teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:れお  投稿日:2018年 1月23日(火)01時08分57秒
  末廣先生、二年間ご指導本当にありがとうございました。また添削に時間を割いて下さった山本さんもありがとうございました。そしてゼミ生の皆様一年間ほどではありましたが仲良くして下さり、大変ありがとうございます。とても楽しい時間を過ごすことができました。

末廣先生、四年間お世話になりました。私が一年生の頃にメールを打つ際に敬語の使い方なども教えて下さり、社会人としての常識を一年生のうちから意識をするようになりました。また、授業を聞いていく上で主観的な感想ではなく、物語の背景や作者の意図、歴史背景を見ていくことで作品の面白みが増すことを教えて下さり様々な視点から文学作品、映画についてみていくようになりました。
末廣先生の講評では私は愛されキャラでありロックンローラーとおっしゃっていてとても嬉しかったです。内容については主観的な卒論になりつつも、文学的な考察ができているとのことを聞けて本をたくさん読んでいたことが成果として出たと思いました。しかしながら、論理的思考が苦手であり、よく注意をされたにも関わらず的外れな回答をするなど意味不明な行動をしてしまう場面も多々あったかとは思いますのでご迷惑をお掛けしました。これからは論理的思考ができるようになる為、もっと人の意見に耳を傾けて相手にわかるように納得いく回答ができる大人になっていきたいと思います。

私は素敵なゼミ生の仲間が出来たことと末廣先生に出会えたことがとても嬉しいです。このゼミでよかった点は皆が意見を出し合い、皆で高い意識を持ち無事卒業論文を完成させることができたことです。とても貴重な時間を皆さまと過ごせたことを誇りに思っています。ありがとうございました。
 
 

(無題)

 投稿者:かな  投稿日:2018年 1月22日(月)23時39分17秒
  末廣先生、2年間ご指導いただきありがとうございました。もっちゃん時間を割いて添削をしていただきありがとうございました。ゼミ生の皆さん、みなさんのおかげで2年間のゼミを楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。
末廣先生の総評はその通りで、苦手苦手といわず苦手にもっと飛び込めばよかったとゼミが終わってみて後悔しております。オズの魔法使いでは、常にギリギリにやってしまいもっと自分にも時間にも余裕を持って執筆をすれば人に読ませることができる卒業研究を完成させることができたのだと思っています。執筆計画の悪さや、ギリギリに個人相談に行ってしまったことや、提出の最後の最後までご迷惑をおかけしてしてしまったこと、申し訳ありませんでした。しかし末廣先生が呆れながらもお力をお貸ししていただいたおかげで卒論研究を提出することができました。ありがとうございました。感想文ではなく論文になっていたと言っていただきとてもよかったです。
もっちゃん、お忙しい中添削をしていただきまた、貴重なお休みをゼミに足を運んでいただきありがとうございました。もっちゃんの添削には励まされいた部分がありました。ありがとうございました。
ゼミ生の皆さん、皆さんは意識が高くいつも自分がやばいな、と思わせてくれる存在でした。皆さんと過ごした2年間は今まで過ごしたことがないような貴重な時間でした。ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:ほっしー  投稿日:2018年 1月22日(月)21時26分36秒
  まずは末廣先生、二年間ご指導頂きありがとうございました。もっちゃん、プライベートの時間を割いて添削をして頂きありがとうございました。そしてゼミ生の皆さん、みんなのおかげで二年間楽しく過ごすことができました。心から感謝しています。ありがとうございました。

末廣先生の講評での酷評はもっともで、自分についていえば、題材選びやテーマ決めの段階でつまづいてモチベーションを高く維持できなかったのが事実です。それをゼミ室まで引きずって、ゼミ全体の空気を緩ませてしまったことについては、深く反省しています。申し訳ございませんでした。

