teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


売りたし!

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月25日(金)23時19分41秒
返信・引用
  価格応談
8勝した車両と、3勝したライダーの車両!
出来れば、銀色バイク店主様が買い取って貰えれば良いのですが・・・。
 
 

補足について

 投稿者:銀色  投稿日:2016年11月22日(火)18時39分38秒
返信・引用
  各位 性急に決定事項だけを発表することになってしまって、説明不足でご迷惑をお掛けしています。
改めまして、経緯とその理由、目的を伝えさせていただきます。
週明けにはこちらの板を用いまして追補説明をさせて頂く予定です。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

九州・中国ST125運営委員会代表:ウエノR&D、銀色バイク
 

なるほど・・・。2

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月22日(火)12時03分40秒
返信・引用
  九州中国ST-125は、生涯レースを基本概念で始まったレースと記憶していますが・・・。
今回のレギュレーション変更で、確実にエントラントが減少します。
基本、レギュレーション変更をする場合(性能調整含む)前もってエントラントに説明が有るのが常識ですが(2輪・4輪含め、全てのレースカテゴリーにおいて)
はい、来年はこのレギュレーション行きます!???
ERF-125って、そんなに速い車両ですか?
何年もかけて、試行錯誤しながら新型車両に対抗すべく、セットアップを重ねて来たところ、ERF-125を排除するようなレギュレーション変更・・・。
あるエントラントは、このレギュレーションなら、来年から参戦出来ません・・・。と、言われたので、そのエントラントの気持ちに鑑み、参戦撤退の思いになっています。(T_T)
全てのエントラントが、納得いく説明を望んでいると思います。

銀色バイク店主様が決められた事なので、私共底辺のライダーの意見など聞いてもらえませんと思いますが、このレギュレーションなら、参戦出来ないエントラントがいるといゆう事を、考慮して頂きたいと思います。

御自愛ください。
 

すみません。単純に喜んでいました。

 投稿者:シロカワ  投稿日:2016年11月22日(火)10時22分57秒
返信・引用
  自分は想像力が欠如していました。
なかなか難しいんでしょうね。
みなさんが納得のいくようにというのは。(これから、参加されるかもしれないライダーも含めて)
もともと、ERF-125からはじまったというのもあるでしょうし。
”FI車にも、適用”ではだめなんでしょうか?
個人的には、現状かわりませんが。
参戦中のライダーが撤退することなく新規ライダーが増えて、
ST125が盛り上がっていくことを切に願います。
 

なるほど・・・。

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年11月21日(月)22時43分50秒
返信・引用
  ERF-125で、九州中国ST-125に参戦されてこられた選手の皆さん!
このレギュレーション変更は、参戦車両を新型に買い換えて下さい!ということだと思います。
何とかやり繰りしながら車両を制作し、ERF-125で参戦を続けてきた選手の皆さんに、煮え湯を飲ませるような、レギュレーション変更・・・。
新型車両は、大歓迎!
ERF-125にだけ適用???

SP忠男広島RTは、このレギュレーション変更に反対します!
このままだと、チーム員及び関係者を含め、九州中国ST-125から全面撤退しようと思います。
 

ま、まじすか!!

 投稿者:k古賀選手  投稿日:2016年11月18日(金)23時01分39秒
返信・引用
  これは何かの陰謀でしょうか?!  

2017車両規則変更について

 投稿者:銀色  投稿日:2016年11月18日(金)11時59分16秒
返信・引用
  「九州・中国ST125」エントラント並びに関係者各位

2016シーズンも早々に終わってしまいましたが、みなさま年末に向けてお忙しい日々を過ごしておられるかと存じます。
来期以降もよろしくお願い申し上げます。

さてその来期ですが、今後いっそうの同カテゴリーST125の発展を鑑み車両規則の一部変更をお知らせいたします。
施行は2017シーズン開幕戦からとなります。



<車両規則の変更点について>

*ERF125ベースの車両において以下2点パーツの標準的な装着が必須義務となります。

(1)純正部品エアボックス(フタ含む)、純正部品エアクリーナーエレメント(ペーパー部は加工不可)
   (パーツリストF-17中のパーツナンバー10,13,14を除く全てが純正であること)

  吸気ファンネルの加工は旧来より不可としていましたので、エアボックスからキャブレターに至る構造が完全ノーマルであることが必要です。
  同時にエアボックスの加工(穴あけなど)も不可となります。


(2)純正CDIユニット

  レーシングタイプの使用が不可となり、純正CDIユニットによるレブリミット上限が11,500rpmとなります。
   (パーツリストF-27中のパーツナンバー、2のみ対象)



添付のパーツリストをご参照の上、必要部品がありましたらお早めにご手配、または銀色バイクまでお申し付けください。
なお、来期レース前に合同テスト日日程を設けますのでセットアップにお役立てください。


九州・中国ST125運営委員会代表:ウエノR&D、銀色バイク


 

(無題)

 投稿者:♯77  投稿日:2016年10月 5日(水)21時26分13秒
返信・引用
  レポート4   記録より記憶のチームIKD Bチーム編集

Bチーム ♯77 T編集
技術解説 チームIKD リーダーI氏

「絶対定則、正確無比! 常時噛み合い式の運命歯車・・・・・シフトミス」

 -前日 土曜日-
エンジンオイルを交換してプラグも交換。
エブリー君に昼飯をおなかいっぱいご馳走したら、いざ熊本へ♪
そんな事をしていたら、すでにお昼を過ぎていました。

出発 「ぼろろろろぉぉぉぉぉ~ん  がちゃぁぁぁぁぁんん☆」

T 「・・・・・へ???」

T 「・・・・・イタタ。」

何が起こったかわからず車を降りると・・・・・後ろに軽四が刺さっとる。

T 「まあ、珍しい」

事故られちゃいました。
瞬間、なんか白っぽいものが見えた気が。
幸い、中の荷物もバイクも無事そう、車もなんとか自走できそう。
事故処理に小一時間ほどかかり、まだ出発もしてないのにすでに熱中症ぎみです。
沿道を歩くトコトコ散歩中の黒猫がかわいい。

熊本への道中、思案にふける自分。

T 「うーむ、まずった。 準備は2日前までに終わらせとけってリーダーにいつも言われてるんだった。」

自分家から下関ICまでは上でも下でも時間的にあまり変わらないので下で行くと昼を回ってたので渋滞。

T 「うーむ、まずった!」

なんとなく渋滞にのって流されてると、関門海峡の底で超徐行、インター乗り口過ぎてた。

T 「うーむ、まずった(怒)」

21時前に菊池の町に到着すると辺りはすでに暗く、被災・復興状況は確認できず。
後藤温泉でおばちゃん達に話を伺うと、「ご心配かけました、この辺はたいしたことなかったんですよ」だって。
晩飯に近くのマックでハンバーガーふたつ。
マックも普通に営業中でなんだかちょっとうれしい♪
ついでに隣のソフトバンクに入ろう♪ ソフトバンクも超輝いてるよ♪
中に入ろうとドアの前に立った瞬間、そのタイミングで店舗の電気がシャットダウン。

T 「・・・・・」

ポツンと暗がりに一人たたずむ。

T 「あー、いと寂し。」

-レース当日 日曜日-
6時半に起床、・・・・・もっかい寝よ。
と思ったら渡壁先輩からモーニングコール、しゃーない起きるか。
HSRまで早朝ドライブ、ほんとに震災の色は見えません♪
だけど、話には聞いていたけどHSRのピットが全撤去されてました。
なんだかちょっと寂しい気分でバイクのメンテ開始。
新品チェーンに交換して前々回のナチュラセットからHSRセットに変更。
タイヤの空気圧だけはナチュラで好感触だった F1.5 R1.5で。
そんな折りにちょっとした奇跡が起きました。
Fブレーキローターを2度ほど締め直すとまさか!!!

