5年目になりますが、やっとチャンピオンになれました。

関係者の皆さま、お手伝いいただいた皆様今年もお世話になりました。
来年もなんとか頑張ってみようかと思います!

http://yzf-r125.blogspot.jp/

 

R6 ナチュラ最終戦

 投稿者:#15 O壁  投稿日:2017年12月 1日(金)20時53分59秒
返信・引用
  8月以来のナチュラ・・・不安を感じつつサーキット入り。
なんと 1番乗り! やる気満々 というか早く着き過ぎ時間を持て余す。
そうこうしているうちに、みんな集まり出しチョット一安心。

練習走行開始!っていうか3本も!
体力持つかな? と不安を抱きつつコースイン。
さっきまでのほのぼのとした雰囲気とは打って変わってみんな結構全開!転倒者続出!
タイヤ新品だし、すっかりビビッてペース上がらず・・・
ようやく体も動き出し、ペースを上げよう って今度はエンジンが吹け上がらない!?
違和感を感じつつ1本目終了
2本目スタート! やっぱり吹かない 最初はこんなもんだったかな?と思っていたが、
やっぱり吹かない。しぶしぶピットイン。
症状を訴え坂井さんに見てもらうと燃料系と判明!ばらしてもらうとダイヤフラムパリパリ
こりゃダメと一蹴。
そんなこんなで3本目突入 見違えるような走り!坂井さんありがとうございます!
練習はあまり出来なかったが、予選に向けて少し上り調子で一安心。
練習不足かグリップ力がいつもより感じられず、コンスタントには走れたが、ベストには及ばず
無難に予選終了。

いよいよ決勝コースイン!っていうか自分でも何を勘違いしたか、グリッド前で全開!?
止まり切れず転倒!!
ハンドルは曲がり、意気消沈・・・
レーススタート! とりあえず目標は完走に変更
レースの内容はあまり覚えていません・・・
来シーズンは気をつけよう

っとなんだかんだでおかげさまで今シーズンチャレンジクラス シリーズチャンピオン獲得!
これって皆勤賞?と思いつつも、来年も獲れるようがんばります!

最終戦も無事に終わり、主催者、関係者の皆様ありがとうございました。




 

・・・寒かった((+_+))

 投稿者:石〇  投稿日:2017年12月 1日(金)20時01分0秒
返信・引用
  今回はura!選手のマシンをお借りしての参戦でしたが、、、
練習走行2本目からミッションの入りが悪くなり、3本目にはまともに走れず。。。
予選に向けて、チェーンの張りなど調整しましたが、予選でトドメをさしちゃいまして、、、
残念ながら、リタイヤとなりました。。。(ura!選手、ごめんなさい<(_ _)>)

事前テストでは、そこそこのタイムが出てただけに、、、
フツーに走れれば、イイとこまで行く予定だったんですが、、、なーんてね(わははは)
残念ですけど、楽しみは来年までとっときます^_^;

今年のうっぷんは来年晴らすことにしますので、、、
引き続きよろしくお願い致します(^O^)/

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

2017 R6 ナチュラ戦

 投稿者:#53 城川  投稿日:2017年11月30日(木)20時05分29秒
返信・引用
  私生活というか、仕事を充実させとかないとレースにも響く。
1か月半以上バイクに乗っていない。
ポッと出てベストを出せるほどの煌めくセンスのない僕としては微妙な間が開いてしまった。

前レースが終わったときはこの時期もっと走りこんでいるイメージだったのに、
前に行った練習さえ走り始めてすぐにバイクを壊したり、
セッティングに時間を割いても、結局いい結果が得られなかったりで
自分のMAXな状態を保つ訓練さえ出来ていない。

