teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今週末は第2戦‥‥

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2014年 4月 3日(木)18時09分50秒
返信・引用
  タカタサーキット!準備はオッケー♪ですか?

YZF-125 ネイキッド仕様‥‥。
 
 

第2戦タカタエントリー

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 3月30日(日)08時05分35秒
返信・引用
  2014「九州・中国ST125」第2戦タカタサーキットのエントリーが揃いましたので発表致します。

#3 :アベ(ホンダ)
#4 :サカイ(ホンダ)
#5 :サカタ(ホンダ)
#6 :イケダA(ホンダ)
#7 :ウラカワ(ホンダ)
#13:ハマベ(ホンダ)
#41:カネハラ(ヤマハ)
#47:イケダB(ヤマハ)
#53:シロカワ(ヤマハ)
#64:ナガミネ(ホンダ)
#72:イズミ(ホンダ)
#75:イシマル(ホンダ)
#77:タナカ(ホンダ)

タカタサーキットでは最大エントリー数の13台、かなりの見応えがありそうですね。
ミニバイク耐久と併催のため、午前中で終了となりますので応援の各位はご注意ください。


 < 写真はイメージです >


 

さすがです

 投稿者:K古賀選手  投稿日:2014年 3月25日(火)00時39分2秒
返信・引用 編集済
  オフシーズントレーニングならぬ オンシーズントレーニングとは!!

st125.com ホームページの更新ができました。ご覧ください!!

http://st125.com

 

!!!

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2014年 3月24日(月)19時06分52秒
返信・引用
  チャンピオン防衛用トレーニングマシーン!
KTM-530

ST-125 レベルアップの為、日々精進しております。

(^_^ゞ
 

2014 開幕戦

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2014年 3月21日(金)21時37分21秒
返信・引用
  今年も、K古賀選手の車両37号車に乗って参戦です。
車両の変更点が多いので、久しぶりに前日から練習走行しました。1本目の練習走行で1分30秒台が出たので、一安心♪
セッティングを変更して、2本目の練習走行!
1分29秒5が出て、かなり良い感じ?
新しいダンロップタイヤ、最高♪

レース当初のフリー走行で、1分29秒8!
予選は単独走行で、タイムアタック!
1分30秒0からタイムをあげようとしたら、シケインでイエローフラッグが‥‥。
とりあえず、ポールポジションでしたが、30秒がキレず残念。
決勝レース、ホールショットで1コーナーへ!
後ろを見ないで、5周まで全力で走行!
気配がしないので後ろを見ると、誰もいませ~ん!
約10秒差をつけて優勝♪(^_^ゞ
O崎さん、N嶺選手、M田さん、お世話になりました♪

30秒を切るのは、次戦に持ち越し‥‥。

次はタカタサーキット!
1分5秒台を出すぞ~っ♪(^_^)v

 

’14開幕戦!!

 投稿者:石〇  投稿日:2014年 3月20日(木)13時59分18秒
返信・引用
  10周の決勝レースがスタート!!

まずまずのスタートが切れまして、グリッド通り4番手で1コーナーをクリア。
続けて裏ストレートでUE野代表をパスすることができ、1周目は3番手。
前を行くS田選手を追います。

3周目の裏ストレート、、、
S田選手のスリップに付き、2番手へ。。。!(^^)!

トップのH辺監督の追撃に移りたいのですが、、、
すでに背中がかなり小さくなっております。。。(*_*;

ガンバって追いかけますが、、、
5周目の最終コーナーで、S田選手にインを刺され3番手へ後退。。。

続けて裏ストレートでUE野代表に交わされ4番手。。。
その後ろには2R3選手も迫ってきてます。。。(~_~;)

しかし、コッチの風神スペックエンジンは絶好調!!
6周目の裏ストレートでUE野代表をパスし、S田選手の後ろへ、、、


・・・狙いは最終ラップの裏ストレート、絶対前に出ちゃる、、、!!


ベッタリS田選手の後ろへついて、、、
迎えた最終ラップの裏ストレート、、、

かなり車体をインに振るS田選手、、、
しかし、ストレートエンドで何とか前に出ることに成功(*^^)v

よっしゃ~~~!!、、、と思ったのも束の間、、、
続くヘアピン侵入で、私のインに覗く青いカウルが、、、

S田選手が気合の突っ込み!!
そこでひるんだ私は、その後ろのUE野代表にも交わされ一気に4番手へ。。。(@_@;)

残るは最終コーナー、、、
こうなりゃ、アウトからまくっちゃる!!、、、と思って大外から侵入しましたが、、、
思いっきりアウトにはらみ、ちょっとだけコースアウト。。。

