teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大きな古時計

 投稿者:kei-3  投稿日:2013年10月20日(日)21時22分31秒
返信・引用 編集済
  ♪ 曲がった尻尾の白い猫 突然いた 仔猫
  ある晩玄関に座ってた 小さな猫さ
  ドアを開けて聞いてみたら 入ってきた猫さ
  なぜか 僕に つきまとう この仔猫

  オトーチャン慌てて ミルク買って フード買って
  オトーチャン慌てて トイレ買って 獣医に行って
  今は もう 動かない うちの猫

(2) 七年過ごしたうちの猫 住み着いた 白猫
  体をこわして寝ていたら、不思議そうに寄ってきた
  嬉しいときも悲しいときも 変わらず懐いてくれた
  今は もう 動かない うちの猫

  カリカリ食べて スクスクスクスク
  僕の手足も ガリガリガリガリ
  だけと もう カジらない うちの猫

(3) 真夜中になにがあった オトーチャンの みるく
  お別れの時が来たのに 気がつかなかった
  天国に昇る みるく オトーチャンを置いて
  今はもう動かない みるく

  カリカリ食べて スクスクスクスク
  オトーチャンと一緒に のんびりのんびり
  それが、ずっと、続くって 思ってた…
 
 

命がけってさぁ、すごいよ。

 投稿者:kei-3  投稿日:2013年10月13日(日)13時31分17秒
返信・引用
  もういないみるくと始めてあった時、みるくは、俺が帰宅する前に、ドアの前に座ってた。
なぁ、何を待ってた?
俺が猫嫌いだったらどうするつもりだったんだ?
俺に蹴りを入れられたりしたら、どうするつもりだったんだ?
生後2ヶ月で死んじゃうかもしれなかったんだぞ。

その覚悟はどこから来たんだ?
 

いやだいやだいやだ

 投稿者:kei-3  投稿日:2013年10月 8日(火)11時08分11秒
返信・引用
           ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                   ヽ|
     l                         l
    .|    ●                |    んーとね・・
     l  , , ,           ●     l
    ` 、      (_人__丿    、、、   /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /    ●                  ヽ|
     l   , , ,             ●      l
    .|        (_人__丿     、、、  |    バイバイ
     l                      l
    ` 、                       /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´
 

きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。

 投稿者:kei-3  投稿日:2013年10月 6日(日)13時48分10秒
返信・引用
  七年間ありがとう。幸せだったか?
バイバイ。

よかったら、毛皮着替えてまたおいで。
 

ホーム・アローン!?

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年10月 9日(木)21時20分16秒
返信・引用
  みるくが来てから2年半弱。
泊まりの外出は一度だけだったのだけど…。

腹膜炎手前で入院することになってしまった。

一応頼んではあるのだけど…
人見知りみるくの運命はいかに?

(出来るだけ早く帰るからな。飼い主の顔忘れるなよ)
 

ほぼ2才。

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 4月30日(水)14時32分54秒
返信・引用
  みるくはたぶんだいたい2才。
元気に生きていてくれてよかった。また1年よろしく。

ところで他の猫飼いから「酒の匂いをさせて帰ると、寄ってきてくれない」と聞いた。
えーと、みるくは全然気にしないようですが…
拾ったとき酔っていたから、その匂いがオトーチャンのデフォルトになってる?
 

もふもふ。

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 4月14日(月)21時56分19秒
返信・引用
  お腹の毛がもふもふw
 

条件闘争。

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 3月 6日(木)15時56分30秒
返信・引用
  ある日目覚めると、こんなになってた。人の目を盗んで、コタツの上に乗ってるな…。
というわけで、しつけレベル後退。
「ぼくが家に居るときは、コタツの上に乗らない」が
          ↓
「ぼくがコタツに座ってるときは、コタツの上に乗らない」まで妥協。
弱っ!>飼い主
 

猫も、犬も、鳥も、   それから、人も。

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 2月 8日(金)21時28分29秒
返信・引用 編集済
  なにか、響く文章を見つけました。
ちょっとコピペ。
前段も中段も後段も、それぞれいいなぁ。

虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
…まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと…。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…。


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。


そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。


こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。


大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。


でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。


地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。


死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているです。


ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。


命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。


その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。


思い出してください。


動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。


それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。



信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。
 

よかったら

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 2月 7日(木)23時23分11秒
返信・引用
  見てみて。
http://nekogasuki.exblog.jp/i2/
 

距離感

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 2月 3日(日)16時38分35秒
返信・引用
  こわいなぁ・・・でもなにかなぁ・・・

来客があると、ずっとここで客間の様子を探ってます。
以前は僕の部屋に篭って出てこなかったので、少し進歩。
 

めずらしい香り

 投稿者:kei-3  投稿日:2008年 1月26日(土)10時26分7秒
返信・引用
  あれ、はじめて嗅ぐ香り。なんだろう?



(ごめんな、うるおいのない家でw)
 

ほぼ米袋大。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年12月17日(月)14時41分0秒
返信・引用
  とうとう体重5キロをオーバーしました。
ベッドに乗ってると、これがけっこうかさばる。

毎晩、これを避けてベッドの端で寝ています(涙)
 

リトル沖縄

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年12月 6日(木)14時17分44秒
返信・引用
  銀座8丁目でした。
ご参考までに。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13002636/
 

獣拳(笑)

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 9月28日(金)20時54分54秒
返信・引用
  さぁ、かかってきなさい

…って、ぼくに言ってるのか?
 