で、レース直前の水曜日までに仕事のゴタゴタを何とか片付け、木曜日にKKWに練習に行く。
体がカチコチで思い通りに動く感じがしない。タイヤの接地感が全然感じられない。
焦っていたのか、3本目のウォームアップ中に125CC初のハイサイドをやってしまった。
ヘルメットはご臨終。ミッションがうまく入らなくなった。
それでも次の日にバイクを直して、土曜日にナチュラへ練習に行くイメージだった。
リアタイヤだけはスーパーコルサから、スペアホイールに履かせていた逆履き仕様の練習用α-13spに替えたが、2日間、頭が重い、気分が悪い状態でバイクに触る元気もなく
そこで力尽きてしまった。
前日の夜は、今度のレースは出れないかなという感じだった。

日曜日9時に目が覚めると、体調は極めて良くなっていたがバイクは直していないし
やっぱり行かないモードだったが、PCを開いてメールを見ると、前日行かないかもメールを
送った坂井さんから、”皆で待つ”の一言が!
皆って誰だよ~と思いつつ、こういう言葉に弱い僕は出来るだけのことはやろうと
バイクを直し始める。
取あえず、タイヤ交換などは捨てて動く状態まで持っていき、
トランポにすべてを詰め込んで11時26分に坂井さんに電話。
何とか間に合いそうだったのでナチュラに向かった。

ゴタゴタと焦りながらも一本目のFPから参加出来たが、やっぱり体がカチコチ。
接地感は・・・・ないどころじゃない!
これは、タイヤを逆に入れ替えた時のビードクリームがベチャベチャ付いたままかなと思い、
ピットに入って田中さんに手伝ってもらいながらタイヤのお掃除。
ラップタイマーが不調でタイムは測れなかったが、FP 予選と少しづつマシになっているのは
感じるが、調子のいい感じまではいかない。
タイヤの接地感は徐々に感じれるようになってきたが
アクセルを開けるべきところで開けれていない。
車体もバンクできない。きちんと曲がれていないので、立ち上がりでアクセルを戻すことも多い。
いまいちライディングが楽しくない。
それでも予選結果を見たら、あらま41秒台が出てるじゃん!・・・てな事にはならなかった(>_<)

予選5番手。42秒後半。

決勝、ウィリースタートを決めた森長さんが澤本さんに特攻をかましてくれたおかげで、
自動的に3位で1コーナーを回る。
とにかくついて行こうと意識を集中する。クラッシュしようがなんだろうがついて行くぜ!
ってやっても結果はミスするばかり。
体が頭について行かない。
金原さんと浜辺さんが何やら派手にバトルをしている感じだが、それでも離されていく。
澤本さんがコースアウトしているのは見えた。森長さんはどうなっているだろうか。
と思っていたら何週目かに1コーナー前で抜かれる。
ウイークポイントである7~10コーナーをうまく曲がれていない。
前戦は少しましになっていたのだろう。
やはり森長さんについて行こうとするが徐々に離される。
全体的にも悪いがやはり最終コーナー前が特にネックになっている。
そのうちシフトミスで一気に差が開いた。
その後も差が広がるばかりだった。
他に追い抜いて行くライダーはいなかったので4位でゴールした。
ベストタイムは42秒台前半まで来たが、正直調子が悪くても、41秒台はほしかった。
前より1秒以上遅い。
まあ、乗れていないと感じられるだけマシか。

上位3名はほぼご自分のベスト付近のタイムで走れたようだ。
森長さんはおそらく9月30日以来、ほかの二人は前レース以来のナチュラといったとこか。
それで、ここまで合わせてこれるのがうらやましい。
まあ、今のところマネをしようとは思わない。

最終戦は今一でしたが価値ある一戦でした。やはり出てきて良かった。
来年はもっと充実させていい年にしたい。
2018年のR1で今年あまり顔を見なかった人も含めて、又一緒に遊べるのを楽しみにしています。

有難うございました。








 

最終戦代替戦のお知らせ

 投稿者:銀色  投稿日:2017年11月18日(土)06時06分21秒
返信・引用 編集済
  先月22日は台風で開催中止となりました「九州・中国ST125」最終戦の代替戦は11月26日(日)にナチュラサーキットで開催されます。