T 「んん? おや? あれれー、ローターの歪みが直ってるじゃんか?」

歪みが勝手に直ってました。歪んだときもこけても無いのに歪んでたんだけど。
うーん、サーキットでは不思議なことが起こるもんですね。
そんでもってフロントもリアも超まわる♪ こりゃー、ちょっともしかしてかもよ?
練習走行でチェーンの慣らしをかねて、いつもどおりエンジンをぶん回してみる。

T 「あらら、なんで? 回るけどパワーが出てない? それに切り返しがやたらと重い・・・」

程なく練習終了、予選開始。
浜辺さんに 「スタ前はもっと前のほうで並んどけ!」って活をいただいたので、気合を入れて一番前に。
さー、熱い時間がやってきた、とても暑い時間でした。
?狂気の2レース・2会場掛け持ち、上野さん待ちでライダーの皆さんオーバーヒート。(ドリームカップの進行が早まったせいらしい)
遅れちゃった、テヘッ♪ っと上野さん到着で予選スタートです。
空気圧は F1.75 R1.8に戻して走行開始。
切り返しは軽いしさっきよりは転がるんだけど、やっぱりなんだかパワー感が無い。
いいところ無く予選は終了、決勝までは3時間、気分転換にドライブ(昼飯買いに)行こ♪
ドライブ中に暗めのブラウンカラーのジャガーとすれ違い、車内の二人組みがいかにも悪そうだった。
なんだか藤原さんのジャガーに似てるけど色が違う。
遠目にグレーに見えていたジャガー、近づくにつれてブラウンに、通り過ぎるときにはグリーンだった・・・・・

・・・・・

グラサン姿の藤原さんと酒井さんだった・・・・・

・・・・・なんとなく気をつけようと思った。
昼飯と、なんとなく気がついたバックランプ・テールランプ切れの電球を買いHSRに戻る。
戻って昼飯タイム&しばしの談笑。
午前中はいつもどおりドタバタしてたのでほっと一息。

浜辺 「三味線弾いてんじゃねー!」
T 「いやいや、自分なんてこんなもんです(単独走行ではほんとにこんなもん)」
澤本 「ハハッ♪ なんかはみ出して土の上走りよったじゃん (笑)」
T 「あはははは♪ (怒)」
金原 「やめてよ、決勝でガーンと出てくるの」
T 「いやー、どうですかねー?」
I氏(電話) 「プップップップ、おかけになったお電話は電波の届かない所に・・・・・」
山中マネ 「もう準備はOK? 忘れもん無い?」
T 「あとはガス入れてチェーンを張り直すだけっす」
今日は、余裕を持ってレースに臨めそうです。
と思ってたら・・・

ニッコリ坂井 「みんなー♪ 20分巻きじゃからねー♪」

 一同 「うそー!!!」

澤本 「えっ! 今、何のレースしよー?」
山中マネ 「えーっと・・・・・、次のレース、125???」
T 「ひい・ふう・みい・・・、うん次っすね」

 一同 「ぎゃー!!!」

みんなあわてて準備開始、自分も急いで準備。
うちの子(バイク)も T も超スロースターターなので、準備運動だけ入念にして燃料タンクと自分に水をかけ準備完了、結局ドタバタだった。

サイティングララップ、ウォームアップラップともに水温を上げないように流して走行、水温はジャスト60度、やれることはやったのであとは頑張って走るだけ!
シグナル消灯 スタぁトぉぉぉ~♪

クラッチをつないで見ると・・・、おお~!!!
さっきまでが嘘のようにパワー感がある! なんで?と考える暇も無く1コーナーと金原さんが迫ってきた。
そして2コーナー。
T 「あら? 3位?」
そして3コーナーでかなり無茶な曲がり方をされた上野さんが4コーナーで失速。
T 「おお! 2位になっちゃった。」
軽くパニクってると、お師匠さんの声が聞こえたような。

雲の上のI氏 「うーしーろーを、ふーりーむーくーなー」

3週ぐらいは、ただひたすら全力で走ってました。
そしてまた、あの声が。

雲の上でI氏 「しーちゅーえーしょんをーくーみーたーてーてー れーすーをーはーこーぶーのーじゃー」

中盤は浜辺さんと上野さんを観察しながら自分の良いとこ、悪いとこを考えてどうやったら抜けるだろ?と考える。
自分にとってのホームコース、HSRなら何でも出来ちゃいそうな気がします。

しかし、真後ろから見た 浜辺、上野両先輩のバトルは壮絶絶句です。
直線でアウトいっぱいのラインを走る浜辺さんの後ろにぴたりとつける上野号。
半車線以下のアウト側の隙間にフロントをねじ込んで存在感をアピールすると、ひじで強引に割り込んでいく。
浜辺さんが1/4車線だけ車間を譲る、それでも1車線分は開いていないそのアウト側ラインに上野ドリルが唸りをあげて突き進む!
とにかくそこら中で当たりながらポジション争奪戦してるんだけど、とてもフェアでクリーンな印象だった。
まるで先読みしあう達人同士の演武みたい。
凄い、場数が違うなと思った、「あれ」は自分じゃあどう考えてもできないしどうにもできない、どうしようもない、「あれ」に自分が巻き込まれたら大変な事になるに違いない。
そして早い周回で前に出ても逃げ切るのは絶対に無理だと思い、いつもの「後半バトって2人が失速したとこをこっそりパワー任せに前に出て自分のライディングを解析される前にチェッカーまでたどりつく作戦!」を立案。
パッシングポイントは裏ストレートエンドと決めて、終盤に何度かその練習をしてみました。

T 「ふむふむ、おおー、やばいっすよリーダー、まじで行けるかもしれませぬ♪」

少なからず手ごたえがあったし、何よりうちの子絶好調で車体が転がってる、午前中が嘘みたい(古いガソリン抜くの忘れてた)。そして前の2人は白熱のバトルで自分の存在に気づいてない?

8週目にチャンス到来!

