teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


海の上も暑い

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2017年 7月20日(木)23時26分13秒
編集済
  海倶楽部は当然、セーリングに涼を求めて出航です。

しかしながら真夏の青空の下、海上も熱風。セールの影に隠れながらのクルージングです。

風が少し強かったのでエンジンを切り、風と波の音だけを聞きながらのセーリングは最高でした!



http://

 
 

77期 七夕の会 ~卒業から40周年を迎えて~

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 7月 9日(日)06時53分52秒
  昨日、天神の酔灯屋にて毎年恒例の77期「七夕の会」が行われました。
福岡在住の77期メンバーは、皆、集まることができました。
今年は卒業から40周年も迎えます。
話題は、11月実施の「40周年卒業旅行」が中心でした。
永松や雄二の計画概要を聞きながら、各自、思い思いに頭にひらめいたことをにぎやかに質問していました。
岐阜在住の洋から二泊三日の計画や予算が、ファックスで送られて、40年ぶりの洋の直筆による筆跡を懐かしく見せてもらいました。
その後、洋とは、携帯電話で、話をすることもできました。
このように酔灯屋では、あっという間に2時間が過ぎ、さらに話が続き、店の計らいで時間延長させていただきました。
二次会は、長浜まで歩き、ラーメン屋にてビールを飲みながら、餃子、ラーメンを食べながら、あれやこれやと話をすることができました。
卒業後40年経っても、懐かしい仲間と貴重な時間を過ごせることに感謝しています。
 

かつての山仲間との山歩き~四王寺山~

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 6月14日(水)17時41分9秒
  空梅雨が続く中、かつての山仲間(松健の後輩・田中と連れ合いさん)と白土とで近場の山「四王寺山」を太宰府ふれあい館~西尾根~大城山~百間石垣~小石垣~大原山~観世音寺コースで歩きました。
天気も良く、緑に囲まれた山道では時折、吹き抜けるひんやりとした風が心地よかったです。
歩きながら、昔の山行の思い出やこれからのことなど、あれこれとしゃべりながら、歩くことができました。
昼食は、焼き米ヶ原の藤棚で日陰になっているテーブルに坐って、山の話や旅行の話などをしながら、ゆったりと過ごすことができました。
 

近場の山歩き~仮称「水城跡西尾根コース」

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 6月 4日(日)16時04分7秒
  まるで夏日を思わせる天気が続く中、近場の自然豊かで四季折々の表情を見せてくれる四王寺山(仮称「水城跡西尾根コース」※地図にも記されてはいません)を白土と歩いてきました。
いつも車で素通りする水城跡にこのような原生林に囲まれた山道があるとは知りませんでした。
この山道を地元の方から偶然、教えてもらった白土の計画で歩くことができました。
山道としては珍しく西尾根稜線に沿って、一本線を引いたようにひたすらに登りが続きました。
暑さにまだ体が慣れてなく、汗を流しながら、いつもの四王寺山ではなく、祖母~傾縦走をしているような錯覚にとらわれました。
それでも、初めての山道を歩く時のわくわく感も手伝い、ひたすらに歩き通しました。
 

海倶楽部は海へ

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2017年 5月 8日(月)23時06分36秒
編集済
  皆さん好天のGWを如何おすごしでしたか?

山倶楽部の皆さん、10周年記念登山をおめでとうございます。
それにしても相変わらず素晴らしい豪華お料理の数々でしたね。

同じ日、海倶楽部はフル(古)メンバーで博多湾入口の「柱島」回航クルージングをしました。
西の風15mと強く、時々オーバーヒールしながらディンギー並みのセイリングを楽しみました。

「山倶楽部は今ころ山登ってんだよねー」とか話題にしながら水平思考の我々は海抜0㍍を玄界灘まで走り、強風の中、するするとジャイブし、柱島を回って玄界島に入港。

昼飯はいつものように赤いきつねと竹輪です。
僕のうどんの残り汁も「汚物の海洋投棄防止」で小戸ハーバーに持ち帰り、始末されました。
次回から汁の残らない、焼きそばにします。(反省)

強風の為か粗食を見限ってか、玄界猫団は今日は出没してきませんでした。。

次回は5月21日10:00 出艇の予定です。

<写真>
上段:今年から法令が厳しくなり、ライフジャケット未着用は罰金15万円だそうです。
中段:これが柱島。強風の中「するするとジャイブ」が本当は難しい。ここまでくると海の色が違う。
下段:早い早い!帆走だけで80分で博多湾を縦断。本日燃料不使用でした。


 

