teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ナチュラ最終戦

 投稿者:井元  投稿日:2018年11月13日(火)08時08分23秒
返信・引用
  投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。
今回は今年2回目の参戦、練習走行ではナチュラで初めてのウェット路面での走行でした。
練習走行、予選では無理をせず感覚を掴む事に集中。
決勝では路面が大分乾いてきていたので中盤以降から思いっきり走る事が出来ました。
マシンの調子も良かったのでとても楽しく走る事が出来ました。
夢中で走っているとあっという間にレース終了。
走っているときは全く気付いていませんでしたが、自分がチャレンジクラス1位でビックリ!
初めて表彰台の真中に立つ事が出来ました。
関係者、参戦者、観戦者の皆様、本当にありがとうございました。
来年はもっとレースに出れるよう頑張りたいと思います。
 
 

あぁ、記憶があやふやになってきた・・・

 投稿者:#44・風人  投稿日:2018年10月31日(水)17時05分22秒
返信・引用
  さて、またしても1本の電話から始まる。
「怪我してレース出ないんで日曜のレース、代わりに出てよ」
某S井氏からの通達である。
今回はGSX-R125を貸して頂けるらしく、私もこの車両には興味があったので何とか日程調整をして出てみる事にしました。

現地で車両を確認する。
うん、カッコイイw
ポジションに若干違和感を感じるがそこまでの問題でもないみたい。
ただ、1回走った後にリアシートを外しました。
初回走行は路面状況が少し悪かった為、車両に慣れる事を重点にしたのだが少し違和感を感じる・・・

2回目の練習走行、徐々にペースアップをするもやはり違和感を感じる。
「はて、なんかリアの動きが変な気がする」

予選で随分路面が良くなってきたので周りはちゃんとペースアップしてくるも私はまだこの車両が判らない。
フロントサス周りはまあまあこんなもんかな?
フロントブレーキは・・・初期タッチからのコントロールが難しい。
エンジンは・・・普通に回るし遅くはないぞ。
スプロケットは全く合っていないのだがスペアパーツは無いらしいので変更出来ず。
やはり一番気になるのはリア周りの動き方・・・
リアになんか安心感が無い。
なので安心してアクセルが開けられない。

聞いてみるとリアサスのリンクロッドを交換しているとの事。
「コレなのか?」
他の部位に調整出来る場所もないので仕方なくこのまま決勝を走る事にする。

決勝よーいドン!
スタートは悪くなかった気がしたのだが周りはもっと良かったみたいでガンガン抜かれた。
本日急遽参戦の#14・久野選手の後ろに付いて様子を見る。
いつもはNSF100に乗ってるらしいのだが17インチのCBRにもちゃんと乗っている。
てか、気を抜くと置いていかれる。
すぐに後方スタートだった#53・城川選手が私と久野選手を簡単に抜いていく。
まあ、ここではちゃんとタイムが出ている選手なので普通に走れば当たり前だ。
久野選手がこれについていこうとするのが判る。
私も行きたいのだがやはりリア周りの違和感が拭えず大事な所でアクセルが開けられない。
徐々に離されてきたところで久野選手が結構な勢いで転倒!
#14号も某銀色店の貸出車両である。
これを目の前で見てしまった私の脳裏に
「某銀色店号を2台もコカす訳にはいかない」
という考えが浮かんできてしまった。
ここからはテスト走行に切り替えて少しでも今の状況で出来る走り方を考える事にする。

想定したタイムも出せず、ストレスの溜まるレースになってしまった。

これをデータとして持ち帰り、いつか自分のGSX-R125のレーサーとして走らせてみたいですね。
関係者の皆様、観戦者の皆様、来年もよろしくお願いしますw
 

Re: ナチュラ最終戦

 投稿者:#53城川  投稿日:2018年10月18日(木)13時18分41秒
返信・引用
  > No.1483[元記事へ]

#21 山下さんへのお返事です。

1年目で十分過ぎるほど速いですよ・・・。
結構、ビビッてます(゚Д゚ノ)ノ
 

ナチュラ最終戦

 投稿者:#21 山下  投稿日:2018年10月17日(水)20時46分26秒
返信・引用
  今回は早々に仕事の予定が入り、行けないなと思っていたのですが、
前日土曜日に猛プッシュをかけ、なんとか終わる目途がついたので、その日の夕方に
レイトエントリー。急なお願いをして申し訳ありませんでした(笑)

FP 予選
微妙なウェットの路面。
自分の感覚を頼りに走るのは無謀と思ったので、ひたすら人の後ろに付いていく。

決勝
スタートは可もなく不可もなくといったところでしたが、久野選手が好スタートで
するすると抜けていったのに乗じて森長選手をパス。その後、失速した久野選手もパス。
これは初の総合表彰台いけるかと思った矢先、4コーナーで森長選手に抜き返される。
ここで意地になってしまったのが運の尽き。
次の5コーナーで転倒。。。
なんとか再スタートを切ったもののフロントブレーキに違和感。。。
終わってから気づいたのですが、マスターのバンジョーが緩んでフルードが漏れ出して
いました。
無事完走できたのが幸いでした。

今年初参戦でしたが、城川選手が途中でマイスターに昇格したこともあり、
棚からぼた餅ですが年間優勝できて良かったです。

ライダー的にもマシン的にも改善の余地がまだまだあるので来年はマイスターに昇格を
目指したいと思います。

今年1年色々とお世話になりました。
これからもよろしくお願い致します。
 

ナチュラ

 投稿者:#22 森長  投稿日:2018年10月15日(月)17時20分43秒
返信・引用
  最終戦ナチュラ

前戦ナチュラからバイクを一度も車から降ろす事もなく、再びのナチュラ。

前回転倒して応急措置の箇所を確認して、とりあえずOK?と判断。

天気予報は晴れのはずが、流石のナチュラフエザー。

フルウェットでやる気ゼロ。
予選は、ウェットパッチが残る状況でビビりが入り、3番手。

決勝スタート!