シケインから立ち上がって高速コーナー、上り坂でぎゅーん!と追いついた。

T 「ぎゅぎゅぎゅーん! おおー! 抜ーけたぁぁぁぁぁ!!!」

トップに立ったらもっと狂喜乱舞して自滅するかと自分でも思ってた。でも、意外と冷静でいられた。
自分なりにレースを組み立てて走れてたからでしょうか。

最終コーナーを回ってコントロールラインを1位で通過。

T 「フラッグ、フラッグをぉぉぉぉぉ」

と念じてみるも9週目では振ってもらえず。

T 「あー、やっぱりまだ1週あるんか(ガックシ)」

変にブロックラインを取っても自分の場合リズムを崩して自滅するだけなので、ひたすら一生懸命走る事に専念。

一生懸命に走って、最終コーナーを抜けて、タンクにベタ伏せで走ってると、つ、ついに念願のチェッカーフラッグが、夢にまで見・・・てないけどそれぐらいうれしいチェックの旗がはためいてた♪
だけど、なんだかよくわからなかったからしばらくはフル加速を続けてみる。

T 「勝った・・・・・よね?」

走行中、初めての後方確認。上野さんも浜辺さんもなんだか悔しがってる。・・・・・やたっ♪

レース後に初ウイニングラン。
上野さん、握手してくれた。
あれ、浜辺さんがいない・・・ 「げふぅっ!」 死角からどつかれた。
坂田さん(だったと思う)、握手をー♪ ・・・拒否られた。
さらにお立ち台でシャンパンファイト。
上野さんと浜辺さんに思いっきり甘ーいシャンパンをかけられる。
そして、はしゃいだおふたりのシャンパンが浜辺さんのツナギにかかり怒られた。

浜辺 「ツナギにかけるなーつったろーが!!!」
T 「すんません・・・ (うーむ、なーんかおかしいなー・・・)」

この日が誕生日のリーダにも報告の電話を。

T 「やりましたー♪ チームイケダの旗をあげましたー。これ、最高の誕生日プレゼントでしょ♪」
I氏 「気持ち悪る、家族かよ!」

参加されていた皆さん、その他の皆さんのおかげで優勝できました~♪
今回は、良い事も悪いことも、いろんなことがあって、とてもしんどい旅でした。
出来過ぎな偶然が少なからず重なってる気がするようなしないような。

そして、おまけのオチがもうひとつ。
帰りの道中、仮眠のつもりが3時間爆睡してしまい下関ICにたどりついたのが1時過ぎ。
深夜の下関をヨロヨロフラフラ運転していると、まあ当然のように彼らがやって来ますよね。

K 「運転手さん、サイレン鳴らしたけど聞こえんかったの!」
T 「うん、聞こえんかった」
K 「・・・・・」

ちなみに、何も悪いことはしてないので、程なく無事に釈放となりました。
 

合同テスト・イベントのご案内

 投稿者:銀色  投稿日:2016年10月 5日(水)17時28分6秒
返信・引用
  エントラント各位
先にお伝えしました10月23日(日)開催予定の「九州・中国ST125」合同テスト、場合によってはエキシビションレースを含むイベントにおきまして、
およその参加予定人数を把握したいと思っております。
ご都合等によるドタキャンOKですので、現時点で「行けると思うよ」というかたはST125事務局までお知らせください。
もちろん入退出はご自由。9時ころ集合、特にタイムスケジュールを設けず天候等の状況を見て15時ころまで終日計1時間以上のコーステストが可能予定です。

選手権の枠を超えた目新しい企画も考えています。
まずは「行けるかもよ」連絡をお願い致します。
 

新型車両・・・

 投稿者:風人  投稿日:2016年10月 4日(火)21時39分29秒
返信・引用
  スズキがGSX-R125を発表したみたいですね~
私的にはこの形、結構好きですw

国内販売するのかな?
誰か買って下さい!
 

最終戦

 投稿者:#62 朝永  投稿日:2016年10月 3日(月)22時53分17秒
返信・引用
  今回は自分の予想を上回る事が出来、良い週末でした。

先月、私の車体で耐久レースへ出走しました(実戦テストの位置づけでした)、その時のペアライダーと協議し、少々”ヤリすぎ?”と思える変更(ポジション・ファイナル等)をしました。
これが”実戦向き”と言えるのか、私の現在の欠点を僅かにですが補ってくれまして、フリー走行の時点でベストラップ更新となりました。

予選、ちょっと前走者に引っかかり、後追いできず(え!ダメですか?(笑))単独走行ではベストに届かずですが自分的には良いタイム♪

単独では最高速が少々伸びないと感じていましたが、#22森長選手いわく”車体が速い”とのお言葉・・・勝手に信じて変更無しで決勝へ♪

決勝は、変更したファイナルのお陰か良いスタート!#8澤本選手の後ろへと付けました!
流石に自分の走りでは長く付いて行けませんでしたが、トップグループの走りを垣間見れ良かったです。
その後は、私のいやらしいブロックを破られ(笑)#22森長選手に先行を許し、最終コーナーでは無駄な足掻きも封じられ(泣)森長選手には逃げられてしまいました、その後ペースアップ出来ずにいた所最終ラップに#16岡部選手にパスされてしまい結局は予選の順位(泣)

自分では色々とミスをした決勝と思っていましたがタイム的にはまぁまぁ良し・・・
新たなテーマも発見し、来シーズンに向け良い経験になった最終戦でした。


今年も皆さんに大変お世話になりました!
来シーズンもお世話になります!
 

最終戦?

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年 9月28日(水)22時04分44秒
返信・引用
  う~ん…、なんだかな…。
HSR九州戦は半年ぶり、前日練習は無し…。
まずは、15分のフリー走行。
コースが全面舗装されて、凄く走りやすくてタイムが出そう♪
1分30秒1が出て終了…。
あれ?29秒台が出てると思ってたけと…。(^_^ゞ
今回のレース、ST-125は最後になっているので、セッティング変更の時間があったけど、変更せずに予選へ!
前半は単独走行でタイムアタック♪
後半、坂田選手に追い付くも、今一?の坂田選手に付き合わされて、1分30秒0しか出ず…終了。
とりあえず、ポールポジションだったので一安心…。
2番手は、上野選手!
0.7秒差をつけていたので、決勝レースはブッチギってやる♪と思い決勝レースのグリットへ♪
決勝レースがスタート♪
とりあえず、ホールショット♪
2周目の裏ストレートで、上野選手が並んでくる…。
今回のレースは、逃げるのは無理かな?
作戦変更?とりあえず、抜かれても前に出て行こう♪
10周目まで、上野選手と抜きつ抜かれつの大バトル♪
ところが、11周目の裏ストレートで田中選手がトップに…。(*_*;
ラストラップのストレートで後ろを見ると、金原選手と坂田選手、澤本選手が後ろに…。(@_@)
ラストラップ、頑張ってプッシュするも抜くことが出来ず、3位でチェッカー…。
???なレース…。
田中選手、初優勝おめでとう♪
まっ、楽しかったから良いやって感じ♪(^_^ゞ

昨年は全勝でチャンピオン、今年は3勝2敗…。

なんとか、今年もチャンピオンになれました♪(^_^)v

来年も、参戦出来れば頑張ります♪
岡崎さん、関係者の皆様、今年も大変お世話になりました♪m(__)m        
 

レポート

 投稿者:#22森長  投稿日:2016年 9月27日(火)04時49分26秒
返信・引用 編集済
  最終戦 HSR

今回は、前日の岡山国際全日本観戦からの熊本へ弾丸ツアー( ´△`)

23:00時に自宅を出発して4:00頃到着し、しばし仮眠(^-^;
6:40頃ゲートオープン前ですが、多分開いてるだろうと向かうと、流石HSR開いてました(^^)
着くと震災の影響でピットが無く、仮設テントピット群が。
既に到着されてた朝永さんとしばし談話(=^ェ^=)
しばらくすると皆さん到着されて、準備開始。

今回はタイムスケジュールに余裕があるので、体的には助かりました(*´-`)

そして公式練習。
今回、実験でマフラーのバッフル抜いて走ってみる。
アレレ( ̄▽ ̄;)
バックストレートの坂登りません(  TДT)
ベストの3秒落ちって、、、これはマズイやめよう(^-^;
予選に向けてバッフルを戻し、ファイルを金原さんのアドバイス(ありがとうございます!)で2丁ロングに。
時間が経ち、予選へ
坂登ります(°▽°)
ベストの1.2秒落ちのマズマズのタイムで、7番手。

決勝までの時間が長く、皆さん待ちぼうけ( ̄0 ̄)

すると、浜辺さんが何やら他のバイクにカッティングシールを貼って回ってる(=^ェ^=)

よく見ると自分のバイクにも、広島忠男の爆弾ステッカーが(///ω///)♪
ありがとうございます!

