teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2018 NSS創立記念日&望年会のお知らせ

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年11月24日(土)07時23分1秒
  寒くなりましたね~~みなさん、いかがお過ごしでしょうか
NSSLINE等でご存知の方も多いかと思いますが、
OBOG会年間三代行事のうちの一つ
NSS創立記念日&望年会のお知らせです

日時 12月1日(土) 18時
会費  5000円
場所 だるま屋別館
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amp.gnavi.co.jp/r/pe3regvp0000/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB

NSSが誕生したのは1971年12月1日
ということで、今年はちょうどその日にお祝いできますね!
今日までに参加するよーとご連絡いただいたのは

(敬称略)
74  藤丸
77  石松 白土 高山 松健 雄二
78   木下 竹村 武吉 ヒデ
79  木月 久継 福本 博子
80  吉田
81  北島
82  美穂
83  坂本
86  井上
88  小山

以上、20名です
だるま屋さん、とってもいいお店です
年末、大変忙しい時期ではありますが、
どうぞぜひご参加ください(^.^)
参加できるよーのご連絡は
このたまり場やLINEメール電話等で^_^
ご連絡お待ちしております

 
 

nss忘年会出席

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2018年11月13日(火)17時40分7秒
  皆さんこんにちは。

今般の12月の第1土曜日の1日の2018年度nss忘(望)年会に参加させて下さい。

場所は「だるまや別館」で18:00~とのこと。楽しみにしています。
久しぶりに今回は夫婦で参加いたしますので、
たくさんのOBOGの方々にお会いしたいと思います。

幹事さん、いつもよろしくお願いいたします。

                  藤丸夫婦
 

クルージングで目立ったひとたち

 投稿者:77永松  投稿日:2018年10月13日(土)16時26分13秒
  まあー、日本とはちがうね、、  

嘉穂アルプスを歩く④

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2018年 9月23日(日)09時04分49秒
編集済
  快調だった山行も宇土浦越から馬見山を登る木道で息があがり、更に先日の
雨でコースが浮石や倒木で荒れた下山道で足がフラフラに。車をデポした
キャンプ場にやっとの思いで辿り着きました。それでも体力に不安を感じ
ながらも仲間との会話やザックと自然の中を歩く楽しさを格別でした。

【後日談】
①久しぶりの本格的な山行。馬見山の登り、下りで足に相当の負担がかかり、
 翌日から激しい筋肉痛に。それも足だけでなく腰にも。痛みは一日では
 引かず2日目も片足ずつでないと階段を下りれない状態でした・・・・
 日頃の鍛錬が大切ですね!
②この季節、ザックとの山行で悩ましいのがダニ。山行中に何度かザックの
 体はチェックしていてダニはいないようだったし、馬見山キャンプ場に着
 いて から川があったので足とお腹は洗ったので大丈夫かな・・・・
 と思っていたのですが、翌日にザックがしきりに顔や体を掻き始めたので
 副隊長がチェックをしてみると、よーく見ないと見えないような小さなダニ
 が肉球のまわりやお腹にいるわいるわ。ダニを見つけて、捕獲する特技を
 もっている副隊長が本腰を入れて3日間にわたり捕獲作業をして、なんと
 トータル100匹以上のダニがついていました。
 これから寒くなるとダニも活動が鈍くなりますが、もうしばらくは要注意の
 ザック隊です!

写真上段・・・馬見山・御神所岩です。神が宿ると思えるほどの威厳がありました。
  中段・・・御神所コースは雨でかなり荒れていました。
  下段・・・縦走お疲れさま!
 