さて、卒論発表会の後に、講義のレポートのために論文体で書かれた本を読む機会がありました。不思議なことに、ようやく卒論との縁が切れたはずなのに、僕はその本を自分の論文に取り込もう、という意識で精読していました。そこで感じたのは、自分の論文は不完全燃焼に終わったものの、そのおかげでまだ意識が開かれたまま終わることができたのではないか、ということです。この経験が失敗かどうかはまだこれから決めることができる、という可能性に救いを感じました。それと同時に、さらに深く自分を戒めていかなければならないなと感じました。

ゼミ室での緩んだ空気、というのが全てではなく、卒論と向き合う時間にはひとりひとりが真剣に考え、悩んでいたことを僕は知っています。みんなでいるときには楽しく、一人になれば真剣にやる。みんなで集まったときの緩んだ空気は、一人の時間の苦悩の反動からくるものであったことを知っています。切磋琢磨、という言葉の誤用が指摘されたように、たしかに僕たちは個人プレーに走り、ゼミ生といる時間には馴れ合いに甘んじてしまったと思います。互いに高め合う、というゼミナールの理念とは逆を行ってしまいました。僕たちは過ちを犯した世代、末廣ゼミの歴史ではそれが全てです。でも、それをどう反省し戒めるかで、その間違いが僕たちの人生でもつ意味は変えていけるはずです。末廣先生の酷評もまた、単なる腹いせではなく、僕たちに見直すための機会を与える優しさが込められているのだと思わずにはいられません。

長くなりましたが、
みんなと過ごした時間はかけがいのない思い出です。それだけは絶対に間違いありません。

最後に、三年生がこの書き込みを読むかもしれないということで、卒論発表会で言い残したアドバイスを書いておきます。

作品を最初に見たときのインプレッションを書き残しておくことをおすすめします。
研究を進めるにつれて自分の理解が深まると、なにが誰にでもわかることで、なにがわからないのかということが混乱してよくわからなくなってしまいます。一人よがりの論文にしないためには、最初に見たときの感想や気づいた点を書き残しておいた方が、読者に寄り添った論文が書けるはずです。

それでは、卒論制作がんばって下さい。
 

2年間ありがとうございました。

 投稿者:さき  投稿日:2018年 1月22日(月)21時04分23秒
  末廣先生、もっちゃん、ゼミ生の皆、2年間ありがとうございました。
末廣先生、2年間様々なことを教えて下さりありがとうございました。卒論執筆におきましては熱心にご指導してくださったこと本当に感謝しております。ありがとうございました。私の執筆計画の悪さや、最終の提出時でのミスなど、お忙しい中たくさんのご迷惑をお掛けしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。最終的に提出できたことは、たくさんのお力添えのおかげです。本当にありがとうございました。
酷評されてしまったこととても反省しております。それほどの思いをさせてしまっていたこと申し訳ございませんでした。
卒論発表を終え、もっと議論が深められるところや結論と本論のまとまりがなかったなどの反省点がありました。一番は時間に余裕を持てなかったことを反省し、今後社会人になってからそのような事がないよう戒めたいと思います。

もっちゃん、ご多忙の中ゼミに足を運んでいただいたり卒論の添削をしてくださったりありがとうございました。
ゼミ生の皆、2年間ありがとう!たくさん色々助けられ、ほんとに感謝しています。ゼミのメンバーがみんなでほんとに良かったです。私にとってゼミの空間が安心できる場所となっていきました。色々反省すべき点はありますが、こうして今に到れることはとても良かったです。残り少ない時間ですが、よろしくお願いします。
 

2年間ありがとうございました。

 投稿者:ひなの  投稿日:2018年 1月22日(月)18時56分52秒
  2年間お疲れ様でした。

まずはじめに、末廣先生、2年間熱心なご指導ありがとうございました。そして、もっちゃん、お忙しい中卒論の添削、また卒論発表会への参加ありがとうございました。

2年間を振り返ってみると、末廣ゼミへの所属が決まり、ゼミ生のみんなと顔合わせをしてから今日までとても早かったように感じます。また、4年生の1年は卒論の作品決めから、卒論発表会まで本当にあっという間だった気がします。個人相談の際に末廣先生からいただいたアドヴァイスを、次の個人相談までにどう改善するか、そして次にも進まなくてはいけない、そういった自分の中での葛藤は最後の最後までつきまとっていた気がします。もともと文章を書くのが苦手で、さらに語彙力のない私には、卒論を書いている時間は苦しい時間でした。そんな中最後まで論文を書き終えることができたのは、末廣先生、もっちゃん、さらにはゼミ生のみんなのおかげだと思っています。