その隙に2R3選手にも抜かれ、、、
結局、5位でのチェッカーとなりました。。。^_^;

今回も楽しいレースとなりました!!
ホントにみなさん『お楽しみ様』でしたm(__)m
今シーズンも楽しみましょうね~\(^o^)/

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

初戦無事終了

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 3月18日(火)06時15分39秒
返信・引用
  おかげさまをもちまして2014「九州・中国ST125」第1戦HSR九州ラウンドは、春の日差しのもと無事終了致しました。
関係者各位、エントラントのみなさま、ありがとうございました。

レースレポートは各ライダーにお願いするとして、現地での新人くん初仕事は#77タナカ選手、#53シロカワ選手、#47イケダB選手による、、、


  < 九州・中国ST125 バナー張り >   これ、大事な業務ですから~(笑)


 

いよいよ開幕!

 投稿者:ふじげん  投稿日:2014年 3月15日(土)19時49分13秒
返信・引用
  皆さん、頑張ってくださいね!!
応援しています。(^o^)v
 

Re: はじまるよ♪

 投稿者:#41 K原  投稿日:2014年 3月15日(土)08時55分14秒
返信・引用
  なんと、第1戦は行けなくなったので、参加されるみなさん、頑張ってください!
次のタカタから行きま~す( ̄▽ ̄)

#41 K原さんへのお返事です。

> もちろん、エントリーも、宿の予約もしてますよ!!
>
> Newアイテムもあり、楽しみです(^^)v
> しかし、間に合うのか?というところでしょうか^^;
>
 

第1戦タイムスケジュール

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 3月11日(火)21時49分11秒
返信・引用
  3月16日(日)から始まる2014「九州・中国ST125」第1戦の地はHSR九州。

タイムスケジュールが出ましたので各位ご参照ください。
本年度はドリームカップ枠に移行し、終日イベントとなりますのでご注意ください。

7:30        ゲートオープン
8:00~8:40   選手受付
8:50~       ブリーフィング
10:10~      フリー走行(15分)
11:40~      予選(10分)
14:20~      決勝(10周)
16:00~      表彰式


ではみなさま、現地でお会いしましょう。
道中くれぐれもお気をつけて。

 

Re: はじまるよ♪

 投稿者:#41 K原  投稿日:2014年 3月 7日(金)18時56分12秒
返信・引用
  > No.1106[元記事へ]

もちろん、エントリーも、宿の予約もしてますよ!!

Newアイテムもあり、楽しみです(^^)v
しかし、間に合うのか?というところでしょうか^^;
 

はじまるよ♪

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2014年 3月 7日(金)16時17分57秒
返信・引用
  3月16日、Rd-1  HSR九州
準備オッケー?
 

タイヤコンペの様相

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 2月22日(土)18時47分36秒
返信・引用 編集済
  どー考えても「九州・中国ST125」専用タイヤとしか思えないDLレーシングの輝かしき伝統、その名も「KR」410。

#59ウエノ選手はすでに導入済で、ウチにも#13ハマベ選手、#5坂田選手の注文分が入荷しました。

触った瞬間「スリックじゃん、これ、、、」。
久々のスリックコンパウンドの感触でした。

いま主流のスポーツバイアスでもERF125Rシャーシは負け気味なのに、このタイヤだとスウィングアームからフォークからもうグニャングニャンになるんじゃないでしょうか?、、??

レギュレーションで「スリック、レイン禁止」以外はフリーなので、このタイヤは使用可能ですが、ただウェットには少々弱そうで心配ではあります。
むろんウォーマーもダメですから特にコースイン時は気をつけてもらいたいです。

しかしこれまでラジアルが履けるヤマハ、アプリリア、KTM、デルビ、CBR125Rはいい思いしてましたが、一気に形勢逆転?、まだまだERFの現役が続きそうですね。

DLさん、こうなったらもう少しグルービング入れてはっきりと「九州・中国ST125対応」と謳ってはいかがでしょうか(笑)。

どなたか初のタイヤインプレッションをお願い致します。

 

お久しぶりです

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 2月15日(土)12時28分9秒
返信・引用
  うみもぐらどの > ゼッケン#2は欠番として保管してあります。
カムバックを一同ココロからお待ちしております。

今度機会があれば少しセットアップさせてくださいね。
なんせ唯一の2気筒マシンですから~(笑)。
 

新タイヤ

 投稿者:うみもぐら  投稿日:2014年 2月12日(水)23時36分0秒
返信・引用
  コレですね→http://ridersnavi.com/catalogue/tyre/KR410/index.html
F:バイアス
R:ラジアル
と前後で構造が違うというのは面白いですね。