当日の午前はすでにカートレースが組まれているため、ST125は午後からの開催となります。
エントラント並びに関係者の皆様におかれましては昼前ころに現地に到着していただければ、
設営、準備も含め充分に間に合うと思います。
(カートのかたがたのジャマにならないようにお願い致します)



あたかも今期モトGPのように最終戦までもつれこんだマイスタークラスのチャンピオン争い。
現ランクトップの金原選手から、浜辺選手、森長選手まで、その差は11ポイント。

今回10台超えのエントラントも激戦、混乱を予想させます。
むろん何よりも安全でオモシロイ最終戦となることを願います。

ではみなさま、サーキットで。

 

ST125 写真の公開について

 投稿者:ST125事務局 北古賀  投稿日:2017年10月23日(月)19時32分37秒
返信・引用
  新井カメラマンが撮って下さった今期の写真を公開します。

必要な方は info@st125.com までご連絡ください。URL をお知らせします。

尚、ファイル容量の関係ですべての画像は圧縮しています。ハガキ程度の印刷なら大丈夫かとは思いますが、生データも管理していますので、大伸ばしなどで必要な方は、レース名とファイル名を info@st125.com  までご連絡ください。個別に対応いたします。

そろそろ年賀状の季節ですね。ぜひご活用ください。

http://st125.com

 

台風懸念により

 投稿者:銀色  投稿日:2017年10月21日(土)20時23分44秒
返信・引用
  ライダー、関係者各位

10月22日(日)最終戦は、天候を勘案し、コース管理者さまと協議のうえ「中止」決定となりました。
なお、代替戦は鋭意調整中ですので、今しばらくのお待ちをお願い致します。

確定次第、各方面への通知をさせていただきます。
 

最終戦ナチュララウンド

 投稿者:銀色  投稿日:2017年10月20日(金)15時32分20秒
返信・引用
  ライダー、関係者各位

今週末22日(日)は最終戦となります。
マイスタークラスはまれに見る激戦、モトGP同様年間チャンピオンの行方がかかった1戦となりそうです。

モテギの興奮冷めやらぬ今なら、我々もウェットで肘スリできるかも、、?(転ぶっちゃ)。
暫定を含めエントリー済のライダー各位、よろしくお願い申し上げます。

まあ8時ころまでに来られればスケジュール上問題ありません。
当日は天候の様子を見て進行予定です。

ワタクシ銀色バイク・坂井も久々に走らせて頂きます。
またワイルドカードさんも。

では当日現地にて~。

 

Re: もうちょっとだ・・・

 投稿者:#44・風人  投稿日:2017年10月 4日(水)22時07分42秒
返信・引用
  > No.1388[元記事へ]

匿名の特命さんへのお返事です。

> 先ずはご自分で道を切り開いて下さい

そのままお返ししておきますw
 

Re: もうちょっとだ・・・

 投稿者:匿名の特命  投稿日:2017年10月 3日(火)18時55分39秒
返信・引用
  風人さんへのお返事です。

> 「GSX-R125」
> これを待っている。
> 年内中には出て欲しい。
> もちろん山口県の某富豪ショップは導入してくるであろう・・・
> うちではCBR125Rが売れれば導入したい気もするが、まだまだCBRでやり残している事も沢山あり、導入は難しいと思われる。
> どなたかうちの近く(東広島周辺)で参戦するぞ!という方が現れないかな・・・
>
> 実際はCBRもGSX-Rもどっちもやってみたいのだw

先ずはご自分で道を切り開いて下さい
その後をゆるーり小判鮫のようにご一緒しまする(笑)
 