総評で末廣先生に酷評をさせてしまったこと大変申し訳なく思っています。先生からのお言葉を真摯に受け止め、反省し、これからに活かしたいと思います。私はみんな決して気が緩んでいたり、やる気がなかったわけではないと思っています。しかし、時間を割いてまで熱心にご指導してくださった先生のモチベーションに、そして期待に応えられなかったことは、反省すべき点だと思います。本当にすみませんでした。私は、個性豊かなゼミのメンバーが本当に大好きです。みんなと話をしている時間が私の癒しであったことに間違いありません。

最後になりましたが、末廣先生、もっちゃん、そしてゼミ生のみなさん2年間本当にお世話になりました。頼りないリーダーで会計をやらせていただきましたが、少しでもみんなのお役に立てていたら幸いです。楽しい思い出が沢山ある反面、課題が大変だったりと辛かった思い出もあります。しかし、私は末廣ゼミに入ってよかったと胸を張って言えます。素敵な2年間をありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:まゆ  投稿日:2018年 1月22日(月)18時45分53秒
  末廣先生2年間熱心にご指導いただきありがとうございました。もっちゃんお忙しい中、添削していただきありがとうございました。4年ゼミ生のみんな、今までありがとう。

卒業論文では、末廣先生やもっちゃんが体力を削ってまで熱心にご指導してくださったのにもかかわらず、途中でモチベーションが下がってしまい、不完全燃焼でおわってしまったこと、悔しいし申し訳なく思っております。

総評での先生のお言葉を受け止めて、しっかり反省をして今後の人生歩んでいこうと思います。私の言動によって先生をはじめ、不快な思いをさせてしまった方々には申し訳なく思っております。

4年ゼミ生のみんなに出会えて2年間ゼミ楽しかったです。
2年間本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:きゃんきゃん  投稿日:2018年 1月22日(月)16時44分8秒
  末廣先生、二年間ご指導いただきありがとうございました。もっちゃん、お忙しい中、添削していただきありがとうございました。

卒論に関しては、先生の指摘にあったように高いモチベーションを維持できなかったことは事実です。自分の場合は教育実習が終わったことで緊張の糸が切れてしまいました。熱心に指導していただいたのにそれに対する意識が低かったことは先生ともっちゃんに失礼だったと思います。申し訳ありませんでした。

文章を書くことが苦手な自分にとって卒業論文は地獄のようでした。しかし、ゼミに行くことは毎週すごく楽しみな時間だったので、高い評価を得られるものではなかったですが、なんとか形になりました。乗り切れたのはゼミのメンバーが2年間仲良くしてくれたおかげだと思っています。ありがとうございました。

最後になりますが、二年間末廣ゼミで経験したことは自分の大学生活において最も充実していました。末廣先生、もっちゃんのご指導や、ゼミのメンバーの雰囲気があったからそう思えるのだと思います。二年間ありがとうございました
 

おもひで

 投稿者:こーたろー  投稿日:2018年 1月22日(月)15時33分9秒
  末廣先生、2年間ご指導いただきありがとうございました。熱心にご指導して頂いたにもかかわらず、結果で答えることができなかったことを反省しています。
もっちゃん、忙しい中添削してくれてありがとう。低いレベルではあるけどなんとか形になったのはもっちゃんの添削のおかげです。

ゼミで過ごした2年間は本当におもしろかったです。学校の授業は基本的には行きたくないし、休講にならないかなーといつも思ってましたが、ゼミに関してははやく月曜日にならないかなーという気持ちでした。そのぐらいゼミが好きです。典型的なクズ大学生だった自分が少しまともになれたと思います。ゼミの後にみんなでだらだら喋ってる時間が好きです。みんな仲良くしてくれてありがとう。卒業しても忘れないでください。忘れられたら思い出させます。


