teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


署長以上管理職は、一人年間数100万円の裏金を懐に入れている。埼玉県警は?

 投稿者:警察の裏金問題   投稿日:2016年 4月 1日(金)21時54分7秒
返信・引用
  署長以上管理職は、一人年間数100万円の裏金を懐に入れている。
5年前告発した当時は、年間全国で400億円の裏金が幹部に。もちろん全部税金。

3月の異動時期に持っていくの、800万ですよ。
現金で、署長が持っていくんですから。裏金の残った分を。
国家予算県の予算もトータルして裏金言いますけど、副署長が持ってます。

その800万はと、署長も全部自分の懐にはいらず、上納する。
3月の異動で栄転していただいたお礼を本部長やNO2の刑事部長に札束を渡すんだとこういうわけですよ。


埼玉県警は?


▽加須警察署 副署長(生安特捜隊長)岩谷敬三
▽久喜警察署 副署長(組対課主席調査官兼次席)矢島金男
▽東入間警察署 副署長(公安3課調査官)國分善幸
▽東松山警察署 副署長(運転管理課主席調査官)三井田哲也
▽川越警察署 副署長(捜査3課主席調査官兼次席)小菅誠
▽大宮警察署 副署長(関東管区警察局)山並俊彦
▽大宮西警察署 副署長(交通安全対策推進室長)近藤峰彦
▽蕨警察署 副署長(警察庁)山本恭茂
▽川口警察署 副署長(警務課総括調査官兼次席)中川広康
▽朝霞警察署 副署長(保安課主席調査官兼次席)浅見敏
▽草加警察署 副署長(情報管理課同兼次席)小林和也
▽上尾警察署 副署長(警務課主席調査官)三浦孝一
▽狭山警察署 副署長(捜査1課調査官)鈴木春美
▽飯能警察署 副署長(航空隊長)町田裕史
▽小川警察署 副署長(公安1課調査官)松成尚樹
▽寄居警察署 副署長(保安課同)藤多和歌一
▽羽生警察署 副署長(捜査1課同)井野信二
▽春日部警察署 副署長(広報課主席調査官兼次席)新井和夫

▽浦和警察署 署長(東北管区警察学校長)斎藤文彦
▽川越警察署 署長(近畿管区警察局情報通信部通信庶務課長)遊馬宏志
▽浦和東警察署 署長(外事課長)田中秀樹
▽浦和西警察署 署長(警務部理事官兼監察官)大森文夫
▽大宮東警察署 署長(自ら隊長)濱近拓弘
▽武南警察署 署長(刑事部理事官兼組対課長)近藤勝彦
▽東入間警察署 署長(薬物銃器対策課長)野口春樹
▽所沢警察署 署長(総務部理事官兼総務課長)関口啓一
▽西入間警察署 署長(地域部同兼通信指令課長)大熊衛
▽秩父警察署 署長(生活経済課長)齋藤保
▽本庄警察署 署長(交通捜査課長)熊谷嘉弘
▽児玉警察署 署長(高速隊長)結城弘
▽熊谷警察署 署長(生安部理事官兼生安企画課長)伊古田晴正
▽深谷警察署 署長(危機管理課長)相原浩哉
▽加須警察署 署長(捜査4課長)安達英明
▽岩槻警察署 署長(保安課長)安藤茂
▽久喜警察署 署長(監察官)岩崎茂
▽杉戸警察署 署長(交通指導課長)風上正樹
▽吉川警察署 署長(生安部理事官兼子ども女性安全対策課長)坪信孝
▽蕨警察署 署長(警務部理事官兼監察官兼4方面副本部長)会田隆
▽上尾警察署 署長(警備部理事官兼警備課長)富岡洋
▽小鹿野警察署 署長(公安2課長)寺山卓也


「警察の裏金問題」 仙波敏郎
https://www.youtube.com/watch?v=AlsJX79Kcvo
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-e111.html

https://www.youtube.com/watch?v=AlsJX79Kcvo

 
 

