teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 激安市場<<shops-pop偽物店>>(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/1386 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2017 R6 ナチュラ戦

 投稿者:#53 城川  投稿日:2017年11月30日(木)20時05分29秒
  通報 返信・引用
  私生活というか、仕事を充実させとかないとレースにも響く。
1か月半以上バイクに乗っていない。
ポッと出てベストを出せるほどの煌めくセンスのない僕としては微妙な間が開いてしまった。

前レースが終わったときはこの時期もっと走りこんでいるイメージだったのに、
前に行った練習さえ走り始めてすぐにバイクを壊したり、
セッティングに時間を割いても、結局いい結果が得られなかったりで
自分のMAXな状態を保つ訓練さえ出来ていない。

で、レース直前の水曜日までに仕事のゴタゴタを何とか片付け、木曜日にKKWに練習に行く。
体がカチコチで思い通りに動く感じがしない。タイヤの接地感が全然感じられない。
焦っていたのか、3本目のウォームアップ中に125CC初のハイサイドをやってしまった。
ヘルメットはご臨終。ミッションがうまく入らなくなった。
それでも次の日にバイクを直して、土曜日にナチュラへ練習に行くイメージだった。
リアタイヤだけはスーパーコルサから、スペアホイールに履かせていた逆履き仕様の練習用α-13spに替えたが、2日間、頭が重い、気分が悪い状態でバイクに触る元気もなく
そこで力尽きてしまった。
前日の夜は、今度のレースは出れないかなという感じだった。

日曜日9時に目が覚めると、体調は極めて良くなっていたがバイクは直していないし
やっぱり行かないモードだったが、PCを開いてメールを見ると、前日行かないかもメールを
送った坂井さんから、”皆で待つ”の一言が!
皆って誰だよ~と思いつつ、こういう言葉に弱い僕は出来るだけのことはやろうと
バイクを直し始める。
取あえず、タイヤ交換などは捨てて動く状態まで持っていき、
トランポにすべてを詰め込んで11時26分に坂井さんに電話。
何とか間に合いそうだったのでナチュラに向かった。

ゴタゴタと焦りながらも一本目のFPから参加出来たが、やっぱり体がカチコチ。
接地感は・・・・ないどころじゃない!
これは、タイヤを逆に入れ替えた時のビードクリームがベチャベチャ付いたままかなと思い、
ピットに入って田中さんに手伝ってもらいながらタイヤのお掃除。
ラップタイマーが不調でタイムは測れなかったが、FP 予選と少しづつマシになっているのは
感じるが、調子のいい感じまではいかない。
タイヤの接地感は徐々に感じれるようになってきたが
アクセルを開けるべきところで開けれていない。
車体もバンクできない。きちんと曲がれていないので、立ち上がりでアクセルを戻すことも多い。
いまいちライディングが楽しくない。
それでも予選結果を見たら、あらま41秒台が出てるじゃん!・・・てな事にはならなかった(>_<)

予選5番手。42秒後半。

決勝、ウィリースタートを決めた森長さんが澤本さんに特攻をかましてくれたおかげで、
自動的に3位で1コーナーを回る。
とにかくついて行こうと意識を集中する。クラッシュしようがなんだろうがついて行くぜ!
ってやっても結果はミスするばかり。
体が頭について行かない。
金原さんと浜辺さんが何やら派手にバトルをしている感じだが、それでも離されていく。
澤本さんがコースアウトしているのは見えた。森長さんはどうなっているだろうか。
と思っていたら何週目かに1コーナー前で抜かれる。
ウイークポイントである7~10コーナーをうまく曲がれていない。
前戦は少しましになっていたのだろう。
やはり森長さんについて行こうとするが徐々に離される。
全体的にも悪いがやはり最終コーナー前が特にネックになっている。
そのうちシフトミスで一気に差が開いた。
その後も差が広がるばかりだった。
他に追い抜いて行くライダーはいなかったので4位でゴールした。
ベストタイムは42秒台前半まで来たが、正直調子が悪くても、41秒台はほしかった。
前より1秒以上遅い。
まあ、乗れていないと感じられるだけマシか。

上位3名はほぼご自分のベスト付近のタイムで走れたようだ。
森長さんはおそらく9月30日以来、ほかの二人は前レース以来のナチュラといったとこか。
それで、ここまで合わせてこれるのがうらやましい。
まあ、今のところマネをしようとは思わない。

最終戦は今一でしたが価値ある一戦でした。やはり出てきて良かった。
来年はもっと充実させていい年にしたい。
2018年のR1で今年あまり顔を見なかった人も含めて、又一緒に遊べるのを楽しみにしています。

有難うございました。








 
 
》記事一覧表示

新着順:7/1386 《前のページ | 次のページ》
/1386