でも18インチ用が無い・・・。
4月の異動でもし九州に戻れたら,やっぱりF:TT100GP/R:BT39SSの伝統のタイヤで復活したいところです。
 

ERF125R用公認タイヤ追加のお知らせ

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 2月 8日(土)07時02分22秒
返信・引用 編集済
  motogpとは違ってコンペティブなフリータイヤ制の「九州・中国ST125」ですが、現在の主力機であるホンダERF125RはBSのBT39SSがほぼ独占状態。
この状況に業を煮やしたのか(たぶん)、DLがニュータイヤを国内リリースしてくれました。

その名も「KR410」。
KR、レーシングスリックで見慣れた銘柄ですがこれはもちろんスリックではありません。
(同シリーズはスリック、レイン、タイヤウォーマーは使えません)

現時点ではフロント、リヤともにそれぞれ1サイズとなっております。

    タイヤサイズ       標準リム幅    許容リム幅   タイヤ幅    タイヤ外径
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
F: 90/80-17 46S     2.15   1.85~2.50   90mm    581mm
R:100/70-R17 49H      2.75   2.75~3.00   96mm    575mm

BT39SSに比べリヤがやや小径になりますので、姿勢の見直しは必要ですが、このクラスに久々のニュータイヤ、それもKRブランドとなれば試してみたいですよね(笑)。

DLさんのリリースによると、

<KR410の特徴>
・プロファイル
 サーキット走行時の接地形状・接地圧を徹底的に解析したプロファイルを採用し、ニュートラルなハンドリングを実現しました。
・パターン
 ダンロップ独自のシミュレーション技術により、溝配置や接地形状・接地圧を最適化。優れた旋回とトラクション性能を発揮します。
・コンパウンド
 Moto3で培ったレーシング技術をフィードバックしたコンパウンドを採用。優れたグリップを幅広いコンディションで発揮します。

、、、、ということです。

興味がおありのかたはST125関連ショップ「SP忠男広島」または「ウエノR&D」、ついでに「銀色バイク」、もしくは最寄りのレーシングショップさんにお尋ねください。

開幕まであと1ヶ月。
アーユーレディ?

 

2014スケジュール、ほか

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 1月24日(金)08時42分7秒
返信・引用 編集済
  大変お待たせしましたが、2014年「九州・中国ST125」の開催日程が決定致しました。

第1戦  3月16日  HSR九州
第2戦  4月6日   タカタサーキット
第3戦  6月29日  HSR九州
第4戦  7月20日  ナチュラサーキット
第5戦  9月14日  HSR九州
第6戦 10月19日  タカタサーキット
第7戦 12月 7日  HSR九州

以上全7戦、フルポイント式となります。
また最終戦はMFJ方式ボーナスポイント付与。

今期は開催数を減らすことで参加者の負担を少なくし、またいっそう密度の濃いレースとなることを期待します。

K&T高田代表からも、「モータースポーツランド鈴鹿」さんでのST125開催予定をご連絡頂いており、関東方面でも何やら動きがあるようです。

まずはみなさま今期スケジュール帳への書き込みと日程調整をお願い致します。


以下、規則の補足と追加となります。
ご不明な点はお問い合わせください。

**********************

・カウル、シート、タンクカバー等外装関係の変更可、ただし取り付け方法、強度など安全には必要な配慮をすること
 フュエルタンク本体とその取り付け方法は変更不可


・ブレーキマスターはその形式を変えない範囲で変更可
(例:CBR125RにNS-1用の流用は可。横押し式をラジアル式へ、などの型式変更は不可)
 (輸入車など、転倒等破損時の部品入手を勘案しての措置)
 キャリパーはこれまでと同様に変更不可


・音量規則は開催コースごとに異なるので、充分な消音対策を施しておくこと
 既定に収まらない場合は出走が拒否されます


*******************

<固定ゼッケンの追加>
#47が認証されました。
 

七年目の正直

 投稿者:銀色  投稿日:2014年 1月 1日(水)11時22分44秒
返信・引用
  2014明けましておめでとうございます。

「九州・中国 ST125」も、シリーズ7年目を迎えることが出来ました。
これもすべてエントラント各位、関係者の皆様のお陰でございます。

去年までに卒業されたかた、今年から新規参戦のかた、もちろん継続のかたがた、すべてのみなさまに支えられて新たなシーズンとなりました。

今期レース日程は現在最終調整中ですが、今年も全8戦前後でのチャンピオンシップとなる予定です。
確定次第報告しますので今年の予定表の中に入れて下さいね。

また、車両規則等についての明確な基準を追って提示しますのでご確認願います。
もちろんこれまで同様ST規則をベースに低コストで、身の丈のレースを守ってゆくべく運営関係者一同尽力して参ります。