嘉穂アルプスを歩く③

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2018年 9月20日(木)23時48分55秒
編集済
  7月に計画していた78期八ヶ岳プレ企画+山倶楽部の福智山行が台風接近のため中止に。
8月に再度パーワン企画を立てるも、こちらも雨で断念~
4月以来山には行けてないし、公私ともに気忙しい日々のなかで少々ストレスを感じ始め
てきたので、9月の3連休初日にとにかく山に行くことに。近場でザック隊未踏というこ
とで馬見山にしました。すると石松も同行できるということで、それなら車2台なので
古処山~馬見山縦走が可能になった次第です。計画はしたものの、またしても3連休の
初日は雨予報。ギリギリ前日まで判断を待ちましたが、高い確率で雨予報だったので初日
は中止に。が、今回は諦めきれずに連休最終日に決行することになりました。

前段がなが~くなりました。
5時に起床して、6時自宅を出発。こんな時は早起きも苦にならないですね。ザック隊員も
前夜に私が山行きの準備をしているときから興奮状態に。8時前には馬見山キャンプ場に
到着して、石松と合流。私の車をキャンプ場にデポして、石松車で古処・八丁峠に向かい
ました。
八丁峠から古処山、屏山までは高低差もなく、心地いい風を感じながら気持ちよく歩く
ことができました。久しぶりの山行で少し体力に不安がありましたが、屏山までは快調
で、「やっぱー、山は最高!」「来てよかった!!」など心が解放された喜びで一杯でした。


写真上段・・・古処山から屏山に向かう山道
  中段・・・古処山山頂には石仏が沢山ありました。講釈は白土と一緒に登った時に
  下段・・・馬見山の下山ルート・御神所岩を下りる石松

(今日はここまで・・・つづく)

http://

 

嘉穂アルプスを歩く②

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 9月19日(水)07時51分17秒
編集済
  今回の縦走路を紹介します。

この山域は、昨年2月に日本山岳遺産に認定さています。
なんと、その名も「嘉穂アルプス」です。
ついに九州にもアルプスが誕生しました。

今回の山歩きで以下のことが分かったので、紹介します。
①縦走路は、よく整備されて、とても気持ちの良い自然林を歩く中、要所要所に案内板も設置されている。
途中に水場がないので、水を持参することになる。(今回、私は1.5L持参した。)
②秋月方面の「古処林道」は崩壊等のため、通行禁止になっている。
③馬見山~馬見山キャンプ場へのルートは「御神所岩ルート」と「尾根道ルート」があるが、「御神所岩ルート」は、沢沿いで今回の豪雨でかなり荒れていました。歩いていないが、「尾根道ルート」が歩きやすいと思われる。
④地元の山岳会の方が、馬見山山頂に見事なログハウス風の避難小屋を造ってくれていた。
但し、水場はなく、「御神所岩ルート」を30分程下ったところに沢がある。
⑤馬見山キャンプ場の登山口には車数台の駐車スペースがある。
⑥八丁越の林道入り口には、2台ほどの駐車スペースがあり、車2台あれば、縦走を楽しむことができる。

今回の縦走路は、すべて歩かなくとも、八丁越~古処山ピストン、馬見山~宇土浦越周回、古処山~屏山ピストン等、バリエーションを楽しむことができます。

 

嘉穂アルプスを歩く①

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 9月19日(水)07時21分48秒
  先日、敬老の日に雄二と山岳犬ザックと私の三隊員で嘉穂アルプス(八丁越~古処山~屏山~馬見山~馬見山キャンプ場8.1km)を縦走してきました。
山中では、単独の登山者、トレランの方、山ガール等、皆さん、思い思いに縦走等を楽しんでいました。
縦走路は、荒れてもいなくて、要所要所に現在地が分かるように案内板が、設置されていました。
気温18度前後でしたが、歩いているうちに額から汗が落ちるほどでした。
ザックも私たちの間や後ろを歩き、時折、離れて歩く私を待ったり、振り返ったりする等、山岳犬にふさわしい行動をしていました。
休憩を含めて約7時間ほどの縦走でしたが、久々の仲間との山歩きは、新鮮な気分になり、元気をいただきました。
 

NSSOBの皆さんの活躍

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2018年 9月 7日(金)08時59分3秒
編集済
  石松君の北アルプス山行や、八ヶ岳登山隊の皆さんお疲れ様でした。
まだまだたまり場にアップのない方も沢山ご活躍のこととお思います。

