teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/27 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

世の中の不条理2

 投稿者:M  投稿日:2009年 2月 4日(水)15時43分50秒
  通報 返信・引用
  <<まちネット:メーリングリストからの転記です>>

OZくん、FUさん、MIさん、返信ありがとうございます。
倉敷にも松岡修三ばりに熱い人がたくさんいますね(笑)

さて、OZ君の言うとおり、私たち市民が諦めなければ、倉敷はもとより、
国だって、世界だって、絶対に変えることができると思います。

また、FUさんの言われる通り、世界は日本の本質を見抜いています。
日本は世界有数の経済大国であり、また世界唯一の被爆国でもあります。
核の恐ろしさ、その残酷さを体験している唯一の国です。
だからこそ日本は、平和憲法を誇りに思い、世界平和のリーダーと
なるべきであり、
世界のどの国よりも積極的に核廃絶に取り組まなくてはならないのに、
いつまでのアメリカの顔色ばかりを伺っていては、
何のアイデンティティもないアメリカの犬と言われても仕方ないのでは
ないでしょうか?

MIさん、オバマ大統領のキャッチフレーズ「Yes,we can.」は
とてもいい言葉ですよね。
まさしく「やればできる!」だと思います。
前回、山陽新聞の記事を参考にしながら、今の議会がその役割を
果たしていないと書きましたが、
その国の政治は、その国の国民の質を表す鏡であると言われます。
結局、私たち市民がまず、その役割を果たさない限り、
その鏡である議会や行政はよくなりません。
そして、私たちは現在、その役割を果たせていません。
私たち市民の役割は、前回も書いたとおり、
政治を行政や議会任せにするのではなく、きちんと関心を持ち、
言うべきことは市民も立ち上がって勇気を持って主張する。
そして、任期中の働きをきちんと評価して、選挙で最終審判をしっかりと下す。
また、選挙方法が十分でなければ、選挙を変えていく。
(選挙が変われば、政治家を目指す人も もっと増えるはずです)
これが今の日本の民主主義の中で、私たち市民に与えられた役割ではないでしょうか?

例えば、私たちが具体的にできること・・・。
岡山NPOセンター倉敷支部では、支部を発展させ、
来年度に倉敷NPOセンターを設立できるように現在努力しています。
その倉敷NPOセンターの役割の1つとして、マニフェスト評価を考えています。
倉敷市長のマニフェストを定期的(2年に1度)に評価し、
評価だけでなく、合わせて市民目線の提案をできればと考えています。
市民一人の声は小さくても、それをたくさん集めれば大きな声となり、
行政や議会、しいては倉敷のまちを変えることができると思います。
市民の声を集め、行政との橋渡しをするのが中間支援組織の役割だろうし、
倉敷NPOセンターの目的の大きな柱だと思っています。

ですから、みなさんも自分の興味のある分野だけで構いませんから、
政治に興味を持っていただいて、その興味ある分野の評価をして
頂ければと思います。
例えば、環境問題であったり、子育てのことだったり、福祉のことだったり、
観光のことだったり、青少年教育のことだったり、国際交流でも、
何でもいいのです。
すべてのことに興味を持つことは大変でしょうから、
1つだけでも興味を持って、倉敷市政を注意深く見つめ、
市長のマニフェストが実現できているか?
その努力は適切か? マニフェストに足りない部分はないか?
足りないなら、市民側からいい提案はできないか?
ということを市民の皆さんにご協力頂きたいと思っています。
そうすれば、市政をきちんと監視することになりますし、
いい政策提言ができれば市政への応援にもなりますし、
自分たちの手で、自分たちのまちを創ることもできますし、
次の選挙の参考ともできます。
合わせて、市議会の働きを評価するのもいいでしょう。
また、行政・議会ができていないところ、できないところは、
ただ評論するだけでなく、市民側でも協力できるところは協力し、
お互い助け合い、補っていくことも大切だと思います。(協働)

倉敷も、日本も、世界も、市民の力できっと変えることができるはずです。
世界平和も、遠くにあるものではなく、私たち一人一人の心の中に
その実現の一歩があると私は思います。
地球温暖化の問題も全く同じだと思います。
私たちの小さな一歩が必ず未来につながっていくはずです。
諦めず、みんなで頑張りましょう。
「Yes,we can.」
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/27 《前のページ | 次のページ》
/27