もうちょっとだ・・・

 投稿者:風人  投稿日:2017年10月 2日(月)17時34分16秒
返信・引用
  「GSX-R125」
これを待っている。
年内中には出て欲しい。
もちろん山口県の某富豪ショップは導入してくるであろう・・・
うちではCBR125Rが売れれば導入したい気もするが、まだまだCBRでやり残している事も沢山あり、導入は難しいと思われる。
どなたかうちの近く(東広島周辺)で参戦するぞ!という方が現れないかな・・・

実際はCBRもGSX-Rもどっちもやってみたいのだw
 

やっと会長も、、

 投稿者:銀色  投稿日:2017年10月 2日(月)14時25分57秒
返信・引用
  「九州・中国ST125」の盛り上がりでやっとスズキさんが動いてくれました(たぶん)。
これに応えなオトコがすたる、と即導入予定ですが、納期は未定のようです。
「参戦初年度はエンジン10機まで使用可」の特典を活かして頂きたいです(笑)。

あとは漢の中の漢、カワサキさん待ちですね。
出るぞ~ZX-125R。
 

コンマ1秒のエクスタシー

 投稿者:♯53 城川  投稿日:2017年10月 2日(月)10時41分56秒
返信・引用
  >銀色バイク様

モーターホームの扉を開けたら、光が差すと同時にクォーンとエキゾースト音が聞こえてきて、その瞬間に心がグッと掴まれてしまうアレですね?
確かに、映像的なカッコよさは完璧ですね。
アキオには何度見ても置いてけぼりを食らいますので、僕にとっては平忠彦な映画です。

バリーシーン・・・確かに僕もよく知らないんですよねぇ。
そうですか。らしくないんですね。

GSX-S125(35万4240円)  良いベース車が出てきましたね。
 

チームスズキ

 投稿者:銀色  投稿日:2017年 9月22日(金)05時03分37秒
返信・引用
  急募(来期ですが):ST125版チームスズキ

特典:参戦初年度はエンジン10機まで使用可能

 

二輪レース映画といえば、、、

 投稿者:銀色  投稿日:2017年 9月21日(木)22時21分26秒
返信・引用
  >#53 城川選手どの

いや~角川のコマーシャルフィルムのほうが出来が良いですよ。

これは「シーンらしさ」が伝わってこない。
バリー・シーンという題材を、彼を知らない世代が作ったっぽい?

やっぱこれでしょ。
https://www.youtube.com/watch?v=odA0owrQfKM
 

『SHEENE』

 投稿者:#53  投稿日:2017年 9月13日(水)19時43分2秒
返信・引用
  バリーシーンの映画のトレーラー映像がムチャかっこいい!

日本でやらないのかな?

https://www.youtube.com/watch?v=isb_UkeTs3g
 

今年も参戦しました!

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2017年 9月10日(日)23時07分19秒
返信・引用
  岡山国際MR3時間耐久レース!
いつものように?1年ぶりにレース前に1時間ほどの練習走行をして、レース前日サーキット入り。
私、澤本、坂田とも、ベストタイムを更新し、気をよくして前夜祭!(笑´∀`)
予選
まずは、第1ライダーの私が走行!ベストタイムを更新し、1分38秒2でトップタイム!暫定ポールポジション!
続いて第2ライダーの予選。
澤本ちゃんが頑張って走行するも、ベストタイムを更新出来ず・・・。
結果、総合で2番手!(^_^)
ピット作業の練習をして、決勝レースへ!
スタートを失敗するも、5番手あたりで周回・・・、50分過ぎぐらいに3番手争いの途中突然最終コーナー立ち上がりでガボガボ・・・!ソーッと周回しピットイン!
澤本ちゃんに交代!
予選の走りが嘘のように、ベストタイムを更新し周回。
総合2位まであがり、坂田選手に交代!
坂田選手もベストタイムを更新しながら走行!
ラスト40分、澤本ちゃんが走行・・・。
総合5位、クラスぶっちぎりの1位でチェッカー!
去年は、総合2位でクラス2位・・・。
今年は、オープンクラスのリタイヤがなかったので、総合順位は5位でしたが、満足?のクラス優勝でした!
チームスタッフの皆様、堂面先生、デスモの工場長、お世話になりました。

さあ、次はMFJカップ岡山国際JP-250!
 

