teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:266/291 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Naniwa Exp / 京都RAG 東原力哉 5 Days 最終日

 投稿者:コロンボ - 2008/09/16  投稿日:2009年 3月 8日(日)19時43分18秒
  通報 返信・引用
  会場にてお会いしました皆様、どうもどうもです。
いやー、初めて見た4人のナニワ、凄かったです。
4人だからということよりも、Naniwa Expとしての深化を感じました。
個々の音がより楽しんでいるように聴こえ、またそれゆえによりライブな感じがしました。
って、ライブなんですけど。やっぱりナニワはライブバンドですね!
そして演奏は、凄かったというのと同時に、とても「良かった」です。
単に凄腕ミュージシャンが集まっただけではない、長年一緒にやってきたメンバーならではのスリルと優しさ、みたいなものを感じました。

Oriental Makin' Loveで始まったライブは、中村建治さんのショルダーキーボードで客席乱入、聴衆に鍵盤を弾かせて、いきなりヒートアップ。
9拍子のSpotでの力哉さんのソロ。
2部のオープニングでは、ゲスト参加でLady of Toredoを初めてライブで聴けました。
安達久美さん乱入でKazubonシェクターでソロ弾いたり。

本番前に少しだけお邪魔して、Kazubon楽器&機材チェックもさせてもらいましたが、個人的に目が行ったのは、ヒュース&ケトナーのアンプヘッドx2と、スピーカー(セレッション2発)x2のステレオアウト。
ヒュース&ケトナーは、何年か前に楽器屋で見て、ブルーに光るロゴとそびえ立つ真空管に、かっこいい~!と思ってたのですが、それをKazubon使用しておられました。
なんせすごいパワーを感じましたが、一観客としては、あのルックスに萌え(燃え?)ました。めちゃかっこええです。
機材関係は、またこのサイトか、YouTubeを使ってご紹介します。
ちょっと来週いっぱいまで身動きとれないので、再来週以降にご案内致します。
いやー、よかったです!
 
 
》記事一覧表示

新着順:266/291 《前のページ | 次のページ》
/291