関ヶ原の戦いは、「徳川」と「島津」の陰謀

 投稿者:ねこ  投稿日:2014年 5月 2日(金)11時36分38秒
返信・引用
  関ヶ原の戦いは、「徳川」と「島津」の陰謀
http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/39/266_1.html
島津氏は、最初から薩摩を滅ぼすために送り込まれた裏切り一族。
その証拠に、島津一族は、当初から鹿児島にいた証拠がない。
その子孫も、鹿児島にいない。
それどころか、現在は、東京、仙台などに集中している。
鹿児島には、こういった、「名ばかり」の支配者が多く、
ほとんどが、確信的裏切り部隊だ。
島津義弘の薩摩殺しは絶妙だった。
その菩提寺が、「徳重神社」となって、徳川を堂々と名乗る。
ここの関係者も邪悪な裏切り者であったことは、歴史から明らか。
(仮説を含む)
( http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/01/3/37.html )
 

日本の裁判制度は武士階級の作ったインチキ制度

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年10月21日(月)10時54分33秒
返信・引用
  日本の裁判制度は武士階級の作ったインチキ制度
http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0203/34/226.html
そもそも、支配階級が、自ら損をするような民主的な制度を作るはずがない。
憲法も法律も詳細に分析すると、中身は「言葉遊び」で、
最初から「二枚舌」、「抜け道」が用意されている巧妙な組織詐欺であることがわかる。
当然、裁判官、弁護士、すべての権力者は、古代からの世襲の連続だ。
昔はひどかったが、今の世の中はよくなった・・・・と、
歴史が始まってから支配者階級は、永遠に繰り返し言い続けている。
実際は、何も変わっていない。
それどころか、ますます巧妙に、ますます悪質になっている。
権力を有する者は、その権力と同等の義務を負う。
これが、人類いや生物の自然の摂理だ。
だから、天皇、首相、裁判官らのような最高権力者は、
祖先のこと、身の回りのこと、友人関係から食べ物、身の回り品まで、
ことごとく公開せねばならない。家計簿、通帳、財布の中身、資産、クレジットカードなど、
当然のこと。
それが出来なければ辞任すればいい、変わりはいくらでもいる。
(仮説を含む)
( http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0103/38/266.html )
 

アクションスポーツパーク岡山を存続させる為に

 投稿者:小池菓子舗 四代目  投稿日:2010年 7月20日(火)18時09分23秒
返信・引用 編集済
  すべてエックススポーツ愛好者の皆様へ


新聞記事またはSNS記事等でご存知かもしれませんが、アクションスポーツパーク岡山が存続の危機に陥っております。


岡山市は来年6月末をもってアクションスポーツパーク岡山を閉鎖する見込みとの記事が掲載されました。
しかしこの発表の中には実際の利用者の声は全く反映されておらず、インラインスケート・BMX・スケートボード・クライミングなど多様なスポーツでASPOを利用している愛好者にとって、到底納得できるものではありません。
また、目標を持って一生懸命このスポーツに取り組んでいる子供達がたくさんいます。実際に優秀な成績を収めている子供達も多数おり、全国でも注目される施設になっていることも事実です。
そうしてひたむきにがんばっている子供達の夢を壊さない為にもまた全国に誇れる岡山市の財産としてもアクションスポーツパーク岡山は残していかなければならない大切な施設です。
今後、私達は岡山市に対してアクションスポーツパーク岡山の存続を求める活動を行って参ります。
詳しくは↓のBLOGをご覧下さい

アクションスポーツパーク岡山存続の会のBLOG
BMXインストラクターDegooのBLOG
全国の皆様のご協力を切にお願い申し上げます。
ASPOを存続させる為、署名活動を開始致します。
1.署名用紙について
「署名用紙」は下のリンク先からダウンロードの上、印刷してご使用ください。
PDFファイルとEXCELファイルを用意していますので利用しやすいファイルをご利用下さい。
 【PDFファイル 11KB】



