teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/27 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

倉敷芸術科学大学

 投稿者:  投稿日:2010年 1月10日(日)17時42分13秒
  通報 返信・引用
  2010年、日本検察陣は「誰に?」ナンボで「買われた」のか?漆間巌、大林宏、田母神俊雄!
   http://kihachin.net/klog/archives/2009/03/kensatsu.html
小泉内閣が強行した有事法という奴隷法案をの下で北朝鮮ミサイル騒動を煽って一気に軍
需経済の確立を図るプログラムが着々と進行している最中に政権交代などされては適わな
い。
形振り構わない検察の暴走には真っ黒い厳然たる理由が存在するのだ。
行政を飼育してきた軍需経済が司法も飼育していることなど子供でも分かる常識である。

http://esashib.hp.infoseek.co.jp/teposodo01.htm
北朝鮮がミサイル発射や核実験を行った翌年には、米国からの援助が増加。
(春名名古屋大学院教授)日G09・4・9
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html
調べてみて愕然とした。今度の西松事件の捜査と小沢秘書逮捕の一件は、
官邸の漆間巌と検察の大林宏の二人の連携作業なのではないか。
漆間巌、大林宏、田母神俊雄。
警察と検察と軍(自衛隊)の頂点の人間たち。
こうして見ると、現在の日本がどういう国であるかがよく分かる。
この現在の日本国と日本国憲法がどのような関係であるかがよく分かる。
今の日本は、外形は違うが中身は戦前の大日本帝国と同じになっていて、
過激な右翼のイデオロギーを内面化した人格が権力機構の頂点に立ち、
彼らの理想と目標に従って統治が行われている国家である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/27 《前のページ | 次のページ》
/27