(無題)

 投稿者:♯77  投稿日:2017年 9月 9日(土)21時24分8秒
返信・引用
  レポートα   記録より記憶のチームIKD Bチーム編集

Bチーム 今回は大人の事情により♯56 T編集
技術解説 チームIKD リーダーI氏

   「ディアブロ ロッソはタイの人」

 ♪チャンチャカチャンチャカ♪

ポチリッ! はい、もしもーし・・・

これがあの、惨劇の幕開けになろうとは、このときのTにはわかるはずも無かったのです。

ある日の晩、奇妙な電話がかかってきました。
先生 「あー、こほん、こんばんは、ごぶさたして、おります」
T 「ごぶさたでーす♪」

その声は抑揚無く淡々と、眠りにいざなわれて行く段階の脳の深淵部を心地よく揺さぶるのだった。
先生 「Tも出ればいいじゃん」
T 「出たくってもバイクが無いじゃないですかー」
先生 「どっか、あてはあるじゃろ」
T 「エントリーもしてないしー」

先生 「Tが出んと面白くないじゃろーが!!!」

悪魔のささやきは、いつも少しだけ情熱的です。
少しだけ感情のこもったこの言葉に騙され・・・、心が揺れました。

T 「えへへ。 わ、わかりました、じゃあ出る方向で考えてみます」
T 「風呂本さんも出るんでしょ、CBRですか?」

先生 「いーやー、俺は出んよー♪」

一変して、半笑いで軽やかな口調の「俺は出んよー」に旋律を覚えたことを今でも鮮明に憶えています。

急遽、友人を恐喝・・・じゃなかった、無理を言ってバイクを強奪して。
酒井さんに生命保険に入らされて。
恐怖のバラバラ殺人事件(バイク)を前に立ち尽くすT。

あっとゆう間に練習1本目は終了しました。
まだバラバラです。
2本目が始まるころようやく手と足を移植し、人造血液の輸血に成功。
あの赤い悪魔の心臓は再び鼓動をはじめます。
なにやら、不穏な予感が会場を包んでいくようです。
ふっふっふ♪

今回はチームIKD Aチームが応援に来ていただきました。
リーダー 「まーたばらばらにしちょらーね」
美人マネ 「・・・・・(バチン!)」
T 「ぐはっ!」

よしと!
気合も入ったところで予選行ってみよー・・・(中略 汗)
で、決勝が・・・(以下省略 怒)

リーダー 「・・・ま、まあ今日の調子じゃあしょうがない」
美人マネ 「・・・よ、よく頑張ったと思うよ」
いいところも無く、見せ場も無く、笑いも取れず・・・
優しさ、傷心には猛毒なんですね。
あー、胸の辺りがチクチクと。

みなさん、暖かく迎えていただきありがとうございました。
これからも御期待にこたえられるよう精進いたします、大げさな文章で・・・。
 

ありがとうございます(*- -)(*_ _)

 投稿者:♯53 城川  投稿日:2017年 8月27日(日)09時57分31秒
返信・引用
  良いプレッシャーに変えて、最終戦に挑みます(?`0´)?  

ナチュラベストレース?