【EXCELファイル
27KB】


2.署名の書き方について
岡山市民だけでなく、全国または国外にお住まいの方も是非署名にご協力ください。


※集まった個人情報は今回の署名活動以外の目的で使用することはございません。
3.目標署名数
   100,000名分
4.署名受付期限
   平成22年7月31日(土)まで※第1次集約期限
5.署名用紙の送付について
署名用紙は郵送にて下記までお送り下さい。
  [送付先]
  〒704-8799 岡山県岡山市東区西大寺郵便局留
        「アクションスポーツパーク岡山存続の会」宛
子ども達の未来の為、是非署名へご協力いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

http://6252.teacup.com/yondaime/bbs

 

求む 古屋手作り改修工事ボランティア コミュカフェ「親戚の家」

 投稿者:新田・楽座メール  投稿日:2010年 4月13日(火)15時34分24秒
返信・引用
  地域のプラットフォーム
誰でもいつでも立ち寄って待ったり時間を過ごせる 溜り場
ギャラリーやライブ ものづくりも出来る 皆に解放された
コミュカフェ「親戚の家」(しんせきんち)を作ろうとしています

住み手のいなくなった古農家
解体費用の見積もりが300万円
どうせ投入するなら改修費にして地域に開放しよう
と 300万円を材料費に充当して
改修工事を始めました。

どんな空間が待ったりした時間を作れるか
どんな使い方が 楽しくなるか
どんなメニューが広がるか

一緒に考え 一緒に創る仲間募集しています

出来上がったら
作品展 ライブ アート教室 などで
活用してくれる方も探しています

人と繋がることで 生きる元気を支えあえる人
1人でも多くの人が
生きていて良かった  生まれてきて良かったと
笑顔になれるひと時を
一緒に応援しませんか

建築古民家改修に興味のある人 ものづくりに関心のある人
作品発表の場が欲しい人 教室を開きたい人 ライブ開きたい人
体に優しい料理が出来る人  オーガニックな野菜畑を作りたい人
誰かの役に立ちたい人 笑顔が見たい人

086-274-0019 新田・楽座 までご連絡ください

http://blog.canpan.info/michi-machi/

 

倉敷芸術科学大学

 投稿者:  投稿日:2010年 1月10日(日)17時42分13秒
返信・引用
  2010年、日本検察陣は「誰に?」ナンボで「買われた」のか?漆間巌、大林宏、田母神俊雄!
   http://kihachin.net/klog/archives/2009/03/kensatsu.html
小泉内閣が強行した有事法という奴隷法案をの下で北朝鮮ミサイル騒動を煽って一気に軍
需経済の確立を図るプログラムが着々と進行している最中に政権交代などされては適わな
い。
形振り構わない検察の暴走には真っ黒い厳然たる理由が存在するのだ。
行政を飼育してきた軍需経済が司法も飼育していることなど子供でも分かる常識である。

http://esashib.hp.infoseek.co.jp/teposodo01.htm
北朝鮮がミサイル発射や核実験を行った翌年には、米国からの援助が増加。
(春名名古屋大学院教授)日G09・4・9
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html
調べてみて愕然とした。今度の西松事件の捜査と小沢秘書逮捕の一件は、
官邸の漆間巌と検察の大林宏の二人の連携作業なのではないか。
漆間巌、大林宏、田母神俊雄。
警察と検察と軍(自衛隊)の頂点の人間たち。
こうして見ると、現在の日本がどういう国であるかがよく分かる。
この現在の日本国と日本国憲法がどのような関係であるかがよく分かる。
今の日本は、外形は違うが中身は戦前の大日本帝国と同じになっていて、
過激な右翼のイデオロギーを内面化した人格が権力機構の頂点に立ち、
彼らの理想と目標に従って統治が行われている国家である。
 