安定のスタートミスで一気に5番手まで後退。

このままでは、嫁に怒やされるので、スイッチ入れて2コーナーで、ヒサノ選手をパスし、4コーナーで山下選手をパス。

だがそうこうしてる間に、前方の浜辺選手、石丸選手からはかなり距離がひろがり、追いつこうにもパッチが気になって、差が縮らまない。

バックマーカーが出だしたあたりから、石丸選手に一気に追い付き、ベタ付けで走り、最終コーナーでバックマーカーをはさみ、インからパスして何とか2番手。

前方の浜辺選手からはカナリ離れてしまい、見るからに余裕ぶっこいて流して走ってるのが分かる。

そのままゴール。
2位まで上がったが、なんとも情けないレースでした。

ともあれ、今年一年皆様ありがとうございました。
 

ナチュラ最終戦

 投稿者:sajika  投稿日:2018年10月14日(日)22時29分17秒
返信・引用
  今回で2回目の参戦となりましたが初めてのウェット・・レース経験の無い私にはどうしたら良いのか判らないまま、とりあえず空気圧だけ下げ練習走行1周目4コーナーで見事に転倒!幸いダメージは少なくすぐさまピットに戻り応急措置をして再びコースインまたしても1周目7コーナーで再び転倒?
その後天候は回復するものの所々残るウェットパッチにビビりまくりのまま決勝へ
スタートはワンテンポ遅れたがまずまずでしたが転倒の恐怖から全く攻めきれズルズルと順位を下げながらなんとか完走。
今回初めてのチャレンジクラスの表彰台に上がることができました。なんと初めてのレース表彰台?上がることができました??
今回マシン修復の際には色々な方々にお手伝い頂きありがとうございました。
また来シーズンはフル参戦目指してがんばります!
 

2018 最終戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2018年10月13日(土)00時22分53秒
返信・引用
  FP2 から走行開始!
ウエットパッチの残る路面での走行!
路面状況の確認をして終了・・・。

予選
何ヶ所かウエットパッチが残る路面状況の中、P.P目指して走行。
結果ポールポジション!

決勝
2~3ヶ所、ウエットパッチの路面状況だったが、ドライのセッティングに変更してコースイン!
スタートが決まりホールショット!
ウエットパッチの残るコーナーを慎重に走行し、後は全開!
15周を走りきり、2位以下を4~5秒引き離して優勝!
金原選手が参戦していなかったのが残念です。
チャンピオン奪回!
九州中国ST-125、5回目のチャンピオン?
関係者の皆さん、今年もお世話になりました。
まだまだ伸び代が有りそうなので、来年も頑張ろうと思います。(笑´∀`)
 

今期最終戦ナチュラ、ありがとうございました。

 投稿者:銀色  投稿日:2018年10月12日(金)06時11分46秒
返信・引用
  台風一過でピーカン、とはゆかなかったものの、ウェットあり、ドライありの、趣(おもむき)あるレースでした。
2&4も大人の雰囲気で気分良かったですね。
すべてエントラントはじめ、サポートのかたがたのおかげです。

今回ワタシは事情で完全な運営側でしたので、全ライダーさんを今までにない目線で観察できました(笑)。
つくづくライディングはヒト、もっと言えば個性だなあ、と思いました。
個性とマシンセッティングがズレていれば楽しくもないし速くは走れない、そしてコケる。
サーキットであれ公道であってもそれは同じ。
いや~~ベンキョウになったなあ(笑)。

カフェ213さんのツーリングの皆様もナチュラサーキットにお立ち寄りくださり、とてもにぎやかに楽しかったです。
また色んなシチュエーションで遊びましょうね(笑)。
楽しく安全に。

<写真は石丸選手よりいただきました、ありがとうございました>
 

最終戦!!

 投稿者:石〇  投稿日:2018年10月10日(水)21時30分56秒
返信・引用
  15周の決勝レースがスタート!!

スタートはソコソコ決まり、ポールのH辺監督に続いて2番手で1コーナーをクリア。
路面も一部濡れているところもあり、足元をすくわれないように慎重に、でも出来る限りプッシュしますが、H辺監督からジワジワと離されていきます。

それでも一定の間をおいて付いて行きますが、ほどなく周回遅れの方々が、、、

なるべくロスなく抜いて行きたいところですが、10周目(・・・くらい)のピット前、、、
周回遅れの方方をパスするのに少し躊躇してしまい、そのスキを突かれ、M長選手にパスされ3番手へ後退。。。

残り周回数もあとわずか、、、
前には行きたいものの、気持ちだけで速さは伴わず、そのまま3位でのフィニッシュとなりました。。。(*_*;

今シーズンも皆さんにお世話になりまして、ありがとうございました!!
来シーズンは何やるか決めてませんが、またいろいろよろしくお願いします<(_ _)>

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

2018 Rd-7 ナチュラ戦

 投稿者:#53城川  投稿日:2018年10月 8日(月)14時37分48秒
返信・引用 編集済
  ドライだと疑わずに新品タイヤをはかせて、スペアなしでサーキットに来たが路面はウェット。
ワイヤーブラシでナンチャッテ皮むきして、FP1を挑む。
前回のHSRで初めてウェットでの好感触をつかんだが、カートコースではどうか?
FP1、微妙に感触が良くないが、それでもはじめっからガンガンプッシュしていったら3週目(位)の5コーナーで(おそらく)フロントからスリップダウン。

ブレーキレバーが折れ、フルードが漏れ気味だが、田中さん、井元選手、森長選手にヘルプしてもらいFP2に挑む。
(・・・以下、濡れた路面に対する警戒感からか自分の記憶違いか、
レポート1番乗りの久野選手と路面状況の理解は違うと思います・・・。)
路面は少し乾き始めていたがまだまだ濡れている部分の多いコースでのトライ。
前半は少し控えめに走ったが、後半は攻めて走る。
濡れている部分が多い中、自分の中で攻めてる感が持てるのはいい傾向。
FP2でのファステストが取れた模様。