 投稿者:銀色  投稿日:2017年 8月25日(金)21時33分51秒
返信・引用
  これはもはやモトGP、、、
8月20日(日)ナチュラサーキットさんで開催された
「九州・中国ST125」第5戦
      &
GSM(銀色セットアップミーティング)
      &
キズキレンタル819徳山駅前店・カフェ213杯レンタルカートレース
おかげさまで無事終了致しました。
当日受付のカートレース大会は想像を超えたエントリーをいただきましたが、ナチュラさんがどうにか対応してくださいました。
エントラント並びに関係者各位、誠にありがとうございました。

まずST125レース、予選ではトップから1000分の4秒に3名という超ハイレベル。
予選123すべてヤマハ車という流れはひとえに各ライダーの尽力の賜物です。敬意を表します。

決勝では今年特にミニコースで圧倒的な速さを誇るK原選手に成長著しいM長選手、そしてチャレンジクラスながらS川選手、常勝キングH辺選手が食らいつき、終盤の攻防はしかしあくまでフェアかつハイレベル、モトGP観てるみたいでしたよ(笑)。
レース経験者なら誰もが「ああ、この中に入ってゆきたい」と思わせる好レースでした。
どの世界でも成長を見せられるのはこの上ない喜びですね。
ワイルドカードのM本選手、イリモト社長もありがとうございました。



追補
#53・城川選手のレースレポート感動しました。
自力昇格、みんなで心待ちにしています。
 

ナチュラでアプリリアでの、、、

 投稿者:石〇  投稿日:2017年 8月25日(金)20時43分44秒
返信・引用
  15周の決勝レースがスタート!!

今回は前回KKWのようにエンジンがストールすることなく、隣のM本選手の前に出ることができましたが、、、
後ろのIr本選手がロケットスタート!!
ってコトで、予選と同じ8番手で1コーナーをクリア。

少しでも前を伺うべく、Ir本選手を追っかけます。
インフィールドでベッタリ張り付き、ホームストレートエンドで前に出たいのですが、、、
インに入りきれません。。。

もがきあげること8周目の1コーナー、、、

Ir本選手:『ブレーキの勢いで、ハンドルが前にずれちゃって・・・^_^;』

まっすぐ行っちゃったところをいただきまして、7番手浮上=^_^=
続いて、6番手を走るW壁選手をロックオン!!

そして10周目の4コーナー、、、
半ば強引にインを突き、6番手浮上!(^^)!

前を行くティなか選手は遥か彼方だったんで、、、
自己ベスト目指し走りますが、、、

ほどなく青旗を提示され、、、
ホームストレートでマシンをインに寄せ、、、
K原選手・M長選手・・・とW壁選手を先行。。。(*_*;

次の週の5コーナー、、、

H辺監督・S川選手・・・とM本選手を先行。。。(@_@;)

・・・ってことで、サクッと8番手へ逆戻り。。。
残り周回数も少なく、結局8位でのフィニッシュとなりました。。。

久々に違うマシンで攻め込むことで、自分の乗り方についても見直すことができました。
D面先生、大切なマシンを貸していただき、ありがとうございましたm(__)m

そしてこの日参加された皆さん、大変お世話になりました&ありがとうございました(*^^)v

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

Rd-5 ナチュラ戦

 投稿者:#41 K原  投稿日:2017年 8月24日(木)20時06分34秒
返信・引用
  いつもながらレポート遅い金原です^^;すんまそん。

準備も遅く、前日にバタバタとしていたら燃料ポンプも壊れていて超焦りました。
直ってよかった。

そしてレース当日。
タイヤの不安があったんですが、まあ走ってみよかと思い、1本目のFPを走ってみる。
ありゃ、かなり跳ねるんですけど。。。(超焦り)
セットを変えてFP2を走る。全然だめだ、余計ひどくなった~(ー_ー)!!
少し戻して予選を走るが、納得できない走りで結果が気になったが、何とかポール。
しかし、2位と3位との差まで0.004秒(すごい僅差だ(+_+))

決勝はスタート頑張らないと前には出れないと思い、苦手なスタートに集中!!
珍しくスタート成功し、ホールショット~^^V
抜かれまいと必死こいて走りましたが、何周かすると、何度かフロントからコケそうになる。
やばい!守りに入ってペースが落ちているのが自分でも分かる。
後ろから排気音が聞こえるので、すぐ後ろに誰かがいるのは分かった。
1コーナー突込みでインに入られそうになる。森長さんだ~。やべー!!
早くレース終わらないかなと残り周回数を気にしながら14週目の4コーナー立上りでちょいとダートに出てしもうた(-_-)/~~~
またやばい~、案の定次のコーナーまでに前に出られた~。
※S井さん、FBより写真拝借しました。
残りあと1週で何とか抜き返したいと走ったが、届かずチェッカー。2位でした。