「倉敷市市民活動センター設立」について

 投稿者:丸口  投稿日:2009年 5月20日(水)14時34分27秒
返信・引用
  <<まちネット:メーリングリストからの転記です>>

以前私もご紹介し、ご存知の方も多いでしょうが、
6月1日、倉敷市に市民活動センターができます。
倉敷では平成20年3月に「倉敷市協働の指針」が策定され、
その指針の中に『市民活動を支える拠点施設』設置を検討すると書かれてあり、
それがある程度、実現される形ではあります。
当初、私も非常に喜んでいたのですが、その詳細が明らかになればなるほど、
非常に残念な気持ちになってしまいました。

なぜなら、建物の広さは十分なのに、市の担当課がスペースの多くを占め、
以前あった相談業務スペースがそのまま残ったりなど、
本来の市民活動センター自体の規模は非常に小さく、あまりに使い勝手の悪いもの
だからです。
ゆうあいセンターでもそうですが、市民が活用するのは無料の交流スペースが
圧倒的に多いと思われます。
しかし、この施設の交流スペースは1テーブルしかなく、いすも4つ程度。
1グループが使用すれば満席です。
これでは、せっかく来ても、テーブルが埋まっている確立が高すぎて、
気軽に使えません。
最初のうちはお試し感覚で覗いていても、いつも席が埋まっていれば、
そのうち来なくなるでしょう。


また、開館時間もまちまちで、いつ行けばいいかわかりにくいし、
平日水曜以外は21時閉館となっています。
私たちもそうですが、市民活動というのは、ほとんどの人が日中働いているので、
活動が始まるのは19時以降が多く、21時閉館では2時間、実質的には
1時間30分程度の打ち合わせや作業しかできず、
中途半端な議論や作業のまま、無理やり切り上げなければなりません。
また土曜・日曜が17時閉館、祝・祭日が休みというのも、
市民活動センターとしていかがなものかと疑問に思ってしまいます。
市民活動のニーズが捉えられていなければ、いくらお金をかけて整備しても
市民の利用は広がらないでしょう。

実際、近くにある文化交流センターの交流サロンの方が何倍も広いし、
22時まで開館していて、水曜日以外開館しているので非常に使いやすいです。
こちらを「市民活動センター」と命名した方がいいのではと思うのは私だけでしょうか?
少なくとも私なら、今まで通り文化交流センターを利用させてもらいます。
(年に1度か2度くらい印刷のために市民活動センターを利用するかもしれませんが・・・。)
費用対効果、財政難もあるでしょうが、『市民活動センター』と名づけ、
20年に『協働の指針』も策定し、その肝いりでできた施設ならば、
従来の施設よりもいい環境、せめて同等の環境にしてほしいものです。
また、どうしても予算がないと言うならば、今は『選択と集中』の時代です。
利用がほとんどない商店街の「まちづくりセンター」を閉鎖することを『選択』し、
その予算を市民活動センターに『集中』すべきではないでしょうか?
また、この市民活動センターには、ソフト事業の予算が一切取られていません。

箱物だけです。
県のゆうあいセンターには、十分ではありませんが、いくつかのソフト事業の予算が
施設管理の予算と合わせて組まれています。
厳しい言い方をすれば、今の市民活動センターでは、指針に書かれたことをやりましたという
アリバイ作りにはなっても、本来の市民活動を支える拠点とはとても言いがたいと思います。


では、どうしたらいいか。

この問題を解決できる最大の鍵は、この施設の運営団体が、市民の声・ニーズを的確に捉え、
それをすみやかに反映していけるかどうかにかかっていると思います。
市民活動センターは、県のゆうあいセンターのように、指定管理などで市民により身近なNPOが
運営する場合も多いのですが、
この倉敷の市民活動センターは倉敷市が直接運営するということです。
前述したように行政がきちんと市民のニーズを的確に捕らえ、
それを施設運営に反映してくれるならいいのですが、
今の状況をみるとあまり期待はできそうにありません。
であれば、あとは施設管理・運営を任せられるNPOを立ち上げるしかありません。
『市民活動を支える拠点施設』は形の上ではできましたが、
本来の目的を達成するためには