予選、さらに乾いてきたが所々濡れてる所が残っている。
単独で走るつもりだったが、前にたまたま浜辺選手と石丸選手が。
せっかくだから付いていこうとしたが、ペースが速い速い。
浜辺選手はかなり離れていったが、真ん前の石丸選手に付いていこうとしたら又5コーナーで
今度はリアからスリップダウン。
1週も計測できずにデビュー戦以来の最後尾スタートとなってしまった。
レバーは無事だったがハンドルが大きく曲がってしまった。

ステンレスパイプで応急修理して昼休み後の決勝。
浜辺選手にウェットでのセッティングを軽く教えてもらっていたが、だいぶ乾いてきたので
タイヤの空気圧だけはドライ仕様に。

スタートはなぜか一瞬電光掲示版を見失ったので周りのバイクに合わせてスタートしたが、
周りも良くなかったのか1コーナーで2台くらい抜いたと思う。
その後は良く覚えていないが森長選手が数台先にいるのが見えた。彼もスタートを失敗したのか。
路面はほぼドライになったが、所々濡れている所もある。これが曲者だった。
なんか攻めきれない。
特に5コーナー侵入部分の左右に横断しているウェット面が痛い。
トップがどのくらいで走っているのかわからなかったが、森長選手が見えなくなったのであまり
自分がいい状況で走っているのではないのはわかった。
後半クリアラップが少しでてきたのでいいタイムを出したかったがミスを連発。
苦手な7~10コーナーは完全ドライだったので克服しておきたかったがうまくいかない。
一度は10コーナー立ち上がりでフロントがグラベルに載ってしまったがリアのトラクションが活きていたので何とかバイクが前に進んでくれた。
ここを克服しないとトップ争いなんて夢のまた夢だ。
結果トータルタイムでもベストタイムでも上位3人に離されてしまった。

予選無転倒、完全ドライだったとしても上位2二人はベスト40秒台以上。石丸選手が41秒台前半以上、と勝手に推測すると結局順位は変わらない感じ。

今までのレースのなかで一番不甲斐ないこととなってしまい、帰りの車の中で今日の事を悶々と反芻していたらあっという間に家に帰りついてしまった。

これもいい経験だったと来年言えるように一からトライしていきます。
まだまだ、やれることはあるでしょう。

2回クラッシュして、皆さんに助けて頂きました。修理を手伝ってくれた・・・というより主にやってくれた田中さんと井元選手(すげーコンビネーションだった)、レバーを持ってきてくれた森長選手(でも、速くなりすぎ)、ハンドルバーを持ってきていただき、カウル修繕、カメラのセッティングをしていただいた北古賀さん(撮るの忘れましたo(゚◇゚o)。あらためてすみません。)、不調の前タイヤブレーキ周りを見ていただいた坂井さん(もっと、セッティングの話ができるようになれば・・・)と石丸選手(せっかく0.3秒くらい速くなったのに絡めなくてスミマセン)、貴重なアドバイス頂いた風呂本選手(いつも、いつもありがとうございます)と浜辺選手(次は絡めるよう精進します)、有難うございました。
来年、金原選手の復帰をお待ち申し上げております。


本年度はみなさんに本当にお世話になりました。有難うございます。

http://

 

最終戦ナチュラ ワイルドカード参戦

 投稿者:#14 ヒサノ選手  投稿日:2018年10月 7日(日)23時58分31秒
返信・引用 編集済
  先日、名誉の負傷を負った?坂井御大のサポートをするべくナチュラに向かったがひょんなことからレースに参加する事になった。
(FP1)
経験ゼロのフルウェット路面に初めて乗るCBR125で転けずにバイクを理解することに専念。ズルズルに滑る路面に全くスロットルを開ける事が出来ないが他選手とのタイム差は思ったほどなく感覚は間違っていないことを認識できた。
(FP2)
かなり乾いてきたが所々ウェットパッチの残る路面に恐る恐るプッシュしてみる。ギアの選択が難しく色々試してみるが正解は見当たらない。シフトダウンするといとも簡単にブレイクするリアタイヤ、いつもの12インチよりも振れが大きくて怖いけど慣れてくると楽しい。フロントは自分のイメージよりインに切れ込んで行くため、浜辺選手のアドバイスを参考にセッティングを変更する。
(QP)
天気も回復し路面は完全ドライに。最初は限界付近の挙動を確認してから全開にしてみる作戦にした。Fブレーキの効きはイマイチ。扱いやすいが制動距離は長い。リアタイヤはあいかわらずブレイクするが路面の回復と丁寧なクラッチ操作でなんとかなりそう。前を走る風呂本選手も初のGSXに苦労しているようでペースはこっちの方が速そうだが抜くには至らず。後ろから来た浜辺選手に早めに譲り、付いて行ってタイムアップを図る姑息な作戦に変更。だがあっという間にぶっちぎられてしまう。必死こいて追いかけたのでベスト更新でき、なんと5番手獲得。これは嬉しい。
(RACE)
昼の間に降った雨もなんとか乾いた。マーシャルの皆さんありがとう。ダミーグリッドから出るときにスタート練習してみる。8~9000rpmからクラッチぽん、で無難なスタートは出来そう。スターティンググリッドについてレッド消灯に集中する。自分でも驚く完璧なスタートだった。山下選手とスタートミスしたらしい森長選手を交わし3番手へ。しかしタイトすぎたラインとシフト選択ミスで失速し、すぐに刺し返される。その後山下選手が目の前で転倒。怖かったが4位。城川選手に抜かれて5位。後ろには風呂本選手が迫っていたが、付かず離れずという感じがしたので欲を出してペースアップを試みる。8周目の9コーナー、少し外したラインを修正するため一旦パーシャルから再び開けて行くと一瞬でフロントグリップを失い電光掲示板に向かって滑走した。マルケスの様な綺麗なスライディングとダッシュでマシンに駆け寄るも、曲がったハンドルと失ったステップ・ペダルを2秒で確認しリタイア判断した。我ながら素早く落ち着いた判断が出来たと自負しております。ですが、んー残念です。