森長さんラストラップ速かったよ~、そりゃベストラップで走るんだから追いつきませんでした^^;

あと、決勝周回数を15周に変更じゃなければ。。。F呂本さ~ん(ToT)/~~~

そしてこの悔しさをカートレースにぶつけてみましたが、残念ながら2位に。
しかし、トップチェッカーのS井さんがジャンプスタートということで、棚ボタですが1位いただきました。


天気もよく、楽しいレースでした。
皆様次回も宜しくお願いします。
 

2017 R5 ナチュラ戦

 投稿者::♯53 城川  投稿日:2017年 8月23日(水)18時17分59秒
返信・引用
  過去、今回ほど悔しくも楽しいレースは無かった。
レースが終わった後、何度タラレバをリフレインしたことか。
だけど、何度自分に都合の良い状況に置き換えても、何度違う選択肢を選んだとしても
結果は変わらなかった気がする。
上位3人に対して僕は何かが足りない。

今回、かなり近視眼的な集中の仕方をしていたので細かいことを覚えていないというか、
認識すらしていないと思うので、森長さんと浜辺さんのレポートをカンニングしつつ、書いてみたいと思います。事実と異なるところがあれば申し訳ありません。

フリープラクティス・予選と速かったと言ってくれる人達もいたが、今回ラップタイムを計っていなかったので自分ではピンと来ていなかった。
調子は悪くないような気はしたが、自分の感覚は当てにならない。
予選は井内さんにアドバイスを受けつつアタック。
金原さんに大体付いていけたが、金原さんはフロントに問題を抱えているようだった。

結果3番手。嬉しかったが、千分の一秒単位の争いだったことを知ると後コンマ何秒か位何とかならなかったのかと思ってしまう。
皆は終盤にタイムをだしているが自分は3周目。ここも自分が何か足りないと思う所以だ。

決勝。
スタートに苦手意識を持っているが、森長さんと併走状態で1コーナー近くまでいけたので悪くは無かったようだ。浜辺さんにインから刺されそうになったが、3位は何とか死守。
ほとんど抜かれたと思ったほどだった。
森長さんも同じようなことを書いていたが、浜辺さんどんなマジックな動きをしたのか?

その後、10~12周は森長さんに付いていけた様だ。
トップの金原さんは序盤少しづつ離れていき独走態勢に入るかと思われたが、また近づいてきた。
僕はその間森長さんをパッシングしようと色々ラインを変えながら走ったがうまくいかず
併走状態に持ち込むことも出来なかった。
後ろの浜辺さんのことは全然意識していなかった。前のことに夢中だったからだ。
だけど意識するべきだった。
その後、ミスして少し後れることもあったが追いつくことも出来たのでまだまだ勝負は出来そうだ。・・・と思ったのもつかの間、運命の周回遅れのライダーさんが現れる。
場所は1~2コーナーの間。
金原さんはインから、森長さんはアウトからスムーズに抜いて行った・・・・様に見えたが
実際には色々あったようだ。
僕は森長さんをパスするチャンスが生まれるかもしれないと思いイン側の金原さんについて行ったが、金原さんが通過した後周回遅れのライダーさんがインに寄ってきたので金原さんとの間に入られてしまった。2コーナーが近づいてきたからか、アウトの森長さんを意識してか。
2コーナー後で何とかリカバリーしてやろうと思った瞬間、アウトから浜辺さんに抜かれてしまう!!!
そうだ!浜辺さんがいた!ここは森長さんに付いていくべきだったか?森長さんに付いていってたら結果が変わっていたかどうかはわからないが・・・。
そういえば、去年の雨のレースの全く同じ場所でこれの逆パターンがあったっけ。
ぼくが周回遅れになりそうな時、変に気を回して走行ラインを譲るつもりでインによったらそれが余計な事だった様で、浜辺さんがバイクをぶつけながらインにねじこんできたことがあった。
あるいは、それくらいの気合は必要だったか?