また、倉敷市と市民の協働が試されることとなるでしょう。

                              丸口晋司
 

「何故チボリ公園は閉園に追い込まれたか」

 投稿者:芦田  投稿日:2009年 5月19日(火)15時47分21秒
返信・引用
  <<welcomeclub21:メーリングリストからの転記です>>

皆様へ

いつもお世話になっております。
倉敷芸術科学大学観光学科の芦田です。

世の中はため息の出るニュースが多い中、大学では元気を持て余した学生と毎日格闘?しております。
皆様の中で最近元気が足りないと思われる方は是非キャンパスにお越し下さい。
「うるさい、だまれ」と叫びたくなるような体験が出来るかもしれません。(笑)

ちなみに私達観光学科では7月いっぱい毎週木曜日の13時10分から「おかやま倉敷学」というリレー式の講義を開設しております。
今週はチボリ公園の社長坂口正行氏のお話で、タイトルは「何故チボリ公園は閉園に追い込まれたか」という興味深い講演です。
受講無料の一般公開講座ですので是非お誘い合わせの上お越し下さい。
予約は必要なく駐車場もあります。

倉敷芸術科学大学
観光学科 芦田 雅子
 

>>Yeatsさんへ

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 4月 1日(水)19時35分0秒
返信・引用
  ぜんぜんOKです。これからもよろしくお願いいたします。  

BLOG投稿のお知らせ

 投稿者:Yeatsメール  投稿日:2009年 3月16日(月)13時01分4秒
返信・引用 編集済
  岡山出身大阪在住のものです。
BLOGで取り上げさせていただきました。
無断で貴誌の一部を掲載させていただきましたことをお許しください。
http://blogs.yahoo.co.jp/willibyeats
 

世の中の不条理2

 投稿者:M  投稿日:2009年 2月 4日(水)15時43分50秒
返信・引用
  <<まちネット:メーリングリストからの転記です>>

OZくん、FUさん、MIさん、返信ありがとうございます。
倉敷にも松岡修三ばりに熱い人がたくさんいますね(笑)

さて、OZ君の言うとおり、私たち市民が諦めなければ、倉敷はもとより、
国だって、世界だって、絶対に変えることができると思います。

また、FUさんの言われる通り、世界は日本の本質を見抜いています。
日本は世界有数の経済大国であり、また世界唯一の被爆国でもあります。
核の恐ろしさ、その残酷さを体験している唯一の国です。
だからこそ日本は、平和憲法を誇りに思い、世界平和のリーダーと
なるべきであり、
世界のどの国よりも積極的に核廃絶に取り組まなくてはならないのに、
いつまでのアメリカの顔色ばかりを伺っていては、
何のアイデンティティもないアメリカの犬と言われても仕方ないのでは
ないでしょうか?

MIさん、オバマ大統領のキャッチフレーズ「Yes,we can.」は
とてもいい言葉ですよね。
まさしく「やればできる!」だと思います。
前回、山陽新聞の記事を参考にしながら、今の議会がその役割を
果たしていないと書きましたが、
その国の政治は、その国の国民の質を表す鏡であると言われます。
結局、私たち市民がまず、その役割を果たさない限り、
その鏡である議会や行政はよくなりません。
そして、私たちは現在、その役割を果たせていません。
私たち市民の役割は、前回も書いたとおり、
政治を行政や議会任せにするのではなく、きちんと関心を持ち、
言うべきことは市民も立ち上がって勇気を持って主張する。
そして、任期中の働きをきちんと評価して、選挙で最終審判をしっかりと下す。
また、選挙方法が十分でなければ、選挙を変えていく。
(選挙が変われば、政治家を目指す人も もっと増えるはずです)
これが今の日本の民主主義の中で、私たち市民に与えられた役割ではないでしょうか?