今年も安全第一に楽しく、そしてリアルなレースシーンをみなさんで作ってゆきましょう。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。


尚、現時点での日程確定分を添記しておきます。

・第1戦  3月16日(日) HSR九州 (シケイン有り)
・第?戦  6月29日(日) HSR九州 (  〃   )
・第?線  9月14日(日) HSR九州 (  〃   )
・最終戦 12月 7日(日) HSR九州 (  〃   )

これに加え、タカタサーキット、ナチュラサーキット、エーワンサーキット、岡山国際ミニコース、他を調整中です。
なんせmotogp、全日本、アジアカップ、、、などの日程確定後でないと決められないので(笑)。

みなさまのご参戦お待ちしております。




ちなみに「九州・中国 ST125」の原点は、かつての西日本サーキットでの「プロダクション125(P125)」。
ひごろナンバー付き公道車で使っているバイクに最低限の安全策を施して出走するのが普通でした。

この時の楽しさを忘れられない有志によって提案、そして最初に受け入れコースとなって下さったのがHSR九州さんでした。
いまもそのスピリットは脈々と引き継がれていると思っています。
そしてこれからも。


    < 参考車両 >
 

ほんまや

 投稿者:K古賀選手  投稿日:2013年12月20日(金)11時33分38秒
返信・引用
  よく似てるね(笑)
フリック操作してたのはきっと、メーターパネルですね。
たしかに、グラフィックパネルの開発することを考えるとアンドロイドなんかのOS使うほうが楽かも、、ですね。
ということは、やっぱりスマホで操作を習得しとかないとまずいですね。(爆)
レーシンググローブも人差し指と親指はタッチパネル対応の黒いバックスキン仕様が出てくるんでしょうね(笑)
しかし、軽く走るマシンですね。実物が早く見てみたいです。

http://st125.com

 

ホントじゃ、、、(^_^;)

 投稿者:石〇  投稿日:2013年12月20日(金)11時14分15秒
返信・引用
  世の中にはそっくりな人が3人ほど居るといいますが、、、(大笑)

・・・自分も乗ってみたいな~!(^^)!

http://tetsuyuki.exblog.jp/

 

Re: 次世代? ST125E

 投稿者:#41 K原  投稿日:2013年12月19日(木)18時47分23秒
返信・引用
  > No.1096[元記事へ]

YOU TUBE見ましたよ!

あのテストライダーは#75石○さんですね!!

間違いないな(^^)V
 

次世代? ST125E

 投稿者:銀色  投稿日:2013年12月19日(木)17時50分19秒
返信・引用
  「九州・中国ST125」も今年2013年で丸6シーズン、延べ47戦を終え、レース車両も5メーカー6車種、20台を超える台数となりましたのも、
ひとえにエントラントみなさまを始め、関係者各位のおかげと感謝に堪えません。

これからも安全第一、より良い運営を目指し一同邁進して参ります。

さて現行車のエンジンはむろんすべてガソリン内燃機車、原油供給もまだしばらくは大丈夫だと思いますが、やはり将来を見据えた「九州・中国ST125」一同といたしましては、
再生可能エネルギーからの電力を用いた次世代車両もすでに検討に入っております(ほんとか?)。

某サイトでその先行テスト車両の試走映像を入手いたしましたので、極秘?公開いたします。

http://www.youtube.com/watch?v=1gEi9c3QUGs


、、、ところで、スマホ使えんと乗れんのん?

 

こんなのも

 投稿者:銀色  投稿日:2013年12月17日(火)07時30分30秒
返信・引用
  ただいま来期日程の調整中です。新コース追加の可能性もありますので乞うご期待。

また車両規則について再確認項目を掲示する予定ですので各位ご参照ください。



ところで、こんな125車両もあるんですね。

ST125一同といたしましてはひたすらニンジャ125を心待ちにしていますが、、、、。

あとヤマハR25に次ぐR125も(あのM1ふうの形でね)。


 

来期参戦予定

 投稿者:銀色  投稿日:2013年11月26日(火)09時05分33秒
返信・引用 編集済
  先日「九州・中国ST125」周南事務局にご来訪されました若くガタイのいいイケメンライダーくん、
以前からタカタサーキットの走行会でお見かけしていたのですが、いよいよ来期、満を持しての参戦となるようです。

さてその走りですが、ウェット走行では2010マイスターチャンピオン#4サカイ選手以上のパフォーマンスをいきなり披露していましたので、
もしかすると2014シーズン、motogpマルケス選手の再現となるかもしれません。