HSRの方々が巻いて巻いて進行されたお陰で、20分前倒しで決勝へ。

グリッドに付き用意ドン!
あ、ヤラカシタ( ´△`)
クラッチミートミスって回転数落ちスタート大失敗(  TT)
1コーナーまでに朝永さんに抜かれ8番手に。
バックストレートでスリップに付くも、スピードがのびない。。。

そうこうしてる内に、トップ6がどんどん離れて行く。
ドウニカ抜かねば(*_*)

直線スピードでは、朝永号には勝てないので、バックストレート後のヘアピンでインに飛び込む!
何とか7番手に復帰。
最終コーナーまでに朝永さんに並びかけられるが、イン側塞いで何とか死守(°▽°)
パスするまでに4周位かかり、前方は遥か彼方( ´△`)

その後は、一人旅。。。

前方の楽しそうなバトルを、横目で見つつペースアップ図るが、ベストタイムも出ず終了(^-^;

トップ6には、もっとタイムアップしないと全く敵いませんね( T_T)

田中君、優勝おめでとう!

当初目標のチャレンジクラス年間チャンピオンにやっとなり、来年からはマイスタークラスに昇格して頂きました(* ̄∇ ̄)

マイスタークラスの皆さんと絡めるレースが出来る様にこれからも頑張ります!

1年間、皆様お疲れ様でした。
また来年もよろしくお願い致します!
 

雨のナチュラ戦

 投稿者:#41 K原  投稿日:2016年 9月14日(水)12時42分9秒
返信・引用
  いつもながら遅いレポートです。

さてさて、今回もなんと雨。。。
まあ、覚悟はしてたんで、前回は気分ものらず、ダメダメだったんで今回は頑張ろうと気合を入れていきました!
なんとか、練習、予選とも3位につけることはできましたが、上位2台は別格ですね(ー_ー)!!
全くついていける気がしません。
ちなみに私、予選の最後にコケました。。。

なんとか表彰台は確保するべくさて決勝へ!
スタートはなんとか決まりましたが、やはりその後はまったくついていけず^^;
そして森長選手にも抜かれ、あ~、4位になってもうたと思った3週目の7コーナーで事件が!!!
トップ2台が転倒しているじゃあ~りませんか!!
その隙をついて、森長選手がインからかわしていったんで、俺もインから、と思ったところに浜辺監督が立ち上がりGO!!
あ~、ぶつかる~、ドンッ!!
すいません、横からぶつかりました^^;

借り物競争のようなシチュエーションで、誰がここから一番に復帰していくのっていう感じでしたが、私はかろうじてこけてはいなかったんで復帰!
この時点で4位かな?
そして、渡壁選手をかわし3位に浮上!前には初参加の平田選手が。
抜けるかな~と思いましたが、自分もこれ以上は無理かなと。。。

そして、なんと、池田選手と浜辺選手の怒涛の追い上げ。はやいよあなた達~(゜-゜)

あっという間に抜かれ5位、最後の最後に平田選手がこけて4位になれました!!

やっぱり雨はいやじゃな。。。

スタートからドタバタまでの動画貼り付けましたのでお楽しみください!!

ナチュラな皆様お疲れ様でした~。。。

https://youtu.be/dEBfy2zEAKk

 

2016 ST125シリーズ戦について

 投稿者:ST125運営委員会  投稿日:2016年 9月 8日(木)17時12分56秒
返信・引用
  HP上で第7戦が未定と表示されていましたが、検討の結果次戦9月25日HSR戦を今年度の最終戦とし、同日レース終了後年間表彰式を行うこととなりました。

最終戦後は出走可能なレースをエントラントの皆様に提示する予定となっています。

ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

http://st125.com

 

初参戦は…

 投稿者:新人#94平田  投稿日:2016年 9月 3日(土)00時05分22秒
返信・引用
  MBF監督に背中を押され、参戦が決まった初めての4サイクルマシンでのレース。

とりあえずの事前練習で慣れようとするもさっぱりわからず。
ほぼぶっつけ本番で当日を迎える。

当日は予報通り雨…コースもよく解んない、バイクも同じく。
しかし、冷静に考えてみるとセッティングは考えなくていいし、スローペースでならコースなんとなくわかるでしょうと練習1本目、思いのほか乗りやすくて安心。
だが、皆様のタイムはさすがに良いようで…もう少し攻めないとまずい。

迎えた2本目、誰かの後ろに一瞬でも憑いて行こうという方針で、いいトコ頂きつつ少しタイムアップ。

転倒も多く周りはてんわやんわな雰囲気を見て、予選は堅実にこなし、”決勝はタナボタ狙い”といつもやってる方針にて安全に。

そんな流れでもちろん決勝は最後尾、しかし裏を返せば前だけ見てりゃいい展開、苦手ではないスタートに望みを託し決勝に望む。

フラッグが下りスタート!

ありゃ?あんまり上手く行かんかった、やはり最後尾。
トップは見えなくなったけど、前のバイクは見えてるから離されまいと走ってたら、コース上なにやらえらいことになってる。
気が付くとドサクサに紛れ2位になってる、これは頑張らねばと手動ラップタイマーでタイムを確認しつつ前後の距離を確認。
いい感じの距離を保ちつつも残り週回数を数えてなかった事に気付く…後何週かな?なんて思ってたら後ろのバイクがどんどん近くなり~
あっさり抜かれる。
でもせっかくだからと走りを見つつタイムアップを図るもすぐに行方不明。

なんて思ってたら第二波がやって来る。
またしてもあっさり。
今度こそ見逃すまいと思うも遠い彼方へ。

とりあえず走りを参考に最後にベストタイムをと思ってたら、劇的なトップ争いに皆様が釘付けになってる向こうでひっそりとこけてました…

最初から最後まで影の薄~い存在のままで終わってしまいましたが、苦手の雨での攻めての転倒と言うことで自分にとってはいい勉強になるレースとなりました。

ネジ係としてもお役に立てて良かったです。

次があるなら今度はドライで走ってみたいですね。

お相手して頂いた皆様、ありがとうございました。





 