最後に、バイクを貸していただいた銀色バイク様ありがとうございました。
 

10月7日・今期最終戦です

 投稿者:銀色  投稿日:2018年10月 5日(金)06時26分15秒
返信・引用
  各位 最終戦へのエントリーまことにありがとうございます。
今回は2&4ということで、いつもと勝手が違う部分もあるかと思いますが、
それぞれにスムーズな進行を心がけますのでご安心ください(たぶん)。
2輪の使用ピットはコースに向かって右側のいつもの感じです。

およそのタイム進行は次のとおりです。
・7:30 ゲートオープン
・10:30~ FP1(8分)
・カート走行
・ST125  FP2(8分)
・カート走行
・ST125 QP(8分)
昼休み
・カート走行
・14:00~ ST125決勝(12周?)
・ST125章典、年間表彰
・15:00ころ~ レンタルカート大会(腕自慢のかたどうぞ)

予定ではこういう流れになっています。
よろしくお願い申し上げます。

<写真はイメージです>
しかし世の中125ウォーズの様相を呈してきました。
ホンダさん、2バルブの段じゃないですよ。
ドゥカティさんも単気筒でいいのでデスモドロモック125お願いします。
 

2018 Rd-6 HSR戦

 投稿者:#53シロカワ  投稿日:2018年 9月15日(土)15時03分13秒
返信・引用
  雨は嫌いだった。いや、はっきり言って大嫌いだ。

HSRは苦手意識が強いので、次のレースでは順位は兎も角、ソコソコのタイムは出したいなと気合を入れていたが、一週間前からの天気予報で既に芳しくない。
まあ、1週間たてばわからないさ、と思っていたが当日に近づくほど降水確率が高くなっていく。
こりゃ、次はツーリングだなと何時もの様に結果が悪かった時の言い訳を考え始めている
ヘタレモード全開の有様。
WET+HSR、今回はいい結果につながる要素が無い!
という事で、最初のプラクティスはちょっとお気楽に挑んだ。

浜辺選手を先頭に数珠つなぎで走り始めたが、様子見モード全開で後続も抜かしていこうという
感じでもない。
今回シケインが無いのに、シケイン前で3回もブレーキングしてしまった。
自分の学習能力では3回のミスが必要らしい。
その内、浜辺選手がピットイン。
少しペースは上がっって、僕は結構一杯一杯になってきたが、みんなはまだ様子見程度だったかもしれない。
とにかく、WETでの走り方をいろいろ試してみる。
最後のほう、金原選手などをパスして、今日は調子いいかも!と一瞬思ったが
ただ単にプラクティスが終わったのを気づいていないだけだった_| ̄|○

予選・・・
走り始め、少し前にでた石丸選手のマシンが段々小さくなっていくような気がする。
その内、少し後に出たはずの金原選手がパスしていった。
これをチャンスとばかりに後追いさせてもらう。
ちょっときついがソコソコ付いていける。
やっぱり少し調子がいいのか。
若干離されたがそれほど悪い順位でもないだろう。
5番手くらいはいけたかと予想していたが、なんと予選3番手だった(*□*)!!
金原選手、ありがとう!
信じらんねーw(*゚o゚*)w

決勝・・・
予選順位を維持できないレースが続いている。
スタート時点で雨はほぼ上がっていたと思うが、路面は完全WETのままだ。
スタートは今回もまずまず。1コーナーは3位通過。
序盤、裏ストレートで坂井選手に左後ろに付かれる。
次の緩い40Rでインを閉めるのは危険だと判断し、インを少し開けつつも必死でクリア。
頑張った甲斐があったのか、その次の20R前では視界に入らなかったのでインに付かせてもらった。
金原選手には付いていけている。
所々でチャンスを狙うが真横に持っていくまではいかない。
その後、またぞろ裏ストレートでエンジン音が近づいてくる。
今回僕以上に調子に乗っている・・・失礼、調子の良い男がいた。
ゼッケン62 汚れた英雄 朝永選手。ヘルメットを外しても草刈正雄だ。
40R前であっさりパスされる。
しかし、僕が速い区間もあるので、再び抜き返す。
裏ストレートとメインストレートが主だったと思うが、抜かれる、抜き返すをそれぞれ3回づつほど繰り返しただろうか。
その合間にも金原選手にチョッカイをかけ続けたが、やはり真横に並べるまでにはいかない。
ゴールラインを割った時に僕が朝永選手の前にいたのはタマタマだったという感じだ。
後から考えると金原選手にももっとやれた事があったと思うが、目の前にぶら下がっている人参をただ追いかけていただけだったという感じ。
KKWのまずいレース運びを今回も繰り返してしまった。一瞬でも思い出せていたらなあ。
2回目の失敗だ。あと1回下手を打てばなんとかんるだろう。
予選、決勝共に浜辺選手が飛びぬけていたレースだった。
レース後、朝永選手に「いやー、浜辺さんの次に速い区間が結構あったんじゃない?」とほざいてしまったが、ファステストタイムは彼のものだった。

しかし、雨のHSRで表彰台に登れるなんて想像できなかったので素直に嬉しかった。
特に苦手なシケインがなくなった事は有利に運んだかもしれないが。

3位入賞以上に収穫なのはこれからは雨でもレースを楽しもうという気になれそうな事だ。
カートコースではまた勝手が違うかもしれないが、挑戦をする事にしよう。

今回もST125な皆さまお疲れ様でした?
いやいや、僕は十分にお楽しみ様でしたよ(*´ω`)ノおもしろすぎて・・・。


 

雨のHSR!