NSSの「如何なる自然条件下においても、自然を受け入れて自然を楽しむ」
僕は創部時の精神をふと思い出して、八ヶ岳登山隊の「11回目の乾杯」は楽しく拝見しました。

これからも安全に楽しく「自然スポーツ」を楽しみましょう。
他の皆さんの「自然スポーツの夏」を是非、たまり場にもご紹介ください。


我々海倶楽部は9月2日、水平線に壱岐の島影も見えるほど晴れ渡った台風20号前の夏空の下、
川久保君、木下君をゲストに6人で、波風穏やかな博多湾を「柱島回航セーリング」に参加しました。

何故か4メガ以上の写真だった為、残念ながら集合写真をアップできませんでした。



☆写真・・・博多湾の入り口の目印「柱島」です。
          水深はここから突然に30㍍になり、海の色も玄界灘の色に急変します。

http://

 

2018 78期 夏の山旅 in 八ヶ岳 その5 エピローグ

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 9月 5日(水)00時14分34秒
  8月26日 快晴
晴れ渡る空の向こうに美しい富士山

なんでやねん
下りてきたら、めっちゃいい天気なんです

清里の隣町のホテルが最終日のお宿でした
八ヶ岳周辺でも一番眺めのいいホテルだとか‥
南アルプスや富士山の眺めを楽しみました

想像力を発揮するのだ
この景色は
天望荘から見たんだ
ってことに転換しよう
思い込むんだ!!

というわけで
最終日
大人の修学旅行in清里は、本当にいいお天気のなか
とびきり楽しいものになりました

初めて来たのですが、清里いいところですねえ
空気が乾いていて
涼しい
景色が素晴らしい
赤岳もはっきり見えました
あーいう山だったのねえ

天望荘に泊まることと、もう一つ今回一番楽しみにしていたのは
硫黄岳への縦走でした
天候に恵まれず、縦走を楽しむことはできませんでしたが
美しくそびえ立つ八ヶ岳の山々を眺めていると
また来てみたいなあと強く思いました

ほんとに仲良しの78期の先輩方、今回も大変お世話になりました
楽しくてきつくて とってもとっても楽しい 山旅
またぜひご一緒させてください!!
初参加の博子先輩 やっぱり博子さんがいると楽しさ倍増ですね~
またご一緒しましょうね!
蚊取り線香、せっかく買ったので次こそ活躍させましょう

写真 上 たぶん11回目の乾杯
写真 中 清里 富士山をバックに
写真 下 美しい富士山 天望荘から見えたことにする! 心の中で


 

2018 78期 夏の山旅in八ヶ岳 その4

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 9月 4日(火)23時56分39秒
  8月25日 天候くもり 強風
台風20号は通り過ぎましたが、その後を19号が追いかけるようにして日本海を北上
私たちの「台風一過で明日は晴れだね!」という
希望的観測は見事に打ち砕かれました

山中二日間 視界ゼロ

しかし、私たちには想像力がある
天望荘の前には
富士山をはじめとする絶景が広がる‥らしい
みえる
心の眼なら(涙)

というわけで
ものすごい強風の中
赤岳登頂を目指し、出発しました
か、か、かぜが強いーー体重軽いもーんーー飛ばされるーーたーすーけーてーー
という絶叫さえもかき消される強風のなか
岩肌にへばりつき、鎖をにぎりしめ
一歩一歩上へ前へ進みました
山頂だーーー
道標が見えたときの喜び
道標以外何も見えませんでしたが、
こんな大変な状況下、みんなで力を合わせて
2899メートル赤岳山頂に立てた幸せ
達成感

来てよかったなあ~しみじみ

登りも大変でしたが、下りはもっと大変
慎重に下りて行きました

下りていく途中、驚くくらいたくさんの人とすれ違いました
これが夏の八ヶ岳なんだと実感
静かに山を楽しむことができた昨日がよかったなあと思うと同時に
このたくさんの人たちは明日、絶景を眼にすることができてうらやましいなあとも‥

写真 上 カメラマンがしょぼいので緊迫感伝わりますかね~
写真 中 赤岳山頂 やった~
写真 下 下山して美濃戸口で乾杯 今年一番おいしいビール!!
 

