teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:61/1485 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2018 Rdー4 KKW戦

 投稿者:#53シロカワ  投稿日:2018年 7月 4日(水)11時17分45秒
  通報 返信・引用
  去年と同じことをしているなあ。もうちょっと仕事の方を充実させないと・・・・・。
前日、スペアホイールに去年使うつもりで結局使わなかった新品タイヤを履かせたところでシンドクなって、就寝。
明日早起きしてバイクに組めばいいやと思っていたがちょっと寝坊。
バタバタやってKKWについたときはFP1まで30分を切っている。
スーパーメカニック?&スーパーライダーの田中さんがいろいろお世話してくれたおかげで、貴重なFP1を無駄にしなくて済んだ。
いつもだけど、今回は特に全然グダグダな走りしか出来なくてもガッカリしないようにしようと
心に決めて挑んだ。
FP1からFP3まで用意が悪くてタイムは測れなかったが、少しづつ良くなっている感じはあった。
しかし去年と同じように後半に行くにつれ、コース上で他のライダーに出会う回数が減っていく。ライバルたちも短い時間でアジャストしているようだ。金原さんだけは最初からペースが速い。

途中で店主殿の御好意でGSX-Rに試乗させて頂く事になった。
マフラーがノーマルだったりとかまだ仕上がってないという事なので、単純比較はできないかもしれないけどYZFとはずいぶん違うなという感じだった。
跨ると足がベタ付き、YZFはシートを数センチ下げていたも千鳥足だ。自分のトリッカーよりさらに余裕がある。座面が低いだけでなく、車体がかなり細いのではないだろうか。
ピットロードを走っている感じから全然違う。アクセルのピックアップが鋭い。思わずガクガクさせてしまった。おっかなびっくりさせながら走らせていたのであまり開けられなかったのかもしれないが、回してみると意外と軽い感じだ。ノーマルマフラーだからということだが、店主殿はそれでも全然まわりについて行けたとの事。まあ、音に随分騙されている部分はあるか。
何よりも操作感がとても軽かった。初めて乗ったバイクなのに馴染み感が半端ない。思わず、全開で走ってみたいという誘惑に駆られる。
もし、今ST125を始めようとしていたとしたら、迷わずこれにするだろうな。
まあ、資金が無いのでしばらくはこのままで・・・・。
ZX125RRとかでないかなあ?

予選はなかなか抜けないライダーが前にいてクリアラップがとれたのは最後の1~2週だったと記憶しているけど、敢えて間隔を取ってクリアラップ作ろうとは思わなかった。せっかくst125マシンがたくさん走っているのでみなさんの調子が上がってきたところでいろいろ練習したい気分だったのだ。でもほとんどミスのない綺麗なラップを最後の方で走る事が出来たのでで問題はなかった。

結果32秒台後半、予選2位。
去年のタイムには届かなかったが、思った以上には走れた。
まだまだ、修正点は見えているがもう練習する時間は無い。
レース中にいろいろ試そうとすると多分ミスするだろう。
決勝ではポールの金原さんについて行く事だけを考えよう。

・・・・・と思ったが、決勝スタートでは2列目内側にいた池田さんにインをさされてしまった。悪いスタートとも思わなかったが、そもそも僕は予選順位より前に1コーナーに入れた記憶があまりない。いや、全然無いかもしれない。この時点で目標は2位獲得に限定されてしまった。金原さんが早くから独走態勢に入ったことで、池田さんも同じように2位獲得の走りに切り替えたとは後で聞いた話だ。
池田さんに付いてはいけた。しかし2~3週走った感じで抜くのは難しいと感じてしまった。
何とかプレッシャーをかけようと試みるが横に並ぶことは出来なかった。結局、池田さんの視界に入ることは1度もなかったのではないだろうか。ブロックラインのせいか、もともとなのか、ラインが違いすぎてクロスし、あたふたすることも何度かあった。
いつも短くは感じるているが、今回ほど短いレースは無かった。
もうチェッカー?いや、あと3倍、いやせめて2倍くらいは走ろうよ!
1度くらいは追い抜いてバトルらしいことをしたかったが、かなわなかった。
でも、レースって楽しい。こんなに面白いものだったか?
特に他のライダーとの絡みのあるレースは格別だ。
こんなにもドッグファイト好きなのに全然勝負弱いなあ。もうちょっと自分を鍛え直さないと。
石丸さんは4位でチェッカー。ベストタイム的には2位だったみたいだ。CBRを着々と仕上げているみたい。
レース後に練習に来たライダーからレース展開について色々とアドバイスを頂いた。僕から伺いに行ったではなかったのだが、よほどヤキモキさせてしまったのだろう。有難かった。次の機会にぜひ実践したい。

今回はみなさんのお声もあって、マイスターに上がる事が出来ました。有難うございました♪(*^・^)ノ
傍から見てもレースを面白くするマイスターでありたいと思います。
フルスケールバイクで低コスト、同シリーズで3つものサーキットを回して、年間7戦も開催されていて、一人でノコノコやってきても参戦出来る。こんなレースってなかなかないですよね。
ST125というレースが自分の家の周辺で行われているという事にとても幸運を感じます。
もっと参加台数が増えてもいいと思うんだけどなあ?(すいません。僕も休戦せずに済むように努めます (∩_∩)ゞ)
あらためて、ST125を運営されている主催者様方、応援に来ていただいている方々、イベントに来ていただいた方々、ST125を卒業しても時折参戦、サポートに来ていただける方々、おこがましい言い方かもしれませんがライバルの皆様に感謝いたします。

蛇足ですが、僕の癖で書き始めるとまとめきれず長文になってしましますが、皆様はお気になさらずに簡潔にレースレポートの方お願いいたします<(_ _)>
 
 
》記事一覧表示

新着順:61/1485 《前のページ | 次のページ》
/1485