 投稿者:#41 K原  投稿日:2018年 9月15日(土)08時41分26秒
返信・引用
  このレースの週も忙しく、土曜に会社のゴルフコンペがあり、終わってそのままHSRへ直行しました(^^♪

天気予報で分かってましたが、やはり雨。。。
シケインには結構水たまりがあるということで、今回はシケイン無しでの走行ということの案内があり、それも走ったことがないので、どうなることやら。。。

練習走行では皆さん、様子見合戦でちんたらとスロー走行、どこまで攻めれるのか全然わかりません。

予選は単独走行でしたが、なんとか2位。
ポールは浜辺さん。やはり雨でも速いっす!!
1秒半くらい離されてる( ;∀;)

そして決勝。
やはり浜辺さんが飛び出し、1週目からハイペース。
いきなりついていけません。
2位で周回を重ね、ちょっと後ろを振り返ると、なんと3台くらい後ろに詰まってます(^_^;)
いやー、ペース上がらず、蓋しちゃってる~。
しかし、もちろん譲れないので、苦手なウェットですが、最後まで2位は死守することができました。

いつ吹っ飛ぶかドキドキでしたね~。

今回もST125な皆さまお疲れ様でした?

http://yzf-r125.blogspot.jp/

 

やっぱり鬼門のHSR(*_*;

 投稿者:石〇  投稿日:2018年 9月13日(木)21時42分13秒
返信・引用
  8周の決勝レースがスタート!!

スタートはまずまずでしたが、7番グリッドのW壁選手が猛ダッシュ!!
先行を許し、7番手で1コーナーをクリア。

いつもなら、次のシケインの突っ込みで前に・・・・のハズですが、、、
シケイン無しのため、前に出るポイントが・・・、ありません。。。(>_<)

周回を重ねるごとに、先頭を走るH辺監督をはじめ、前を行くW壁選手の背中もどんどん小さくなり、、、
いつの間にやらお星さまに。。。(ToT)/~~~
・・・ってことで、手も足も出すことができず、7位でのフィニッシュとなりました。。。

今年は(・・・特に)キビシイ戦いを強いられるHSR戦でしたが、、、
シケイン無しでは、ホントに何にもすることができませんでした。。。(@_@;)

雨の路面の変化に合わせきることもできなかったことも大きな敗因ですね(^_^;)

今回も、関係者の皆さんにはお世話になり、ありがとうございました!!
次回は今年の最終戦・ナチュラ戦となりますが、ベストを尽くして頑張りますので、よろしくお願いしま――――す(^◇^)!!

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

雨のHSR戦

 投稿者:#62 朝永  投稿日:2018年 9月11日(火)22時39分24秒
返信・引用
  前日の土曜日、雨の中を恨めしく思いながらの熊本入り。
雨とは言え思ったより寒い!軽く挨拶済ませてその日は宿へ。

当日。
朝からもしっかりと雨、願いもむなしく降ってます。
HSRへ到着後、バタバタと受付・車検を済ませて走行に向けて準備するも天候は回復せず・・・。
正直雨に苦手意識は無く(知ってる人は知っている)雨に向けた気持ちの切り替えは出来てました。
『良し!目指せ完走!!』と(笑)。

サスの変更後の調整も耐久を走らせて随分進み、今回も雨用で調整出来ていたので不安は少ないかな?

フリー
サスの確認、ゆっくり走ってコーナー毎に水の具合などもチェック。
プールになっていた『S字』がカットになったのでタイムなど基準が分からず良し悪し不明。
しかし車体に不安感は無いので好材料かな。

予選
ここで無理して転倒したくないので隙間が出来るのを待ってそこへ入る。
単独走行、やっぱり車体に不安を感じない。数コーナー先を走る車体との距離を確認しながら自分なりの基準を作って走る、まだイケるかな?

決勝
二列目真ん中、良いグリッドかな♪
最近スタート上手く行ってるから大丈夫!と言い聞かせて『よーいドン!』
なかなかに上手く行ったかな!
城川選手と金原選手と良い感じで走れてる!ちょっと嬉しい(笑)
幾つかのコーナーでイケそうな感じ、トライしてみる!三番手に上がるも金原選手には中々手が出ず城川選手にもかわされ四番手後退、何度かコレを繰り返し・・・いゃ~楽しかった((^∀^*))
ラストで仕掛けてみようと思ったが、バックマーカーの処理の時点で終了でした(^_^;)
確実に残りを走ってチェッカー。

今回、順位こそ4位でしたが凄く楽しい実りあるレースでした!
ドライでも競り合える様に精進ですね!!

ST125参加の皆様、コースオフィシャル、その他関係各位楽しい一日をありがとうございました!!
 

Rd-6 HSR戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2018年 9月10日(月)18時13分49秒
返信・引用
  土曜日の朝、久し振りにザキさんと二人でHSR九州へ出発!
昼過ぎに、サーキット入り。
雷が鳴り、土砂降りの雨!
走行せずに、明日の準備をして宿へ・・・。

日曜日、昨日よりも小雨だけど完全なウェット・・・。シケイン1つ目のイン側が池になってて、全クラスシケインは使わない事になった。(一安心)
フリー走行
とりあえず、路面状況の確認の為トップでコースイン。
3周ほど周回して後ろを見ると、私が先導者?私の後ろに皆さんズラーッと並んで様子を見ているようだったので、4周目にピットイン。終了・・・。

予選
ザキさんに、Rサスと前後のタイヤの空気圧をレインセッティングに変更してもらい、コースイン!
2周程の走行で、コースコンディションとタイヤの接地感がつかめてきたので、ペースアップ!
1分34秒831、ポールポジション!
ザキさんが、サインボードを出してくれたので、助かりました。m(_ _)m
予選のセッティングで、まだまだペースアップ出来そうなので、イメージトレーニングをしながら決勝レースまでの時間を過ごします。

決勝レース
スタートはイマイチ?だったけど、ホールショット!
とにかく、1周目から全力で走行!
ザキさんが、周回ごとに2位とのタイム差を出してくれたので、確認しながら周回!
5周目に、サインボードを見ると、6、8秒差!
ラスト2周は、慎重に流して走行し、チェッカー!ヾ(^v^)k

今年のHSR九州戦、3戦ともポールtoウィン!