暑いよねぇ…。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 8月17日(金)22時31分30秒
返信・引用
  でも、暑いからといって
その見送り方はないんじゃないか?
 

信じられない。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 7月12日(木)22時24分26秒
返信・引用
  今日、会社で訊かれた。
「デスクの上に猫の写真を飾ってるけど、もしかして遺影?」

…ハァ?

なんでそういう発想が出るのかわからなかった。
まぁ、腕の引っかき傷を見せたら、存命(どころじゃない、元気!)と納得してもらえたが。

そんなことする人がいるのかなぁ。
もし、みるくの遺影がデスクに置いてあったら、僕は仕事なんてできないけど。

それはさておき、みるくは空のゴミ箱に頭から飛び込んでる。
どうターンして上を向いてるのか、ちょっと謎w
 

ここが好き その3

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 6月16日(土)13時31分4秒
返信・引用
  こたつで味をしめたみるくは、テーブルに変えてもその下が好き。
おかげで脚が伸ばせない。
 

首輪をさせてみました。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 5月19日(土)20時17分53秒
返信・引用
  似合うかな?
 

♪山寺の、和尚さんは♪

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 4月30日(月)20時29分45秒
返信・引用
  猫をかんぶくろに押し…
なんてしなくても、みるくはポリ袋に潜り込むのが好き。

そこを蹴…じゃなくて、掴んでブランコのようにブーラブラ。
(袋の中で逆立ちしてても気にしない。)
放心状態の猫の顔は初めて見た。

それでも、懲りずにまた袋に入る。
もしかして、この遊び、好きか?
 

ほぼ1才。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 4月26日(木)21時53分52秒
返信・引用
  みるくと会ってから10ヶ月。
会ったときが生後2ヶ月位らしいから、もう、ほぼ1才。
相変わらず「だるまさんがころんだ」をしてる子供だけど、
1年生きられた。よかったね。
これからも仲良くしようか。
 

今宵、どこかのバーで

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 4月 7日(土)20時39分48秒
返信・引用
  たまたま、みるくがうちに来た話をしてしまった。
「玄関前で鳴いてて、ドアを開けたら入って来て、
階段登ったら付いてきて、座ったらひざの上で寝た」と応えたら、
返ってきた反応は

「それ本当に猫の話?」

はいはい、本当に猫の話ですよ。色気がなくて悪いねwww
 

ここがすき  その2

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 4月 7日(土)16時55分47秒
返信・引用
  相変わらず階段の枠も好き。
左は去年9月。半年で体のボリュームが増したね。
 

トイレまで…

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 3月26日(月)19時44分36秒
返信・引用 編集済
  もう、僕が1人でいられるのはお風呂だけw。
 

ここが好き その1

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 3月17日(土)08時23分27秒
返信・引用
  枕の横は、みるくの毎朝の指定席。
朝になると布団から出てきて、僕の顔をベロベロ舐めて起こしてくれる。
おぉ、賢い。(結構舌は痛いんだけど)
問題は、それが5時前だということ…
もう少し寝かせて欲しいもんだ。寒いし。
 

そういえば…昔話。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 2月27日(火)20時07分1秒
返信・引用 編集済
  みるくが小さかった頃は、食事にも結構気をつかった。
その頃は(今も少しは)まとわりつき猫だったから、台所で何かをするのは不可。
離れてると寂しがるから、カップヌードルで我慢することにしたけど、
3分後に、物珍しさでテーブルの上に乗ったみるくをどけたら…
爪がテーブルクロスにかかってて、ひっくり返った!
汁の直撃を受けた両足首は大火傷。
両手はみるくを持ってるから、どうしようもない。
まだ跡が残ってる。

教訓
・テーブルに乗らないようしつける!
・テーブルクロスなどするな!
後者だけ実践済み。前者は努力中w
 

4キロ突破!

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 2月25日(日)20時10分58秒
返信・引用
  遊んでたら手が傷だらけになったので、今日は獣医で爪切り。
体重測定をしてみたら…4.05キロ。1ヶ月で600グラム増加。
とうとう、獣医にダイエット推奨されてしまいました。

最近、乗られると膝にくると思ってたんだよなぁ…。
タバコも小さく見えるし。

しょうがない。ダイエットだ。
少しはつきあうから、あまり文句言わないでくれよ。
 

たまには、みるくから離れて

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 2月24日(土)21時09分27秒
返信・引用 編集済
  あぶく銭が入ったので、新型赤nanoを買ってしまいました。
いいケース(ディスプレイもホイールもフルカバー)も入手して、ご機嫌です。

…いや、赤いからといって3倍早く音楽を聴くつもりはないですがw
 

何等身?

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 2月23日(金)20時47分34秒
返信・引用
  みるくがうちに来て8ヵ月。すくすくすくすくすくすく…と体だけ成長した。

頭ちっちゃ。
 

無防備。

 投稿者:kei-3  投稿日:2007年 2月17日(土)15時21分47秒
返信・引用
  おなか出して(なぜか頭は起こして)お休み中。
 

レンタル掲示板
/5