例えば、私たちが具体的にできること・・・。
岡山NPOセンター倉敷支部では、支部を発展させ、
来年度に倉敷NPOセンターを設立できるように現在努力しています。
その倉敷NPOセンターの役割の1つとして、マニフェスト評価を考えています。
倉敷市長のマニフェストを定期的(2年に1度)に評価し、
評価だけでなく、合わせて市民目線の提案をできればと考えています。
市民一人の声は小さくても、それをたくさん集めれば大きな声となり、
行政や議会、しいては倉敷のまちを変えることができると思います。
市民の声を集め、行政との橋渡しをするのが中間支援組織の役割だろうし、
倉敷NPOセンターの目的の大きな柱だと思っています。

ですから、みなさんも自分の興味のある分野だけで構いませんから、
政治に興味を持っていただいて、その興味ある分野の評価をして
頂ければと思います。
例えば、環境問題であったり、子育てのことだったり、福祉のことだったり、
観光のことだったり、青少年教育のことだったり、国際交流でも、
何でもいいのです。
すべてのことに興味を持つことは大変でしょうから、
1つだけでも興味を持って、倉敷市政を注意深く見つめ、
市長のマニフェストが実現できているか?
その努力は適切か? マニフェストに足りない部分はないか?
足りないなら、市民側からいい提案はできないか?
ということを市民の皆さんにご協力頂きたいと思っています。
そうすれば、市政をきちんと監視することになりますし、
いい政策提言ができれば市政への応援にもなりますし、
自分たちの手で、自分たちのまちを創ることもできますし、
次の選挙の参考ともできます。
合わせて、市議会の働きを評価するのもいいでしょう。
また、行政・議会ができていないところ、できないところは、
ただ評論するだけでなく、市民側でも協力できるところは協力し、
お互い助け合い、補っていくことも大切だと思います。(協働)

倉敷も、日本も、世界も、市民の力できっと変えることができるはずです。
世界平和も、遠くにあるものではなく、私たち一人一人の心の中に
その実現の一歩があると私は思います。
地球温暖化の問題も全く同じだと思います。
私たちの小さな一歩が必ず未来につながっていくはずです。
諦めず、みんなで頑張りましょう。
「Yes,we can.」
 

世の中の不条理

 投稿者:M  投稿日:2009年 1月27日(火)23時32分36秒
返信・引用 編集済
  <<まちネット:メーリングリストからの転記です>>

アメリカでは初めての黒人大統領が誕生した。
20日、就任式での彼のスピーチを深夜まで起きて生で聞いた。
多くのアメリカ人がそうだったように、私も彼に期待していたからだ。

ブッシュは最悪だった(あくまで個人の感想だが)。
彼がアメリカの代表なら、アメリカは死んだと思った。
その最悪のブッシュの犬になった国もある。
根拠のない戦争に自衛隊を派遣し、憲法改正まで持ち出し、
一気に右寄りの論議が巻き起こった。
地球全体の緊急課題である温暖化問題も、アメリカを筆頭に
自国の利益を主張するエゴが渦巻き、
世界は一丸となって共通の課題に立ち向かうことはできなかった。
人類の英知も消え去ったかとさえ思えた。

リーダーとは進むべき方向を指し示せる人だと私は思っている。
オバマ大統領はブッシュとの決別をいくつも示した。
過去の過ちを正し、新たな道を指し示した。
『アメリカは安易に武力に頼らず、外交力による平和の対話を重視し、
新たな平和の時代への先導役を務めなくてはならない。
そして、太陽や風力、大地の恵みを利用し、
地球を脅かしている我々のエネルギーの使い方を改め、
地球温暖化を食い止める。』・・・と。
彼はまさしくリーダーであったと思う。

まだ、本当にオバマが結果を出せるかはわからないが、
アメリカに今、希望の光がかすかに見え始めている。
『闇が深いほど、夜明けは近い』というが、
それが今のアメリカではないだろうか?