山倶楽部10周年のつどい

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2017年 5月 1日(月)23時52分12秒
編集済
  2007年7月第1回の山行を九重でおこなってから、今年10年の節目を迎えました。
そこで、これまで山倶楽部に縁のあった方たちに呼びかけて集うことにしました。
宿泊を伴う山行が32回(日帰りもあり)、他にもワンデーパーワン&個人山行と
現役当時にもひけをとらない活動をしてきました。

山倶楽部の活動を通して、あらためて自然の懐に身を置く心地よさ、
自然の中で汗をかく爽快感、あるときは体力の限界を感じ無我の境地に入ることも。
そして、気の置けない仲間とこの体験を共有できる幸せを実感することができました。

これからも無理をせず、のんびりゆっくりと歩みながら、次なる道標をめざしていき
たいと思えた10周年の集いでした。
 

山倶楽部10周年・超豪華BBQ!!

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2017年 5月 1日(月)23時48分33秒
  美紀シェフによる3度の食事は、どれも圧巻でした。
BBQはステーキ、タラバガニ、生の帆立、牛ロース、牛さがり、
手羽先・・・・、トルティーヤ、スキレット(初めて聞いた料理でした~)。
朝食は、焼きおにぎりのお茶漬けとオムレツ。
大根地山から下山してからの昼食はオーストリアのパンでオープンサンド。
10周年にふさわしい贅沢で豪華な食事でした。

さらに、お酒も凄かった!今回残念ながら私用のため急きょ不参加になった
隅田くんからの差し入れの東洋美人(プーチン大統領が山口を訪問した時に
飲んだという入手困難な日本酒)、田中さん持参のロブション・赤&白ワイ
ン、高山さん持参の浦霞・・・などなど。
一番驚いたのは、15時に集合して、BBQの下準備をしている間にプレ宴会が
始まり、あっという間に6本の瓶ビール(大)が空いてしまったこと。年齢を
感じさせないエネルギーを感じたひとこまでした。

写真上段・・・タラバガニ、帆立、牛ロース、アヒージョなどなど
  中段・・・東洋美人、浦霞、ロブションワイン、古酒・七夕(焼酎)など
  下段・・・夕方の強い日差しを避けて、お肌を守らなくちゃ~
 

山倶楽部10周年・ダッチオーブン大活躍!

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2017年 5月 1日(月)23時40分7秒
  今回のメンバーにダッチオーブンを持っているのが2名いたので、
美紀シェフが“ダブル・ダッチオーブン”と銘打ってメニューに
入りました。ダッチオーブンのベテランの坂本くんは塩サバ、か
まぼこ、ベーコンなどなどのスモークを、3月に道具を揃えたばか
りのビギナー雄二は美紀シェフの指導の下ママレード煮スペアリブを。

そして、出来上がった料理は感動でした!
筆舌しがたい・・・とはこのこと!

写真上段・・・マーマレード煮スペアリブ
  中段・・・坂本くんのスモークに感動!記念撮影パシャ!!
  下段・・・ダッチオーブンの中はオムレツ、上蓋は焼きおにぎり!
 

NSS山倶楽部10周年記念及び大根地山歩き

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 4月30日(日)15時20分51秒
  風薫る季節を迎え、NSS山倶楽部は、10周年記念行事を行うことができました。
先輩、後輩、同期(田中先輩、坂本、福本夫妻、福丸、永松、雄二、白土、高山、石松)
を交えて筑紫野市立竜岩自然の家で祝宴と背景にそびえる大根地山を歩いてきました。
借用した二棟のロッジ前では、メッチェンによる豪華な食材、田中先輩からの高級ワイン、隅田差し入れの銘酒等を
堪能することができました。
翌日は、有志で大根地山を歩いてきました。樹間を抜ける爽やかな風に吹かれながら、
あれこれと喋りながら、楽しい時間を過ごすことができました。
さらにロッジに戻ってからは、評判のパンによるサンドイッチや果物を美味しくいただきました。
 

陽気に誘われて近場の山歩き 笹尾山・龍ヶ城城址

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 4月28日(金)21時11分45秒
編集済
  昨日、天気が回復するのを確認して、白土と、ぶらりと近場の山歩きをしてきました。
自分たちが住んでいる近くの山にかつて山城が築かれていたことや、日露戦争に従軍し戦死や病没された
郷土の方々の忠魂碑があることが分かりました。
ほんの数時間の山歩きでしたが、清楚な草花にも出会えて気分爽快な半日でした。
一枚目は、全く展望のきかない笹尾山山頂です。
二枚目は、笹尾山から龍ヶ城城址に向かう尾根道です。
三枚目は、山野草「シャガ」です。
 

熊野古道を歩いてきました!