#15 ○壁

 投稿者:渡壁  投稿日:2016年 8月30日(火)14時26分4秒
返信・引用
  第5戦 今年3回目レース

ナチュラサーキット前回引き続き、今回もまた・・・雨
前回 DNFして悔しい思いを、しましたから気合を入れて頑張るぞ
フリー走行1本目6.7番で転倒
シフトべダルに、深刻なダメージ・・・涙
フリー走行2本目同じ所で、またまた転倒
あ・・・心折れた

シフトペダルとタイヤのグリップに、悩まされ
さあ・・・予選そして決勝

決勝スタート第1コーナーへ
フリーで、肩・腰を、転倒で痛めていた為、結構痛い
そんな中周回を、重ねレースも終盤

自分にとって・・あの魔の6.7番で、何台か転倒していたのを、見て頭真っ白
またここで転倒するのではと思い、体が緊張したまま、いつの間にかレース終了

終わってみれば、チャレンジ第2位・・なんとまぁ
結果は、あまり納得が行きませんが、課題が残るレースでした。
今後は、どんな状況でも冷静に、判断が、出来る様頑張ります。
やっぱりドライが・・いいな

森永選手  総合優勝おめでとう御座います。

ナチュラ・関係者の皆様、大変お世話になりました。
 

Rd-5 ナチュラ戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年 8月30日(火)05時01分18秒
返信・引用
  岡崎メカと松田君と3人で、サーキット入り♪
雨が降ってて、ウエットでのレースに!ドライだと、金原選手の一人舞台になりそうなので、一安心?(^_^ゞ
フリー走行の1本目は、余裕ぶっこいて走行せず…。
フリー走行2本目、古見選手の車両で急遽参戦の、池田選手が調子良さそう‥。
予選
今回から、ラップタイマーが付いているので、岡崎メカが出してくれるサインボードとラップタイマーを見ながら走行…。
ラスト3分、2番手だったので、アタックラップ!
ポールをとった♪と思ったので終了…。
ピットに帰ってみたら、0.085秒差で2番手…。(*_*;
ポールは、池田選手!!(゜ロ゜)
こりゃぁ、池田選手と2人でのバトルかな?
決勝レース
池田選手は、スタートが‥‥なので、ホールショットは大丈夫と思ってたら、いざスタートしてみると、池田選手が抜群のスタート!!!(@_@)
1周目は後ろに付いて様子を見て、2周目の5コーナーで、イン側ががら空きだったので、トップに浮上!
よし、ぶっちぎってやるか!えっ…。(゜ロ゜)
気がついたら転倒してた…。(*_*;
池田選手、金原選手、河本選手を巻き添えにしてしまう…。(*_*;
エンジンがかかってたので、ハンドルを無理やり治して、なんとか再スタート…。
チェンジペダルの先が無い、クラッチレバーがプラン×プラン…。
久し振りに、頭が真っ白に‥‥。
とにかく、3位までには上がろうと必死に走行…。
2速と3速だけで走行し、なんとか3位まで浮上しチェッカー…。
私が原因の転倒で、ぐちゃぐちゃなレースにしてしまい、大変申し訳ありませんでした。m(__)m
皆さん、怪我が無くてとりあえずは良かったです。

森長選手、総合優勝おめでとう♪

連勝は、10 でストップ…。
次戦から、再スタートです!
今回のレースも、関係者の皆様、大変お世話になりました。m(__)m
 

レポート

 投稿者:#22森長  投稿日:2016年 8月29日(月)13時14分53秒
返信・引用 編集済
  第5戦ナチュララウンド

天気予報は、朝から雨。。。

ナチュラに着いた時は降ってなかったので、意外に天気もつかなぁと淡い期待をしてましたが、準備してたらポツリポツリ。。。

やっぱりね(´△`)

公式練習が始まる頃には、フルウエット((T_T))

公式練習二本目に、金原さん、浜辺さんに付いて行き雨のベスト更新(^^)

予選はそこそこのタイムで、四番手。

お昼休憩を挟み決勝!

フラッグでスタート!

が、クラッチミートミスって1コーナーまでに五番手に。。。

ヤバイ(;・ω・)

もう1コーナー突っ込んじゃえと無理やりイン(^-^;で何とか四番手復帰。

7コーナー金原さんが一瞬怯んだので、後ろに付き1コーナーでインにダイブ(°▽°)
3番手に上がったが、前方の池田さん浜辺は、かなり前に。。。

2周目の4コーナー立ち上がって走ってると、7コーナー辺りで何か転けた様に一瞬見える??

黄旗出て6コーナーに差し掛かると、7コーナーに2台転がってる(゜〇゜;)

イン側にギリギリ走れるラインがあり通過、、、ナント先頭に(°▽°)

何かの間違いだと思いつつ、1周走って7コーナー見るとシフトペダルやら、散らばってる!!!

まさかの展開に頭の中は混乱σ(^_^;)???

アレ(?_?)このまま行けばまさかの優勝?何てことを考えながら走ってると、ピットロードで風呂本さんと嫁が騒いでる(^-^;

これは転けたら、帰って何言われるか分からないな( ´△`)

ビビってペースが上がらず走ってると、後方から物凄いペースで追い上げてくる池田さんと浜辺さんΣ(゜Д゜)

ヤバイ、ヤバスギル、、、

ラップタイム差と残り周回を計算したら、ギリギリいけるかも(;・ω・)?

だが残り2周の時に真後ろから爆音が(゜〇゜;)

チラッと見ると池田さんが来てる!!!

ラスト一周で抜かれるなぁ。。。と思ってたら、チェッカー(丿 ̄ο ̄)丿?

(電光掲示板の残り周回はトップが通過後に減っていくのを帰ってから、教えて貰った(^-^;)

後の話、池田さん浜辺さん共にシフトペダルが折れた状態だったらしい(゜〇゜;)

何はともあれ、棚ぼた総合優勝してしまいました(///ω///)♪

次戦HSRは晴れると良いなぁ(=^ェ^=)
 

#15

 投稿者:#15  投稿日:2016年 8月29日(月)08時16分35秒
返信・引用
   

第5戦ナチュラ

 投稿者:銀色  投稿日:2016年 8月27日(土)19時21分47秒
返信・引用
  8月28日タイムスケジュール

8時ころまでに集合。

あとは天候見ていつものような感じで~~~~

 

今週はナチュララウンド

 投稿者:銀色  投稿日:2016年 8月23日(火)14時28分51秒
返信・引用
  ST125ライダー、関係者各位

8月28日(日)は今期第5戦となります、ナチュララウンドです。

ルーキーさんもおられますので、よろしくお願い申し上げます。

 

今季初レースINナチュラ

 投稿者:#41 K原  投稿日:2016年 7月25日(月)23時51分36秒
返信・引用
  いつもなかなか筆が進まないかねはらです^^;
今年はなかなか予定が合わなかったり、九州の震災の関係で今季まだ参戦できずにいました。
ナチュラは昨年の雨レースで転倒もあり、ちょっと苦手になったサーキットですが、なんとか克服できるようにいくつかセットも変更し、近場のスポーツランドタマダで練習してから参戦してみました!タマダとレイアウトが似とるけんね~。

練習の甲斐あってか、FP1でいきなりベスト更新!FP2ではなんと40秒9で40秒台突入!!
そして予選で40秒8でポール!!!
あれ!?なかなかいけんじゃね?と自分的にはもうかなりの満足感で、レースが終わってもいいような気もしてました^^