2018 78期 夏の山旅in八ヶ岳 その3

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 9月 4日(火)23時08分24秒
  台風の影響で
すごい強風
視界ゼロ‥山中二日間、ガスが晴れることはありませんでした(涙〕

というのは本当に残念でしたけど

赤岳天望荘は想像以上に素敵な小屋でした
なんといっても
天空の五右衛門風呂
キンキンに冷えたビール
まあまあ冷えたスパークリングワインは
ボトルで3000円という天神の居酒屋並みのお値段、安い!
けっこうふかふかのお布団
おいしいごはん

しかーし
そんな素敵な小屋なのですが
びっくりすることが一つだけ

愛想がないんですよ
従業員が‥
三人いたんですけど、全員
こんにちは
もしくは
台風の中、大変でしたね
いらっしゃいませ
なんてのが、ひとこともないんです
びっくり~
これにはちょっとオドロキました
チャレンジャーの博子先輩は
「ビールすごく冷えてて美味しかったです」とか話しかけたりして‥
それでも、ありがとうございますというわけでもなく、「‥‥」無言ですよ!無言
びっくり~
何かあったんでしょうかねえ キャンセル多くてふてくされた??
今まで、山小屋で働くワカモノにはたくさん会ってきましたが
たいてい、とてもフレンドリーですよね?

とにかく、びっくり
不思議な小屋でした

写真 上 きつくたってカメラには笑顔の面々
写真 中 天望荘到着 万歳の図
写真 下 これですよ~天空の五右衛門風呂


 

2018 78期 夏の山旅in八ヶ岳 その2

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 9月 4日(火)22時45分30秒
  8月24日 6時に宿を出発 気になる天候は小雨‥台風は四国沖へ、やはり影響はあるなあ~
美濃戸口から赤岳天望荘を目指し出発します

赤岳天望荘は標高2800メートル、稜線にある小屋です
どんなとこかなあ~ほーんとに楽しみ!
標高差1600メートル 登って登って登り続ける かなりキツイ登りでしたが
いつもは韋駄天の‥小走りでついて行かなくてはおいていかれる、トップの武吉先輩が
少しだけゆっくりだったので、どうにかこうにか‥
それに、なんといっても、ずっとずうっと楽しみにしていた天望荘に早くたどり着きたかったので‥

早く天望荘に着きたい
ビール飲みたい
風呂入りたい

そうです
なんと天望荘には
風呂があるのです

歩いて歩いて歩き通して
天望荘到着!!
定員200名のでっかい小屋
そして夏休み
ほぼ満員の予約が入っていたらしいのですが、台風のため8割以上キャンセル
ということで
泊まり客は私たち8名と広島からきた単独行のおじさま、物静かなカップル、若者三人組の
たった14名!!
貸切り状態でした
着いてすぐにビールで乾杯!
そして、お風呂
でーっかい五右衛門風呂
気持ちよかったです
満員とかだったら、入れなかったでしょうね
台風のおかげかも‥
天空の五右衛門風呂を堪能しました
風呂上がりのビール、スパークリングワインも美味しかったなあ~

写真 上 美濃戸口 さあ行くぞ~
写真 中 素敵な二人組 キュートですっ
写真 下 キツイ登りもみんなで登れば平気
 

2018  78期 夏の山旅 in 八ヶ岳 その1

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 9月 4日(火)22時15分13秒
編集済
  こんばんは 残暑厳しい毎日、みなさんいかがお過ごしでしょうか
78期登山隊広報担当福丸です

今年も78期登山隊に参加させていただき、夢のような非日常を味わうことができました
なるべく、その楽しさが伝わるようにご報告させていただきます

一昨年の会津駒ケ岳 昨年の甲斐駒ケ岳 仙丈ヶ岳を元気いっぱい踏破した78期登山隊が
今回目指したのは昨年、美しき仙丈ヶ岳の山頂から遠くにはっきりとそのカッコイイ姿を
見ることができた八ヶ岳!