今回のレース、久し振りのザキさんと二人で参戦しましたが、やっぱりザキさんが居ると安心感が違います。

関係者の皆さん、お世話になりました。m(_ _)m
 

ナチュラ

 投稿者:高田  投稿日:2018年 9月 2日(日)08時54分58秒
返信・引用
  今回、GSXR125をかりて、久しぶりにレースに出ることになりました。

今回は新車のばいくで、エンジンはマフラーだけ、あと、ステップと、サイドスタンドを、カット

土曜日の走行で、コースに、着いたが、思ったよりタイトなまさしくカートコース。

土曜日は、コースと、バイクになれること。
そして今回、鈴鹿から若手をつれていった。

最初はなつやすみで遊びに行くつもりが、バイクを貸してもらえるということで彼も参戦。
コメントは彼に書いてもらいます。(^^)

GSXR125ですが、なかなかのボテンシャルはあると。(^^)
今回、フロントスプロケを変えてみたけど、ロングにしかならなく、かえって遅くなるためSTDに戻し、サスは全くいじれず(^^ゞ
タイヤだけが頼りのレースとなりました。

転けてはいけないし、攻めるにも、詰める個所が少ないし、気を抜くと転倒しそうなところがあるので、少しづつ詰めていき、予選で自分なりにミスなく1周タイムアタックしましたが、ここはここでなかなか難しくあまり上げることはできませんでした。

決勝は、
スタートは、若手がとまっていふなを横目に、1コーナーに
しかし、インの取り合いが凄まじく、引きながら見て、落ち着いてから追い上げる作戦が、前のヤマハが速く、中々空きを見せてくれない。
何度かトライをしようとするが、抜くところまで行かず、レースが終わってしまった。

バイクのボテンシャルは、かなりあると思う。
サブコンや、ファイナルわ合わすと、もっと走ると思うし、車体がしっかりしている。
エンジンも回ってくれる。

少し残念なのは、中速域のトルクがあまり無いので、上の回転をキープしなければいけないが、それができるようになると面白いと思う。

今回、いろいろとサポートしてくれだ銀色バイクさんありがとうございます。
 

帰りの車両引取りが本当の仕事でしたw

 投稿者:いつもは#44、今回は#55風人  投稿日:2018年 9月 2日(日)00時30分15秒
返信・引用
  それはしなくてもよかった連絡から始まった。

某銀色S井さんへ8月19日の為の連絡で「バイク無いけど遊びに行きますよ」とメールすると
S井氏「堂面先生のアプリリア貸してもらうからそれで走れば?」
私「う~ん、鈴鹿から高田さんも来るし賑やかしで走ってみるか。車両引取りもあるし・・・。」
そんな軽い気持ちでOKを出してしまったが後の祭り。

そいえば石丸選手が走らせていたけど難しいって言ってたなぁ・・・。
と、言う事で石丸選手に事前に電話で情報収集をする。
結果「うん、コカす訳にはいかないのでタイヤは替えておこう!」
財力の無い私は森長選手に頼んで中古タイヤを借りる事にした。
ありがとう森長選手!!

レース当日に車両を店で受け取り、現地にて初めて車両確認。
「デカイ・・・。重い・・・。どうすんだコレ・・・。」

そそくさとタイヤ交換をして練習走行。
まずは車両に慣れよう。
「うん、サスが動かんw」   (調整するとこ無し  → どうにも出来ん)
「ギアが合わんなぁ・・」   (スプロケット無し  → そのまましかない)
「う、馬が足りん・・・」   (石丸選手に聞く   → 「うりゃぁ~って逝けば何とかなりますよw」 わはは・・・)
「シフターが邪魔だ・・」   (S井氏に外し方を聞く → 「俺は知らんよ」 やはりそのままか・・・)
「ブレーキは・・・      (思ったより良いぞw)

結局タイヤの空気圧調整くらいしか出来なかった。
この手のマシンを走らせるには「とにかくスムーズに、無駄なく、スピードを殺しすぎない様にする」という方法を取るしかない。
練習走行3本で少しでもマシンの特性を掴もうと色々試す・・・
タイムは大体予想通り。後方だなぁ・・・

今回の午後からの予選はQ1、Q2とMoto GPみたいで面白そう。
昼休みにトークショーなどのイベントを横目に見ながら色々考える。
他の車両と絡むと抜いても抜かれてもタイムがガックリ落ちるので少数予選は助かる。
何とか予選でタイムアップするも、前の方とタイム差がありすぎてどうにもなりそうに無い。
仕方ないので決勝の目標は更なるタイムアップとする。

さて、決勝のよーいドン!
今回はレッドシグナル消灯でスタート。
そしてスタート大失敗w
しかし前方でもっと大失敗のスポット参戦のS木選手が止まってる!
ギリギリ左側から交わす事ができた。

序盤の周回で数台と一緒に走っていて他の選手の走りを確認。
Shingo選手の後ろ、1コーナー突込みでパスを試みる。
が、突然のイエローフラッグ!!
「ゴメン、止まれん!」
申し訳ないが抜いてしまった。
しかしどこを見てもトラブル車両が見当たらない。
どうやら4コーナーの転倒のイエローみたい。
1コーナー立ち上がりで手を上げて「ゴメンね」の合図をしておく。

その後はドンドン前が離れてゆき、ほぼ単独走行になってしまったのでまた色々実験しながら走っておりました。
まあ、予選より0.4秒縮められたので一応目標達成。
この車両の更なるセットアップの目標が少し確認出来ました。

終わってみれば楽しく過ごせた一日でした。
遅くなりましたが車両をお貸し頂いた堂面先生、ありがとうございました!
そして各クラス参加者の皆様、お手伝い&応援に来られた皆様、運営に関わった皆様、楽しい一日でした!ありがとうございました!

当店にST125車両が入ってきたらまた参加したいと思います。
今回は初参戦の方も多く、どんどんこのクラスが増えてくるよう、私も色々応援していきたいと思います。


それでは次戦HSR、皆様頑張って下さい。
私は遠い空の下で仕事してますw
 

ナチュラ!