しかし、日本は未だに『闇』である。
それも深い深い『闇』の中にいる。
日本にも、オバマは、救世主は、現れるのか?
日本には、まだ希望の光は見えない。

地方に目を向けよう。
先日、倉敷市議会議員選挙があった。
選挙前に山陽新聞が特集を組んでいた。
市議会を
・ 『チェック機能』
・ 『政策立案』
・ 『主体性』
の3つをキーワードに市議会に求められている役割を
探っていた。
詳細は山陽新聞のホームページを見ていただくにして、
今の市議会がその求められる役割をほとんど果たしていない、
(山陽新聞はそこまで書いてないが、個人の主観として)
という結論であったように思う。
私もそう思う。

『チェック機能』があれば、チボリがあんなことにはならない。
また、その後の検証も議会としてろくに行われていない。
最後まで他人任せだ。
市立短大の4年制化、鷲羽山のエレベーター設置問題しかり。
チェック機能が働いてるとは思えない。
『政策立案』は論外。
倉敷市議会では未だに1度も議員提案による条例がないらしい。
今の議会は立法機関ではないらしい。
法は国は官僚、市は市の職員が作るものなのだろう。
『主体性』山陽新聞は県任せのチボリ運営を例に挙げていた。
議員立法も1つもないのだし、まちの進むべき道を示す政策は、
国任せ、県任せ、行政任せなのだろう。
政策の勉強もそれほどしているとは思えない。
(全ての議員さんがそうだとは言わないが・・・)
環境フォーラムを見る限り、市長もしかりである。


しかし、選挙の結果は現職の圧勝だ。
そして、投票率は過去最低。
地方も未だに深い闇の中にいる。
まちに対する強い思いを持った新人候補者は確かにいた。
政策を立案できるだけの勉強をし、日々努力を惜しまずやっていたが、
選挙には勝てなかった。
不条理である。
本来の議員の役割を果たしていなくても、
選挙に勝てば、議員なのである。
そして、選んでいるのは市民なのだ。
残念で仕方ない。

国政、首長選挙では、少しずつマニフェスト選挙が定着してきた。
公開討論会も全国各地で行われ、政策重視の選挙になってきてはいる。
しかし、地方議会選挙ではまだそこまでいってない。
市民がチェックできる仕組みができていない。
古い選挙がまかり通ってしまっている。
だから、市民も興味を持てず、投票率が下がり続けている。
しかし、諦めず、一歩ずつだが、少しずつ変化、『チェンジ!』できるように
努力したい。
『選挙での審判』は市民の役割であり、今の議員を選び、今の市議会を
作っているのは他ならぬ私たちである。
私たちは、政治を行政や議会任せにするのではなく、きちんと監視し、
言うべきことは、勇気を持って言わなくてはならないし、
きちんと市民の思いの反映できる選挙にもしていかなくてはならない。
なぜなら、それが社会で私たち『市民』に与えられた役割なのだから・・・。

http://blog.canpan.info/kmn/

 

〝シビックプライド〟

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月22日(木)12時23分18秒
返信・引用 編集済
  「協働のまちづくりフォーラムin倉敷」の
第一分科会を任されました久保田です。

私達の分科会は当初CB「コミュニティビジネス」の分科会でしたが、
今回、市の峰尾さん、まちネットの中村さんにアイデアをいただき、
「つながるしくみづくり」というテーマでシビックプライドについて考えてみたいと思います。

お茶やお菓子を用意して皆様のお越しをお待ちしております。
2/7(土)13:00-17:00 ライフパーク倉敷にて
17:00-18:00 自由参加の交流会もあります。
参加には申し込みが必要です。定員がありますのでお早めにお申し込みください。