今度は浜辺さんに必死に喰らいつき猛チャージ。
森長さんの時と同様に付いていけている。必死にパッシングポイントを探すが、浜辺さんの場合井内さんにご教授頂いた内のなかの一つしかない。
1コーナー手前で並ぶのは無理そう。最終コーナーも速いし、1コーナーのブレーキングもすごい。
で4コーナーで仕掛けてみた。
抜けた!!!
浜辺さんがどこかでミスをしたか、しなかったかはわからない。
だけど、僕にとってはレースを始めて以来最高のパッシングだった。
この後なぜか又、浜辺さんが意識から遠のく。
なので1コーナーのインで再び刺されたときは不意を衝かれてあれっ?て感じだった。
この間のことは記憶がほとんど無いが、金原さん森長さんとは距離が出来たし早くレースが終わってくれとでも思っていたか?
森長さんが終盤金原さんを抜いた後、もう抜き返されまいと必死で走ってすばらしいタイムを
出したのとは対照的だ。
その後再び猛アタックを開始するが、すぐにチェッカーフラッグが来てしまった。
う~~~~~ん。せめて3位で終えられたら、気持ちよく帰れたかな。
浜辺さんのハードブレーキングのすばらしさを知っていたはずなのにな。

負けて悔しかったが、ST125をはじめて以来思い描いていた、やりたかったレースを初めてやれたレースだったとも思う。
最終戦のトップ争いはもっと厳しくなることが予想されるが、まずは又付いて行けることを目標としたい。

皆様、お楽しみさまでした。又、遊んでください。よろしくお願いいたします。









 

Rd-5 ナチュラ戦

 投稿者:H辺選手?  投稿日:2017年 8月22日(火)19時58分9秒
返信・引用
  ザキさんと、少し遅れてサーキットへ !
フリー走行1
なんとか間に合い、セッティングを変更して走行するが、いまいち?な感じで終了。43秒台…トホホ(ToT)
フリー走行2
ザキさんにセッティングを変更してもらい、KKWで表彰台を独占したヤマハ車軍団と走行!
セッティングが決まり、40秒2が出て終了!
予選
余裕をぶっこいていたら、仕度に手間取り慌ててコースイン!
何か、とっちらかった感じでまともに走行出来ず、終了間際に落ち着いて走行し、40秒8で終了!!!( ; ロ)゚ ゚何をやってんだか?
結果は4番手、上位3台はヤマハ車軍団でほぼ同タイム!参りました( ノД`)…
決勝
スタートを決めて、なんとかヤマハ車軍団に割って入ろうとするも、皆スタートバッチリ!
1コーナーで城川選手と並走するも、気迫に負けて4番手のまま周回(/_;)/~~~
トップの金原選手が逃げて行くと思ってたら、4台1列に並んで周回。
10周目位に、周回遅れが出てきたので、周回遅れを利用して城川選手をパスするも、すぐに抜き返されてしまう!
トップと少しずつ離れてしまい、城川選手と3番手争いに!
最終ラップの1コーナーで城川選手をパス!なんとか3位で終了し、ヤマハ車軍団に割って入れました!(^-^;
ヤマハ車軍団速し!なんとかしないと( ;゚皿゚)ノシ
周回遅れが出てくるまでの周回は、とても楽しかったです!(^_^)v
今回のレースはイベントもあり、観戦者が多くて良かったですね!
ナチュラな皆様、お疲れ様&お世話になりました。m(_ _;m)三(m;_ _)m
 

レンタル掲示板
/49