 投稿者:#22 森長  投稿日:2018年 8月25日(土)14時05分14秒
返信・引用 編集済
  今年、二戦目のナチュラ

前回は、4周目辺りの7コーナーで転倒リタイアだったので、前週に練習行くも42秒フラットしか出ない、、、レブリミッター効いてるし、サブコントローラ壊れた?(只の配線ミスでした)
と、言う事で当日は、40秒台出るでしょ!と、いざ走ると42秒台しか出ない。。。
ちょっと焦って走ってたら、FP2で前方のバイクに追突しそうになり、よけたらアスファルトがない!
転倒。クラッシュパッドに刺さってました(笑)

観戦に来られていた、井内さんに手伝って頂き何とか修復。
タイヤ履き替えFP3に挑む。前方に今回遥々鈴鹿から来られた元GPライダーの高田選手を発見。滅多に観れないので、後ろで勉強させて頂きました。

予選、パッとせず4位。

決勝スタート!
スタートは、苦手意識が抜けなく、酷い状態に(笑)

1コーナーで並ばれるが、何とか4位死守。

4周目か5周目辺りに、城川選手を1コーナーで抜くが、前を行く二人からおいていかれ、そのままゴール。

決勝で40秒台入ったのと、表彰台あがれたので、今回は良しとします。

当日は、色々なクラスのレースが観れて楽しかったです。

 

2018 Rdー5 ナチュラ

 投稿者:#53シロカワ  投稿日:2018年 8月25日(土)13時41分0秒
返信・引用 編集済
  1年経つのが早い。
ナチュラで自分のベストタイムをだしてから1年間ナチュラでいい走りができていない。
事前練習1~2秒落ち、FPのベストでやっと1秒落ち位。
レース中に41秒台に持ってくるのが、とりあえず目標になった。
Q2に何とか引っかかったのでとりあえず誰かについていこう。
昼休みは風呂本さんにいろいろ教えていただく。
予選、井内さんにケツをたたかれながら、後のほうからコースイン。
浜辺選手が前にいたが、1コーナー後で森長選手に入れ替わった。
FP2位の選手なので、これはこれでラッキー。
FPの転倒のせいか少しペースダウンしているようだったが、
自分より速い区間もあったので、ペースメーカーにして走ったら
最後の1~2週はいい感じ。
予選結果は3位。41秒台にも入ることができた。
これに満足して家に帰りたくなったが、引き続き井内さんにケツをたたかれ続ける。
決勝、スタートは珍しくいい感じだった。トップ2二人を追い抜くまでは至らなかったが、ぴたりと後ろにつくことができた。森長選手に差し込まれなくてよかった。
2周くらいは、上位二人についていけたと記憶しているが、ペースが出来てくると徐々に
離されていく。すると、後ろが気になってきた。
井内さんにレース中は後ろをケアしなさいと言われたっけ・・・
と思いつつつ、ストレート後半で思わず禁断の後ろ振り返りをやってしまった。
その瞬間、森長選手にインを刺される。
こっぱずかしー(/ω\)
その後、またもや徐々に引き離されていき心が折れそうになるが、
何とか喝を入れ直し「もう一度、追いつく!」と自分に暗示をかける。
その内周回遅れが出始め森長選手が引っ掛かっている間に一度後ろにつけた。
こっちももたつくと藪蛇だが、その後はそこそこくっ付いて走ることができた。
しかし、ドッグファイトに持ち込む余裕も無く、あっという間にチェッカーフラッグが見えた。
決勝4位。CBRの石丸選手は何とか振り切れたか。
それにしても、レース短い。
(・_・).。oO(あと20週くらいあれば、体力勝負で勝てたかも・・・と負け惜しみを言ってみる。)

今日も負け戦かー _| ̄|○

次頑張ろう(*`Д´)フオォォォ!!

本レースを運営、盛り上げていただいた皆様に感謝いたします。
ライダーのみなさん、またHSRで!
マシンがグリッドに14台並んでいる光景は壮観でした。
 

ナチュラ戦!!

 投稿者:石〇  投稿日:2018年 8月24日(金)22時24分22秒
返信・引用
  12周の決勝レースがスタート!!

鈴レーS木選手がスタートをミス、そして前のグリッドのM長選手も若干出遅れてたんで、、、
チャ―――ンス・・・って思ってたのも束の間、、、
後ろからUE野代表がロケットスタート!!

UE野代表の攻撃(・・・(^_^;))にビビッて怯んだスキに、Y下選手にも前に行かれ、7番手で1コーナーをクリア。。。
2周目の4コーナーでY下選手をパスしますが、その前には強敵・UE野代表!!
しかしタイムはコッチが良いんで、5周目の4コーナーで何とかUE野代表のインにねじ込み、5番手へ浮上(^^♪

その前のM長選手・S川選手の3番手争いへ追いつこうと、必死こいて走りますが、ジワジワと離されます。。。

周回遅れが出てきたタイミングで若干差が詰まるものの、結局追いつくまでに至らず、5位でのフィニッシュとなりました。。。

人間の調子が良いだけに、悔しい結果となりましたが、、、
いろんな方々とお会いできて、とっても楽しい1日となりました(^O^)/
次回もよろしくお願いしま―――す(*^^)v

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

ナチュラ戦

 投稿者:#21 Y下  投稿日:2018年 8月22日(水)22時47分44秒
返信・引用
  前回のKKW戦は消化不良な結果となってしまったので、今回こそはと思いこの1か月ナチュラに通いました。
練習の甲斐のありFPを終えてなんとかQ2に滑り込み(^^;

鈴木選手に引っ張ってもらったおかげでベストも更新できました!
ありがとうございます!

Q2ではQ1のタイムも見つつ頑張ってもグリッドは変わらないなと思ったので安全第一で走行。

決勝前には上野選手にスタートで前に出ると宣戦布告(笑)されたので、そうはさせまいと
気合を入れてグリッドに付いたのですがここで問題発生。。。

今回から導入された特製シグナルが前にいる選手と被って全く見えません(笑)

なんとかスタートしましたが見事に上野選手にイン側を取られてしまいました(*´Д`)
(全力スタートでも結果は変わらなかった気はしますが^^;)

その後石丸選手にあっさりと抜かれそのままチェッカー。

チャレンジクラスで初の優勝ということもあり、かなり嬉しかったです。

とは言え結局マイスターの壁は崩せず、まだまだ差があるなと感じるレースでした。

次回は上位陣に割って入れるように修行したいと思います。

今回も皆さまにお世話になりました。
ありがとうございました。

シグナルは位置なのか高さなのか要検討ですね!
 