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2017年 4月15日(土)09時46分25秒
編集済
  4月8~10日(2泊3日)で熊野古道~伊勢志摩にザック隊で行き、
伊勢路(伊勢神宮~熊野本宮大社)の馬越峠コースを歩きました。
前日からの雨が歩き始める頃には奇跡的にあがり、当時の旅人や暮ら
しぶりのことを思い巡らせながら歩く時のながれは格別なものでした。
今回は1日だけの古道歩きでしたが、時間ができたらのんびりと宿にも
泊まりながら旅したいと思いました。

「山岳犬ザック」のブログにザック隊副隊長が、もう少し詳しく
レポートしています。よろしければ・・・

 

三分咲きの木の下で

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2017年 4月 3日(月)22時07分2秒
  去年のように
満開の木の下で‥とはいきませんでしたが
第二回花見の宴
17名のみなさんで
大変にぎやかに
楽しく
お話の花を咲かせることができました

やはり、私たちNSSには
アウトドアが似合う~
開放的な場所で
たくさんの
今を語り合いました

今日は楽しかったね、とLINEしたら

「とっても寒かったけど
心がポカポカ暖まりました」

という、ゆかちゃんからのお返事

本当にそうですね!
楽しみにしていたお花見も終わり、また
忙しい毎日ですけど
心のポカポカはまだ続いています

いいなあ
やっぱりNSS

沢先輩、突然のお誘い
ビックリされたかもしれませんが
ご参加いただき、ありがとうございます!
これからもときどき、お顔を見せてくださいね

田中先輩、真由美ちゃん
素敵な差し入れありがとうございました
次回はぜひ
ご一緒しましょう

来週辺り
桜もようやく満開
それぞれの場所で
美しい花の季節を
楽しみましょうね!




 

海倶楽部は海へ

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2017年 3月29日(水)00時06分13秒
編集済
  3月26日 久し振りに海倶楽部は4人で博多湾へ出艇しました。

暖かい春風の海は穏やかで、船底塗装をしたばかりのつるつるの艇は滑るように6ノットで走ってくれました。

船上の話題は「孫の話と年金問題」です。
僕ら団塊の世代が国の年金を食い潰し始めましたから、もらえるうちに積極的に請求した方が良いと思います。

最近「年金生活者」が「不労生活者」呼ばわりされがちになるのは困りますねえ。(笑)
我々団塊世代は在職中、その為に年金保険料をちゃんと払って(国家に積み建てて)来たのですが、世間の奥様たちのご意見の多くは「家から出てまだ働け」とのようですね。(-_-;)

でも受給額が毎年だんだん減るのは何故でしょうね?
質問すると難しい計算式をコピーして「制度が国会で変わりました」と言われます。

<写 真>
上段:出艇直後
下段:西南大学正門前の「サザエさん」像
   →西南前は「サザエさん通り」と言われています。
    設置当初は説明板が無く、「緑の河童」像が出来たと思っていました(笑)
 

第2回 NSS 花見の宴 in天神中央公園

 投稿者:81期 北島美紀  投稿日:2017年 3月13日(月)17時25分14秒
編集済
  一足早くサクラサク

今朝早くから、天神中央公園管理事務所の
花見の区画申し込みに並んでくださった
マツケン先輩から、すでに大行列だから
お目当ての土地のゲットは厳しいかもとの連絡があり、
半ばあきらめていた矢先の嬉しいお知らせでした

86番めだったのに
一番確保したかったA-4 です

日時 4月1日  18時開始
場所  天神中央公園A-4
会費 2000円

お店ではないので
時間は自由にどうぞ
買い出しはマツケン先輩のお店でします
結構寒いので防寒対策をお忘れなく
自分のだけでいいからクッションや座布団を
持ってきましょう
お湯を入れるマイボトルが持ってこられるかたは
空にして持ってきてください

参加できるかたは
このたまり場やLINEやメール、電話などで
お知らせください

去年、すご~く楽しかったから
今年もきっと楽しいと思います
たくさんのご参加お待ちしてまーす
 

船底準備完了しました

 投稿者:74期 藤丸純一  投稿日:2017年 2月28日(火)23時54分30秒
編集済
  山倶楽部の皆さん、活動の数々を楽しく拝見しています。

氷瀧の景色は厳冬に見られる一瞬時々の美しさがありますね。
なによりカメラマンの腕が素晴らしい。

逃げるように2月も終わり最早3月です。
確定申告は御済みですか?