そして決勝を迎えようとした午後から雨。しかもどしゃぶり^^;
もうね、帰ろうかと思いましたよ。。。
雨は去年、転倒~脳震盪があったんでね~。。。やだやだ、こけたくない。。。

みんなでポケモンGOのごとく、スマホの雨雲レーダーとにらめっこしてましたが、やっぱり雨。。。

正直、気が乗らない中でスタート!
もうね、水溜り、いや、池がたくさんできてるんですよヽ(´Д`ヽ)
そこに突っ込んでいく勇気が僕には足りませんでした。
みんなスゲーよ!!!ガンガン行くんだから!!
決勝中の解説はみなさんがしてくれているので、もう書きません( ;´Д`)

終わってみれば、7位。トホホ。。。

次回はドライで走りたいっすね。てるてる坊主は忘れずに持って行こうと決めました。

ナチュラなみなさん、お疲れ様でした!!

http://yzf-r125.blogspot.jp/

 

(無題)

 投稿者:#20○堀  投稿日:2016年 7月25日(月)19時17分52秒
返信・引用
  今回のレースは誕生日レースということでいつもより大分気合が入っていました。
が、やる気はあるものの結果が伴いません,,,
FP1、2、予選、と少しずつタイムを伸ばすも決勝のグリッドは8番手となり、「厳しいレースになりそうだな~」と考えていた所、雨が降り出します。
ウェットなんて全然走ったことないけど大丈夫なのかこれ...と弱気になりそうですが、堪えて急遽出来たFP3?を走行します。
FP3?の結果を見て、んーよくわからん、参考にならないな、というのが感想。とにかく決勝で頑張るしかなさそう。
スタートはお師匠の教えの通りにやると決めていたので意外と不安は無かったですが、
よくよく考えるとウェットという状況を考えるべきだったかもしれません...
アクセル全開でフラッグが降りると同時にクラッチを一気に繋いでスタート!
フロントが浮いて少し躊躇いますが、かまわずアクセルON!
後で振り返ってみて後輪滑ってこけてたらヤバカッタカモ、と思いましたが意外とイケルものですね。
序盤の展開はなんだかゴチャゴチャしててよく覚えてません。記憶にあるのは、前がクリアになってから(笑)
しばらく走って(4,5週目ぐらい?)転倒から復帰したS本選手に追いつかれて何度か並ばれますが、ここで抜かれるとM永選手の前に出られるか怪しいと考え思い切った走りを心がけます。
あーだこーだしてる内にM永選手に追いつきバトル開始♪
後ろに付いたの事に気づかれたのか中々INを空けてくれませんでしたが、裏ストレートの立ち上がりで並び5コーナーでM永選手をパス。
それからは後ろを気にしつつ何事も無くゴール。

結果だけみれば総合4位と過去最高順位でしたが、力量不足を痛感する場面が多くありました。
初めてのウェットレースでがっつり楽しめたので良かったです♪
次回も頑張ります!
 

Rd-4ナチュラ

 投稿者:#8さわもと  投稿日:2016年 7月19日(火)01時15分31秒
返信・引用
  遅ればせながらナチュラのレポートを。
レース当日朝、雨のレースを覚悟してナチュラへ。
予想に反して良い天気です。
午前のフリー走行は41秒台を目指して走行します。
単独走行では全くタイムが出ず、浜辺さんに引っ張ってもらいます。
マシンは走ってますが最終コーナーからメインストレートがとても遅いことが判明…。
なんとか41秒台に入れてフリー走行終了。
予選前にフロントサスのセットを変えて予選タイムアタックします。
41.3、3番手にて終了。
現状ではまあまあと思ってましたがPPの金原さんは40.8秒出しちゃってます…。
決勝は上の二人に引っ張ってもらって自己ベスト更新、棚ぼた優勝を密かに狙います。
しかし決勝直前の雨で決勝はウェットレース確定です。
心が折れそうですがなんとか持ちこたえ決勝前急きょ設定されたフリー走行を走ります。
コーナーは無理せずメリハリのある走りを心掛けますが藤本さんにものすごい勢いで抜かれて走行終了。
で、いざ決勝へ!
コースインすると3コーナー、5コーナーは完全に水没して走れるところは大外のラインのみ。
ウォームアップラップで皆さんのラインを見るとやはり外を回ってます。
ここで勝負をかけてインベタの最短ラインを走ることを決断。
決勝スタートはそこそこ決まり浜辺さんに次ぐ2番手で1コーナーをクリア。
問題の水没コーナー、浜辺さんはやはり外にラインをとってます。
意を決して思いっきり水溜まりに飛び込んで行きます。
水の抵抗でかなり失速しますが最短距離でタイムを稼ぎます。
思った以上に最短距離走行作戦が上手くいったのでその後もお構いなしに最短距離を走行して逃げにかかります。
しかし3周目の7コーナー、インについたところでフロントからスリップダウン…。
低速コーナーなので直ぐにマシンを起こして再スタートしましたが何台に抜かれたのかよくわかりません。
さらにシフトペダルが折れていて2~3周はシフトのタイミングを色々試しての走行です。
ある程度走り方が解ってきたのでポジションの回復にかかります。
目前には大堀選手、そのさらに前には森長選手が。
抜けそうな所は1コーナーのみですが二人が結構やりあってます。
スキをついて何度か大堀選手に立ち上がりで並びかけますが譲ってくれません…(汗)。
数周3台で走行しましたが最後は大堀選手が抜けて離れて行きます。
森長選手をなんとかパスして大堀選手を追いかけますがペースが上がらずレース終了…。
転けたのは残念ですか再スタート後の3台での走行は楽しめました。
二人とも転けてしまえと後ろからかなり念じてましたが(笑)
浜辺さん優勝おめでとうございます。
岡崎さん、松田くん、メカニックありがとうございました。
次は良い結果が残せるようにガンバります。
レース運営、参加者の皆さんありがとうございました。
 

Rd-4ナチュラ

 投稿者:#66FUJIMOTO  投稿日:2016年 7月12日(火)23時33分35秒
返信・引用
  飛び入り参戦でおせわになりました#66藤本です。昭和のウエス似のツナギを着つつ、久々の2輪
苦手なナチュラ、実はしれっと2回目のST125。2年前くらいにA1サーキットで乗させて頂きましたが、乗り方も解らないまましょっぱく終わったST125。どうしようッかなと思いつつコースへ到着。超久しぶりに浜辺さん発見!昭和のツナギ大爆笑!つかみはOK!!
勝負にも絡みたいが予選までシフトペダルのトラブルでタイムはいまいち。決勝でDRYなら厳しいなと思いつつ決勝待ち。
突然の雨。・・・転ばなかったらなんとかなるかなと思いながらフリー走行。思いのほかイメージ
したように走れずチェッカー。ぼんやりしてると久々の逆チェンを間違えて転倒。
無理やり来てもらったメカの伊藤ちゃん仕事倍増。すみません。
気を取り直して決勝スタート!久々のスプリント!いつもスタート下手ですが、1つ順位を落として5番手で無難に1コーナー。出来るだけ早くトップ争いに絡みたいなと思いつつミス蓮発。
澤本さんの転倒にニヤッとしつつ(すみません(-_-;))なんとか浜辺さんとの距離を詰めることが出来ました。抜きつ抜かれつの攻防をさせてもらい、インフィールドでは勝負できましたが、最終からストレートで離されてしまっていたので、勝負はラストラップに入る前のストレートだ!
・・・失敗・・・アクセル開けすぎ?・・・オーバーラン・・やっちゃった・・・。
でも無茶苦茶楽しかったです。また胸を借りに行く日を楽しみにしています。
今回機会を下さった渡壁さん。車両を提供して頂いた坂井さんありがとうごさいました。
 