#4サカイ選手談:「同じメーカーのビギナーさんが走ってるのでイッチョ揉んでやるか、とコースインして、2~3周で追いつくかと思いきや、どうも離されてる事に気付き、
          よりプッシュしたら転びそうになって、まあこの日は勘弁してやりましたよ、、、(汗)。」

モデルチェンジが期待されるYZFR-125、KTM・DUKE125と同新規車RC125、ベースポテンシャルの高さで注目の新CBR125R、
セットアップ次第で伸びしろが楽しみなアプリリアRS4、まだまだ現役でコストパフォーマンスに優れるERF125Rなどなどの車種ラインナップ、
また世界的にワンメイク化してしまったタイヤ競争も、ST125ではBS、DL、ピレリなどコンペティション状態、これこそが真の選手権ではないでしょうか?

インジェクション車初のウィナーとなるのは誰か?
「アイツか?コイツか?、、いやオレだ」
炎のような闘争心と和気あいあいの奇妙なコラボ空間、「九州・中国ST125」の世界に飛び込むのは、、、、今でしょ(笑)。


    <写真はイメージです>

 

Re: オフテスト

 投稿者:#41 K原  投稿日:2013年11月19日(火)00時43分28秒
返信・引用
  > No.1089[元記事へ]

タカタサーキット楽しかった~!

CBRカップ盛り上がりましたね。

私はというと、ちょいと走り収めと、マフラーテスト。


しかし、銀色さ~ん、コメントがかなり盛られてますよ~( ;´Д`)

http://yzf-r125.blogspot.jp/

 

オフテスト

 投稿者:銀色  投稿日:2013年11月17日(日)20時42分8秒
返信・引用
  motogpテストと並行してバレンシアサーキット(ホントはタカタサーキット)にて来期仕様のマシンテストをする#41K原選手。

HMFワークス体制で手応えをつかんだ模様。

#41K原選手談:「排気系の見直しで良いフィールが得られた。来期もまずは1勝、そしてチャンプを狙ってチーム共々ハードワークをいとわないつもりだ。」

と、ヤマハ勢の初勝利に一番近い男は自信に溢れたコメントを発表した。
 

キター

 投稿者:銀色  投稿日:2013年11月15日(金)21時40分56秒
返信・引用 編集済
  その気になったら、やること早い欧州。

 < KTM RC125 >

やっと時代が追いついてきた感がありますね(笑)。

すでに先行発注済~(笑)。

で、いったいいくらなんだろ?
 

無事帰還

 投稿者:ura!  投稿日:2013年11月 7日(木)21時29分10秒
返信・引用
  ハルナ遠征、ようやく完了しました。カントク、S本さん、ザキさん、S井さん、ありがとうございました。遠かったけど、楽しかったですね。3日ほど関東近辺をうろちょとし、昨日の午後に関東を出発、日が変わるころに山口に到着し、今日、戻ってきました。ハルナの詳細は忘年会のときにでも。移動距離約3000km、遠かったぁ。  

イニシャルD、ソバ、、、ノブアツ選手

 投稿者:銀色  投稿日:2013年11月 5日(火)11時48分37秒
返信・引用 編集済
  群馬、榛名サーキットにおジャマしてきました。

トレックスポーツのみなさま、ノブアツ選手、RSケンケンさん、ピットを使わせて下さった74daijiroのY尾さま、
G☆ワークスレーシングのみなさま、そしてハルナのみなさまがた、ありがとうございました。

ワタシら長州もんは群馬と言えばいままでイニシャルD、ソバ、青木3兄弟のイメージくらいでしたが、
ハルナサーキット、そしてその運営に関わる皆様、そして素晴らしいエントラントのかたがたに感銘を受けました。
さすが日本モータースポーツ聖地のひとつですね。

詳細は各位SNSをご参照いただくとして(リアルタイムだもんね)、まずはみなさまに感謝の意を捧げます。

レースのほうはと言えば、ワタシの準備不足で#13ハマベカントク、#4サワモト選手に申し訳ない事になってしまいましたが、このまま、とするわけには参りません。
また改めまして今後の事を考えたいと思っています。

各位本当にありがとうございました。


P.S チュートリアルの福田選手、ホントにバイクレース好きなんですね~。
終日パドック、コースサイドで応援など、とてもステキなかたでした。

いつか「九州・中国ST125」ワイルドカード出走いかがでしょうか?(笑)。
 
 

榛名遠征‥‥。

 投稿者:H辺選手?監督  投稿日:2013年11月 4日(月)10時52分29秒
返信・引用
  じぇじぇじぇ‥‥‥。  

レンタル掲示板
/46