海倶楽部も冬の間の恒例行事→上架、船底清掃、塗装、清水タンク交換とキールチェック。
春一番の海へ出航の準備は完了しました。

★昨年は海倶楽部に2つ良い事が有りました。
 ①突然日本丸に邂逅、その白い圧倒的な美しさに感動しました。
 ②予選ながらあの世界の「AMERICAS-CUP」を我らが艇から観戦できました。
            (本当は浜からの方が、良く見えるのですが・・)


 →今年も落水者が有りませんように!
  まずはただそれを祈るばかりです。


< 写 真 >

1年に1回だけ見られる艇の丸見えの下半身です。

でっかいケツのやさしいラインが、又なんとも色っぽいでは!(笑)
  触んじゃねーよ!・・ペンキが付くぞ。
 

春の陽気に誘われて~四王寺山~

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 2月25日(土)17時41分33秒
   今日、天気が良いとの予報でしたので、白土に声をかけて、観世音寺~岩屋城跡~焼き米ヶ原~太宰府市民の森~観世音寺をのんびりと歩いてきました。
 朝、8時過ぎに観世音寺駐車場に集合した時には、かなり寒くてダウンを着込んでいましたが、歩くにしたがって、体温も上がり、冷えた空気も快く感じ始めました。
焼米ヶ原では、お茶休憩をして、あれこれと山談義をしました。その後、大城山方面を歩き、途中から太宰府市民の森へと下っていきました。
 途中、年配の方々のグループや親子連れの登山者とすれ違いました。どの方も春の陽気を気分良く楽しんでいました。
 

写真の添付追加です

 投稿者:77期 白土慎一郎  投稿日:2017年 2月15日(水)16時56分24秒
  すみません。写真の添付漏れです。  

難所ヶ滝偵察山行~その4~

 投稿者:77期 白土慎一郎  投稿日:2017年 2月15日(水)16時25分31秒
  先日の石松の足跡を辿り、昭和の森~難所ヶ滝~三郡山~ツキ谷Aコースを歩いてきました。
花粉飛来の中、鼻水をずるずるならしながら(汚くてスミマセン!)今シーズンも今回で最後
かな?と思いながら・・・暖かな小春日和の中での山歩きでした。
追記)
昨年の10月に遭遇した『BS日本100名山』九重山の放映が2月20日(月)に有るそうです。
坊ヶツルで黄色いmont-bellのテントが写っていたら我が家です。(カットされてるかな?)
 

難所ヶ滝偵察山行~その3~

 投稿者:77期 石松勝則  投稿日:2017年 2月11日(土)17時51分19秒
   2月に入って今週末、猛烈な寒波が来る予報でしたので、今朝、宇美町昭和の森~難所ヶ滝~三郡山~ツキ谷Aコースを下って、昭和の森に戻るコースを歩いてきました。
 難所ヶ滝直下マイナス2度で氷瀑というよりも巨大つらら状態でした。つららの何本かは強風のためか、斜めに凍っていました。滝の様子を探った後は、休憩もせずにそのまま登り詰めて尾根道~三郡山の縦走路を歩きました。
 縦走路ではパウダー状の新雪が20cm程、積もっていましたが、歩きやすかったです。
 

氷瀑シリーズその4・英彦山四王寺の滝

 投稿者:77期松本雄二  投稿日:2017年 1月29日(日)21時37分33秒
  私も昨日、英彦山四王寺の滝に行って来ました。
当初の計画は、英彦山でも雪が深い北岳コースに行けば残雪を
楽しめるのではとないかと考えていたのですが、行ってみると
別所駐車場より先はチェーン規制がかかっていました。今シーズンは
愛車のスタッドレスタイヤが経年劣化のために小さな亀裂が入ったために
使えなくなり、ノーマルタイヤだったので北岳の登山口に行くのを断念。
変更したのが、四王寺の滝でした。この数日寒さが緩んだので、少々不安では
ありましたが・・・・

別所駐車場から奉幣殿に向かう道も凍結、凍結した道路に足を滑らせて転倒
したりと、下界とは違う世界が広がっていてワクワクでした。
四王寺の滝のとりつきからは雪も多く、アイゼンをつけて登りました。滝は
この数日の寒の緩みでかなり解凍がすすんでいましたが、それでも冬ならではの
美しい景色を見ることができました。今日は雨だったのでおそらく氷の芸術も
消えてしまったことと思います。次なる寒波を待つことになるのでしょうね。

写真上段:四王寺の滝&ザック
  中段:四王寺の滝の途中で出会った甲斐犬りく(4か月)と遊ぶザック
  下段:ドローンで滝を撮影中~(エンジン音がうるさ~い・・・)
 

レンタル掲示板
/68