(無題)

 投稿者:♯77  投稿日:2016年 7月 9日(土)16時14分12秒
返信・引用 編集済
  レポート3   記録より記憶のチームIKD Bチーム編集

Bチーム ♯77 T編集
技術解説 チームIKD リーダーI氏

 「みんなチョイバカ。 良い意味で♪ そのとき酒井は苦悩した」


 昔、リーダー I氏は言っていた。
-------------------------
それを考える必要などは無いだろう?
   <中略>
ウェットだからと言って特別な「何か」はないのだよ。
何かしようとするのではなく、むしろドライの走りと同じフィーリング、コース攻略、戦略で走る・走れるイメージを組み立てたまえ。
「雨の走り」は「晴れの走り」と何ら変わるものでは無いのだからね!
-------------------------


そして決勝は、雷鳴轟く大豪雨。コンディションは最悪でウェットと言うより、もはや「リバー」。
川の合間にコースがある状態です。
ですが、これまでのst125での経験と雪のタカタサーキットでの膝をすりながらのリーダーの激走を見て以来、雨レースは好きだったりします。
自分もちょいバカになってるかもしれません。
えっ? いえいえ、皆さんに比べればほんのちょっとだけです。

いつも遅れて出て行くTなのが災いして、グリッドに整列していくみんなにうっかり見とれてしまいました。
だって、狭いナチュラサーキットのグリッドにフルサイズが13台も並ぶと、気分はもうWGPですから。
ワクワクしながらグリッドをすり抜け全車位置に付きました、オフィシャルの方が退去していきます。
各車のエンジン音が咆哮を上げ始め、フラッグが上がり。
なんだかとっても感激の瞬間でした。
「レースのスターティンググリッドって良いよねー」って心の底から癒されるような。

今日は1コーナー(便宜上)までがやけに遠いです。
響き渡る12台のレーシングノイズと1コーナーを見つめるライダーたち。
それともう1台。

T「・・・? あっ! そだ」

浸っていたらアクセル回すのを忘れてた。
あわててアクセルを捻る自分、フラッグは振り下ろされ、さあみんなでいっせいにダイブ!
幸いにも興奮、歓喜に焦りが重なって、不思議と雨の恐怖は感じていません。
それよりもスタートのミスと観客気分だった自分の気持ちを上げていくのに「どうしようか」と思っていたら、おとなりの大堀少年はやる気満々でフロントを持ち上げながら加速しています、この悪天候のなか。

彼はレース前に言っていました。
 「僕は、考えて走るタイプかと思ってたんですけど、そうじゃなかったみたい♪」
ウイリーをしながらもアクセルを戻さない彼を横目に思いました。
 「うん、きっとそうだよ・・・」

少年との加速競争でスイッチはいい具合に入ったのですが、トップ集団は「あっ!」という間に見えなくなっていました。
それこそ、体感的にはコーナー3つぐらいな気分で。
って言うか、バイクのコントロールに集中しているのと視界の悪さから周囲の状況がほとんどわかりません。
当然、誰が前にいて誰が後ろにいてとか、自分のペースが全体でどの程度とかもまったくです。
しばらく走っていると、金原先輩っぽい後ろ姿が見えてきました。
予選で40秒台を出したと聞いて驚嘆していたのですが、しかしこの悪天候にとても苦戦しておられます。
金原先輩はある時、こう言っておられました。

金原 「コーナーの曲がり方? う~ん、・・・・・気合?」
そしてまたある時。
金原 「うそじゃろ! I氏、皮むきしてないのー!!! ・・・・・でもまあ、行けると思ったら行けるけーね♪(雪のタカタにて)」
T 「・・・・・」

なんだか、気合の載ってない先輩をパスして「あらら? 自分のペースは結構いいとこいってるのか?」なんて思ったりしながらまたしばらく走っていると。
すると、ありえないコーナリングスピード差で抜き返されちゃいました。
大柄な車体、深いバンク角、そして激しい水しぶきを上げながら弾丸のように遠ざかる白いカラーリング!

T 「えっ! 白いカラーリング!!! 青じゃなくて???」

てっきりYZFかと思っていたら、CBR125ではないですか!
ナチュラのメインストレート終わりのインフィールド区間で鮮烈な印象を残して抜いて行き、自分が裏ストレートに差し掛かったときにはすでに同エンドコーナーに消えていく。
しぶきを上げながら遠ざかるその光景を目の当たりにして、思いました。
T 「い、イカレてる・・・・・。 トップとの差がどんだけあっても、こりゃー風呂本台風は止められないかも。」
ですが、風呂本旋風は吹き荒れました、まさにその瞬間。
まさに視界から消えようかと言う瞬間、CBRが超絶弩派手に大回転しました。
幸い風呂本先生は大丈夫そう、だけど残念、CBR初優勝かと思ったのに。

エンドコーナーをおっかなびっくり抜けて行くとようやく混戦から脱しました。
だけど、脱したのはいいのだけれど前も後ろも気配がありません。
いったいどのあたりを走っているのだろうか・・・・・?
そんな気持ちで15週のレースは山場もなく無事終了。
とくに誰と絡むでもなく終わった決勝でしたが、この日の走りは自分の思い描いたイメージに近い走りができて気持ちがよかった♪

レース後に気づいたのですが、一人旅をしながら順位もわからず走っていた自分は、晴れのブレーキングポイントを基準にどこまで突っ込んで行けるかやっていました。
「雨だぞ!」ってことをある部分で完全に失念していた気がする。
それは普段、晴れの日にタイムアタックするときの自分の習慣のひとつです。
あのときの自分はいったい何をやってたんだろう? 何を考えてたんだろうか? 冷静になれば思わないではないですが・・・・・。
ただ、レースを振り返ってみると色々な人のアドバイスが、良いとこ取りで生きてた様な気はしてます。
しかも、うれしいことに無意識下で♪

大荒れのレースを終えてピットに帰ると、坂井さんがやわらかい笑顔で握手を求めてこられました。

坂井 「たぁなかぁーーーーー♪ (握手)」
T 「・・・・・は、はい? (ちょっとびびる)」
坂井 「やったじゃんか♪」
T 「・・・・・な、何もやってないです(何かやったのか?)」
坂井 「いやいや、3位!」
T 「3位? 何が?」
坂井 「だからおまえが♪」
T 「へ?」

まさかまさかのタナボタですが、転倒者が多くて3位になっちゃいましたー♪
セッティングの相談にのっていただいた中尾さん、その他の皆さん、そしてリーダー。
表彰台ゲットはみんなのおかげですよね、やっぱ♪