8月23日午前11時新宿駅に 福岡 佐賀 宇部 各地から集結したのは
78期 ヒデさん 木下さん 隅田さん 竹村さん 武吉さん 松下さん
79期 博子さん 81期 わたし の精鋭8名

折しも台風19号20号ダブル台風の接近によって、この先どうなるのかなあ~という不安はありましたが、前回も前々回も迫り来る台風をものともせず、何とかかいくぐり、歩き通した78期登山隊ですから、今回も絶対大丈夫!!とあずさ12号に乗り込みました

電車に乗ったらすぐにやはり、そこは乾杯! これが第一回目の乾杯
この後、三泊四日で12回の乾杯‥そのあたりの意思統一は見事なもので、イキぴったりの登山隊であります

茅野駅で下車 酷暑の東京や福岡とは違う、その涼しさにビックリ
1日目のお宿にタクシーで移動し
台風たちも少し西へそれたぞ~直撃はまぬかれたね~山には入れるよ~とかなりウキウキしながら
結成式で乾杯!!
この夜、ちょっぴり飲みすぎた武吉先輩は翌日いつもより少しだけペースが遅くて、後に続く私たちは大変助かりました

写真 上 新宿駅集合
写真 中 あずさ12号乾杯
写真 下 ホテルで結成式


 

夏の北アルプス山旅⑥

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)18時35分54秒
  無事に何とか、わさび平山荘に着きました。
ここで、つめたい冷水で冷やされたトマト(一個200円)を買って、
子どもの頃、よくかじってトマトを食べた経験を思い出しながら、美味しくいただきました。
実は今回の山旅で思わぬ邂逅がありました。
私が、退職した職場での授業協力者であるTさんと、鏡平山荘入口に到着したときに、バッタリと出会いました。
Tさんは、71歳という年齢で、単独で入山して、折立~黒部五郎岳~三俣蓮華岳~双六岳~鏡平山荘まで3泊4日で来られていました。
出会ったとき、お互いに驚き、その元気な姿(私は背筋が痛くてうめいていましたが、)を喜び合いました。
食事の後も4人で山談義を楽しむことができました。
翌朝の下山では同行していただきました。
駐車場に着いたときには私の背筋は再び、痛みがひどくなっていました。
写真を見ると、自分ではまっすぐ立っているつもりですが、左に曲がっているのがよく分かります。
しかし、横のTさんは、何ともなく元気な笑顔を見せてくれています。
この後、4人で駐車場のホタカホテル温泉で汗を流してました。
そして、Tさんを新穂高温泉バスターミナルまで送りました。
Tさんは、この後、東京にバスで行き、息子さんや娘さん、さらに二人のお孫さん
(Tさんとあれこれ話していると、二人目のお孫さんは、なんと私の初孫と同じ誕生日でした。)
と会うということでした。
こうして、40年来の岳友との思い出深い山旅を終えることができました。
 

夏の北アルプス山旅⑤

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)18時13分35秒
編集済
  双六岳後は、双六山荘に向かい、昼食休憩後、さらに鏡平山荘を目指しました。
歩き始めると、小雨が降り始めてきたので、雨具を上だけ身につけました。
弓折岳分岐に着くと、下に鏡平山荘が見え始めてきました。
この頃、私の背筋に痛みを感じ始めてきました。
さらに下り続けると、なんと、谷間にくっきりと色合いが、はっきりした虹が現れてきました。
しかし、残念なことに私の背筋は、歩くにつれて、痛みが激しくなりました。
田中氏には、先に下って宿泊の手続きをしてもらい、廣瀬氏と私は、私の歩きやすいペースにつきあってもらいながら、
鏡平山荘を目指しました。
翌日は4時起床、4時半出発で、最初にわさび平山荘、
さらに新穂高温泉ホタカホテル(駐車料金一日1000円)を目指しました。
 

夏の北アルプス山旅④

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)18時03分18秒
  その後、鷲羽岳稜線を下って三俣山荘前で休憩をしました。
ここは、水は自由にもらうことができましたが、一口飲むと、「うん!?」と思う味がしたので、
さらに先にある水場でペットボトルに入れ直しました。
休憩後は三俣分岐、さらに三俣蓮華岳を目指しました。
この頃から、台風の影響か、風が強くなり始めてきました。
巻道に迂回するか、このまま、稜線を歩き、双六岳に行くか検討して、次の巻道分岐までは行ってみようとなりました。
風は強いものの、天候の悪化はないようでしたので、そのまま稜線を歩き、双六岳山頂を目指しました。
 