ナチュラ戦!

 投稿者:#41 K原  投稿日:2018年 8月22日(水)12時55分33秒
返信・引用
  行ってきました、ST125第5戦ナチュラへ!
今回はナチュラGPと併催ということで、なかなかイベントチックな感じで楽しそう♪

前回ナチュラでは、練習走行で転倒し、負傷と損傷でリタイヤでしたが、今回は気合を入れて新品タイヤも準備しました(^^)v

FP-1,2はボロタイヤで走り、FP-3から新品タイヤ投入!!!
FP-3とQ2にて40秒台がなんとか出て、ポール取れました。

決勝前のグリッドでは、キャンギャルお二人に傘もさしていただき、気分はよかったのですが、なんと今回は国家斉唱しろとの指示が私に(-_-;)(-_-;)
いや~、はずかしいやらなんやらで、スタート前にグダグダになってました^^;

そして決勝、スタートが肝心ですが、浜辺さんに先行されました(-_-;)
2周目で抜くことができたので、そこからはトップ死守し、後ろでかん高いマフラー音がずっと聞こえてたので、やばいかなと思いましたが、振り返らずに走りましたよ!
やった~、今回は優勝できました♪♪

HMFの社長をはじめ、応援にも来ていただき、力も入りました。

今回もお世話になった皆様ありがとうございました。
 

Rd-5 ナチュラ戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2018年 8月21日(火)23時17分4秒
返信・引用
  朝8時まで仕事・・・。夜勤明けで、松田さん松村さんとナチュラサーキット入り。
FPー2の途中から走行。車両の確認をして終了・・・。
FPー3
とりあえず、Q2に残らないといけないので少しだけ攻める!Q2に入ったので一安心。
予選
絶好調の金原選手には敵わないので、2番手を目指して走行。
41秒499で2番手。
決勝レース用のタイヤに交換し、イメージトレーニング。
決勝レース
スタートを決めてホールショット!
2周目の1コーナーで、金原選手に抜かれる。
そんなに離されないので、とりあえず金原選手について行き、周回遅れが出るまで様子を見ながら走行。
10周目、周回遅れに遭遇し始め少し差が縮まるも、抜くことは出来ずにチェッカー!
優勝できなかったけど、ベストタイムを更新(40秒877)出来たので良しとします。
今回のレース、色々なイベント?があり、とても楽しい週末でした。
松村社長、松田さん、北古賀オーナー、ありがとうございました。
銀色バイク店主様他、関係者の皆さん、大変お世話になりました。
 

ナチュラGP

 投稿者:Shingo  投稿日:2018年 8月19日(日)23時00分29秒
返信・引用
  今回初めてst125のレースに出させていただきましたがダブルエントリーで中々上手くいかず、走れば走る毎にタイムが落ちてしまい体力的にもへろへろになってしまったので次はst125に集中してレースしたいですね!
不甲斐ないレースをしたんですが、終わってみればチャレンジクラスでは二位表彰台に乗れたので参戦させていただいた銀色バイクの方々に感謝ですね。
体力的にも精神的にもタイム的にも楽しめるレベルになかったので次は楽しみたいですね!
 

819ナチュラ戦

 投稿者:sajika  投稿日:2018年 8月19日(日)21時27分22秒
返信・引用
  今回から初参戦のsajikaです。古参の皆様は迷惑を掛けまいと思いながら参戦させて頂きましたが色々な方々のサポート・アドバイスを頂きながら楽しんで行こうと思いながらのデビュー戦??
結果はお世話になった皆様のアドバイスを無視したデタラメな走りを今ビデオを観ながら猛省中です・・?
スタートは自分なりに良かったのですが・・そこから先は練習で出来てた事が何も出来ず首を傾げながらのコーナー立ち上がり・・こんなはずじゃ・・?と思いながらって思ってたら次のコーナーあれっ??ギアが違う?ガチャガチャしてたら前方に青い旗が見えたと思っていたらあっという間に周回遅れ・・てな訳で申し訳ない結果に終わりましたが
今回は良い勉強になりました
サポート頂いた方々本当にありがとうございました
次戦以降の結果でお返ししたいと思います。
 

8月19日 タイムスケジュール

 投稿者:K古賀選手  投稿日:2018年 8月16日(木)18時07分52秒
返信・引用 編集済
  タイムスケジュール(第2報)を公開します。
・74は混走。
・GROMはありません。
・HRCトロフィー、SPの走行順が入れ替わりました。
・ST125はFP1,2,3のタイムによりQ1,Q2に振り分けます。
 (上位2台のQ2進出はありません)

http://st125.com

 

819の日

 投稿者:銀色  投稿日:2018年 8月13日(月)05時50分32秒
返信・引用
  各位 エントリー状況がほぼ確定しました。

ナチュラサーキットさんでは過去最大となる15台がグリッドに並びます。

同日メインレースらしく、国歌斉唱ののちにスタート。
ジマンのノドを披露するのは、、、これはその日その時のお楽しみ(笑)。

FP3までの結果により、予選はQP1、QP2のモトGP式に変更の予定です。

出走マシンはホンダ2車種、ヤマハ、スズキ、アプリリアと、まさにモトGP?
急遽KTMも入れちゃいますか?(笑)

ドゥカティさん、125出してください。
 

う~~ん

 投稿者:銀色  投稿日:2018年 8月 5日(日)14時49分37秒
返信・引用
  カワサキの公開パーツリスト画面みたい、、、
メーカーさんにも「小さくて読めない」苦情殺到のようで、一時期は画面にパーツリストを展開した時点ですでに「拡大」してありましたが、
こんどは「ボヤけて判別できない」、との声。
要は作業従事者の加齢が進んでいる、ということですね(悲)。

ともあれ準備進めましょう。


 

レンタル掲示板
/50