 I氏 「嘘付け、ひとっっっつも思ってないくせに!!(レース後の電話にて)」
 

ナチュラ参戦記

 投稿者:ura  投稿日:2016年 7月 8日(金)01時58分15秒
返信・引用
   ようやく今シーズンが開幕! ナチュラはCBR125Rのシェイクダウン、山下君が来たときの走行会で走ってはいるけど、レースに出るのは初めて。バイクに乗るのは去年の最終戦HSR以来だし、とりあえずは走ってみるかという感じで臨みました。

 天気が心配だったけど、当日はドライ。でも暑い。日ごろの不摂生による体力不足のため、FP1、FP2共にフルに走り切ることなく体力を温存。

 QP前に同じCBRの風呂本さんにコーナーごとのギアや走り方を相談。そのアドバイスを生かして臨んだ予選で45秒282のベストを記録。13台中の12番手、トップからは4秒以上の開きがあるが、まぁこんなもんか…。決勝でのベスト更新を目標に昼休みはイメージトレーニングする。

 ところが…。決勝前に天候が急変したのでテンション↓↓↓ 雨はすごいは雷は鳴るわ、雲が去ったら日差しが戻るは…のセパンウエザー。どっちにせよウエット路面でのレースなのは間違いないけど、おととしのタカタ以来、ウエット走ってないし。

 結局、レースはウエット路面でスタート。とにかく転ばないように、肩の力を抜き、下半身のホールドを意識しながら、周回を重ねる。タイム差からすると、どこかで周回遅れになるだろうなとは思っていたけど、終盤に監督とワイルドカード藤本さんが徐々に近づいて来る。1コーナーで先行してもらい、その後は田中君以下、次々にパスされ周回遅れに。上位のリタイアもあり、9位でチェッカー。ドライで走りたかった…。

 帰りは北古賀さんのアドバイスに従い、途中の7-11で約1時間仮眠をとりつつ小月まで下道で走って、高速乗って、その日は福岡泊。翌日、福岡で用事を済ませて、無事に家にたどりつきました。そして、レースの二日後、猛烈な筋肉痛が。ただ、上半身はそうでもなく、今回は下半身の筋肉痛がひどかった。そんだけ下半身でホールドできてたってことか? 悪天候の中、みなさんおつかれさまでした! 次はHSRで走りたいです。


 

Rd-4 ナチュラ戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2016年 7月 7日(木)20時24分43秒
返信・引用
  松田、岡崎、両メカと澤本ちゃんと一緒にナチュラサーキットへ♪
FP-1
オートバイに乗るのは2ヶ月振りだっので、体のナラシと、久し振りのレース参戦、澤本選手を引っ張る為に徐々にペースアップ♪41秒9で終了。
金原選手が調子良さそう‥‥。
FP-2
タイムを出そうと頑張って走行してみたが、41秒3しか出ない…。しょうがないので、澤本選手を再び引っ張る…。金原選手が、40秒9!を出してた…。(*_*;
予選
金原選手の後ろでコースイン♪付いて行こうとするも、少しづつ離されて…全く付いて行けない…。
金原選手が、40秒8を出してポールポジション!
頑張ったが、41秒3しか出ず、2番手…。(連続ポール終了‥)澤本選手も、41秒3を出して3番手。
こりゃあ雨でも降らないと、勝負出来ないな~っ…。
昼食後、雨乞い‥‥。
12時30分ぐらいから急に雲ってきて、バケツをひっくり返したような雨が‥!!!
コースは、水浸し…。(*_*;
小雨になるのを待って、14時~決勝レース♪
決勝
フラッグスタート♪ホールショット♪水溜まりを避けて、慎重に走行するも、2周目の3コーナーで澤本選手に抜かれ2番手に…、とりあえず付いて行き、様子を見ようと思っていたら、3周目の6コーナーで澤本選手がスッテンコロリン♪(笑)
後ろを見ると、少し離れて藤本選手が見える…。(*_*;
直ぐに追い付かれ、周回遅れを交わしながら、藤本選手と抜きつ抜かれつ大バトル!!!
最終ラップの2コーナーで勝負しようと思っていたら、藤本選手がストレートでコースアウト!
何とか逃げ切って優勝出来ました♪
これで、10連勝♪(^^)v
関係者の皆様、悪天候の中お世話になりました。


今週末 7/10 は、岡山国際サーキットで、JP-250のデビューレース♪この調子で頑張るぞ♪(^^)v
 

R4 ナチュラ

 投稿者:#53城川  投稿日:2016年 7月 4日(月)09時36分17秒
返信・引用
  1月末のHSR感謝デーの汚れが付いたままのYZFを引っ張り出して、何とか参戦する事が出来ました。
今までだとちょっとブランクを作ると初心者に戻ってしまう感じでしたが、FP1はそこそこの
タイムが出て、ちょっと驚きでした。途中ブランクがいくつかあるものの、サーキットを走り始めて5年以上、少しは身に付いてきた部分もできたのかな。
順位も4番手くらいだったようですが、過去のリザルトを見る限り、大したタイムでもありません。FP2以降、当然みんなタイムをあげてくるので、自分も去年練習で出たベストタイムを目指して、取り組もうと考えていました。
しかし、不器用な自分には10分では時間が足りません。FP2は課題を克服する事が出来ず、似たようなタイムが出たのみでした。
予選ではSP忠男さんたちの後ろの並ぶことが出来たので、最初の方は1コーナーでも付いていく事に専念しようかと思ったのですが、2週目の7コーナーでスリップダウン。リアタイヤが暖まりきってなかったのが原因だと自分では思ってますが、ディアブロ スーパーコルサ はパフォーマンスを発揮しだすのに時間がかかるのは前から気になっているところではありました。
シフトペダルの曲りを修正した後、2周全力走行する機会がありましたが2週とも細かなミスをしてしまい、タイムは落ちてしまいました。
それにしてもK原さの予選タイムは圧巻です。練習走行でトップ集団の背中が見えるくらいのタイムが出たと思ったのに、また離れていきました。騒然とするやら、YZFもこれだけ走れるのかと嬉しいやら、何ともしれない気持ちに陥りました。
スタート順が良くはなかったので、今回は練習のつもりで課題克服に集中し決勝に挑もうとモチベーションの持ち様を変えましたが、雨が降ってきたことでテンションは相当下がってしましました。
決勝の事は正直あまり覚えていません。序盤は金原さんの背中を何とか見ながら走っていましたが、ペースを上げたのかその内全く見えなくなりました。序盤一人に抜かれ、終始誰かに後ろから突かれていたという展開の感じだったと思いますが、前後ともまるで接地感のないタイヤと格闘するので精いっぱいでした。森長さんのようにリアを滑らせるまで攻める勇気も出ませんでした。
何とか、完走は果たしました。
正直今までは雨のレースはいいやって感じでしたが、今回は周回遅れにまでなったこともあって結構悔しさが残りました。
次からは、雨のレースの対策もきっちりしようと考えました。
後トップ争いを邪魔してしまったことも反省点です。進路を譲ろうとした事があだになってH辺監督にぶつかってしまいました。急な進路変更になってしまったようです。最初からインべたを走るとか、もっとナチュラルに走るべきでした。申し訳ありません。転倒に繋がらなくて本当に良かったです。
次戦は雨対策をして来ようと思いますが、やはりドライレースのがいいな。
 

レンタル掲示板
/47