とーもんがリーダーだからゼミの雰囲気が悪くなったとか誰も思ってないです。なんだかんだでみんなとーもんのこと好きだし感謝してます。
 

(無題)

 投稿者:ひかり  投稿日:2018年 1月22日(月)15時05分24秒
  末廣先生、2年間ご指導いただきありがとうございました。もっちゃん、お忙しい中卒業論文の添削ありがとうございました。東門くん、ゆみ、ひなの、ひろか、リーダーとしていろいろ仕事を引き受けてくれてありがとうございました。メンバーのみなさん、2年間仲良くしてくれてありがとうございました。

思うことはたくさんありますが、まずは末廣先生、お忙しい中熱心にご指導していただいたにも関わらず、それに応えるだけのモチベーションを持って卒業論文に向き合うことができず申し訳ございませんでした。個人的にゼミ生の緩い雰囲気が好きで、私にとって落ち着く場所であったのですが、その弛んだ空気を卒論にまで持ち込み、先生や真面目に卒論を書いているメンバーに不快な思いをさせてしまったことは本当に反省しています。私の卒業論文は殊勲賞をいただいたものの、個人的にはまだ不完全燃焼な箇所が多々残るものとなりました。しかしこれは周りの空気に流され手を抜いた結果ではなく、私はむしろ、みんか頑張っていると公言しないものの、どうせちゃんとやっているんだろうなと思っていました。私は、性格上頑張っていることをアピールしないようなメンバーが多いだけで、一人一人それなりに卒業論文に真摯に向き合っていたのは事実だと思います。しかし、メンバー同士モチベーションを高め合い切磋琢磨することができなかったのも事実で、末廣先生にご指摘いただいたことは反省すべき点だと思います。
結局なにが言いたいのか分からなくなってしまいましたが、とにかく、不快な思いをさせてしまった末廣先生やメンバーのみなさん、申し訳ございませんでした。

最後になりますが、私はこのゼミに入って本当にいい思い出がたくさんできました。末廣先生、メンバーのみなさん、2年間ありがとうございました。また遊んでください。
 

(無題)

 投稿者:めいめい  投稿日:2018年 1月22日(月)13時32分48秒
  2年間お疲れ様でした。

末廣先生、2年間親身になってご指導してくださり本当にありがとうございました。多忙な中卒論添削をしてくださったもっちゃん、そしてゼミ生のみなさん、今までありがとうございました。

卒論を振り返ると、映画の分析力が自分にはまだまだ足りていないということが目に見えて分かり、先生からいただいたアドヴァイスも活かしきれず、不完全燃焼に終わってしまったので、悔しく思うのと同時に、熱心にご指導してくださった先生やもっちゃんに申し訳なく思います。私は文章を書くのが苦手なこともあり、説明不足だったり言葉が抜けていたりすることが多く、もっちゃんが仰っていた自分の意思を相手に伝えるということが本当に難しく感じ、もっと正確に自分の意思を伝える能力を付けなければと思いました。この卒論で学んだことや、見つかった改善点を整理し、今後の成長に役立てていきたいと思います。

そして、発表会の先生の総評はとても厳しいものでしたが、今後社会人になったら、ここまで叱ってくれる人はなかなかいないと思います。そういう意味でも、先生の言葉を真摯に受け止め、一人一人が自分のことを振り返り、反省すべき点はしっかり反省するべきだと思いました。
そう思う反面、私はこのゼミメンバーのみんなの個性豊かなところが好きでした。このゼミメンバーのおかげで私は2年間楽しく過ごすことができました。ありがとう。

最後になりますが、2年間末廣ゼミのみなさんと過ごすことができて本当に楽しかったです。
時には悩んだり投げ出したくなることもありましたが、みなさんのおかげでここまで来ることができました。本当にありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/197