夏の北アルプス山旅③

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)17時52分36秒
  3日目は、4時起床、4時半朝食、5時出発で最初にワリモ岳から鷲羽岳を目指しました。
次第に陽が昇り始めると、周囲の雄大な景色も見え始めました。
ふと、右斜面を見ると、なんと、ブロッケン現象が現れていることに気がつきました。
すぐに大きな声で二人に知らせました。
さらに上部を上っていた登山者も下ってきて、その不思議な神々しい現象に歓喜の声を上げながら、
しばらく、堪能しました。
そして、さらに鷲羽岳山頂を目指しました。
山頂からは、ブロッケン現象に約束されたかのように360度の大パノラマを観ることができました。
二枚目は、撮影をしてくださった方が、気を利かせて、鷲羽岳道標ダイヤモンド風に撮ってくれました。
三枚目は、鷲羽岳山頂を少し下ったら観れる鷲羽池と槍ヶ岳~穂高連峰です。
今回、この大パノラマを期待していました。
 

夏の北アルプス山旅②

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)17時27分49秒
  入山二日目は、最初に双六池及び双六山荘を目指しました。
ここからは直接、双六岳ルート、中間迂回路ルート、巻道ルートに分かれます。
行きは天候の悪化を考え、最短の巻道ルートを歩きました。
三俣山荘手前から黒部川源流まで40分ほど沢沿いに下り、黒部川源流から岩苔乗越まで、沢沿いに上り詰めました。
この時は近くに清流が流れていましたが、暑くて暑くて、かなりしんどい登りとなりました。
1時間ほどの登りで岩苔乗越到着。
さらにトラバース気味に50分ほど歩くと北アルプス最深部の水晶小屋に着きました。
宿泊手続きをすると、一つの布団に二人とのことで、「う~ん、まいった。」と思いつつも、ザックをデポして、軽量ザックで水晶岳を目指しました。
山頂では、青森県からの登山者と出会い、お互いに出身県を名乗り、大いに話が盛り上がりました。
 

夏の北アルプス山旅①

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2018年 8月11日(土)17時14分23秒
編集済
  8月5日~9日に松健の後輩である田中氏と廣瀬氏と私の3人で山中3泊4日の山旅に行きました。
5日(日)新門司港~フェリー(泊)
6日(月)大阪港~新穂高温泉ホタカホテル駐車場(駐車場一日1000円)~わさび平山荘~鏡平山荘(泊)
7日(火)鏡平山荘~双六~三俣~黒部川源流~岩苔乗越~水晶小屋~水晶岳(往復)~水晶小屋(泊)
8日(水)水晶小屋~ワリモ岳~鷲羽岳~三俣~三俣蓮華岳~双六岳~双六~鏡平山荘(泊)
9日(木)鏡平山荘~わさび平山荘~新穂高温泉ホタカホテル駐車場~高速道路にて帰宅
台風13号の進路が心配でしたが、幸い、さしたる影響を受けることなく予定どおり歩けました。
初日、鏡平山荘までの登りで頭から水をかぶったように汗まみれになりましたが、山荘の乾燥室で完璧に乾かすことができました。
これは実にありがたいことでした
 

第二回NSS夏フェスのお知らせ

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2018年 8月 9日(木)22時04分27秒
  暑い夏、みなさんいかがお過ごしですか
昨年から始まったイベント夏フェスのご案内です

日時  8月15日 水曜日
    18時スタート
場所  イムズ屋上ビアガーデン
会費  3800円 2時間飲み放題

昨年もとても楽しかったです
参加できる方は
このたまり場やLINE、電話、メールなどでお知らせください
楽しく飲んで食べて語り合って、暑さを吹き飛ばしましょう!
 

レンタル掲示板
/71