1 コミュニティ・ビジネス分科会

 「つなぐしくみづくり~プラス思考からの発想〝シビックプライド〟」

倉敷市には様々なまちづくりの活動を行う市民団体があり、
その活動のスタートにはそれぞれの市民が切実に抱えている課題や問題点が起点にあります。
しかし、これは負からの発想ではないでしょうか。

倉敷は「素敵な所…」「いい所…」とよく言われますが、倉敷に暮らす我々の「誇り」とは一体何でしょうか。
もし、市民がこのまちの誇りを表す「シビックプライド」を持つことができて、
各団体が共通に目指す倉敷の未来像として「シビックプライド」を守り育てることができるような共通の目標になれば、
具体的な横断的活動が困難でも、それぞれの活動が1つの「誇り」に向けてつながっていくしくみが作れるはずです。
つまり、ばらばらに活動する良さを残しながら1つのまとまりに向かうまちづくりができるわけです。

当分科会では、高槻市民のシビックプライド形成に影響を与えた北川潤一郎氏から
まちにうねりをまき起こす秘訣をお聞きします。
続くグループワークでは、まちの素晴らしさから「誇り」となるものを抽出し、
まちが持つ多面的課題に機能する横断的解決としてシビックプライドの可能性を考えてみたいと思います。

2 メンバー紹介
 ■久保田正彦氏(クリエイティブ・コラボレーション「倉式」代表)
  倉敷市出身、7年前に帰郷。市内で企画・デザイン・制作を営む。
  40歳を過ぎて地域と共に生きることを考えるようになった。
  2006年から地元のクリエータたちとモノづくりの力をテーマに
    年に2回の展示イベントと雑誌の発行を行う。

 ■峰尾実穂氏(倉敷市・産業支援課職員)
  東京都八王子市出身。海有り、山有り、工場有りの倉敷の魅力に惹かれ昨春移住し、
  秋には妻子を呼び寄せる。「素晴らしきは多様性とロハスなところ。
  課題は逆にまとまりのなさ。商店街の空き店舗が寂しさを感じる」とのこと。


フォーラムの詳細につきましては、こちらのHPをご覧ください。
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kyodou/jinzai/jinzai_forum.html

http://project-g7.com/

 

アンチ・チボリ批判!

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月20日(火)14時24分7秒
返信・引用
  このチャンスを見逃し、10年頑張ってきた緑、森を守れないのなら…。
誰もチボリの失敗を批判できはしない。

買ったとして、維持管理に莫大な費用がかかるのでは…。という意見もあった。
駅北の森を「現代の里山」として市民で管理する方法はないのか…と私は考えている。
その時こそ本気で市民がアイデアを絞る時であるのはまちがいない。

http://project-g7.com/

 

シビック・プライド!

 投稿者:  投稿日:2009年 1月20日(火)14時16分19秒
返信・引用
  <<雑誌「暮らしき」編集者:先週末にお伺いしたお話を記載させていただきました>>

我々は今まであまりにも多くのものを「消費」してきた。
地方経済の活性化という未来にはもう無駄な「消費」は必要ない。
本当に良いものを大切に永く使う。直して使う。そういうまちに暮らしたい。
また、プライベート化もその「消費」を促進してきた。
これからは、多くの人とシェアする暮らしが必要だ。
それはエコにもつながり、コミュニティの再生にもつながる。
親-子-孫、仲間、地域でシェアする「暮らし」。
「暮らし」を大切にした生き方がここにはまだある。
倉敷の未来も「暮らし」を大切にする中で
文化-産業-教育-経済が新たな価値を創出していけるまちであって欲しい。
その意味でも10年間がんばってくれた緑を大切にしたい。
10年前見たチボリと今のチボリではぜんぜん違う。
建物は老朽化しているが、開園当時、貧弱だった緑は、
新田用水周辺にもともとあったチボリの緑と調和し、
りっぱな森となった。
市民債という形でもしこの森がまもれるのならば
上質な暮らしを守る市民のプライドを持って守って行きましょう!
 

市民債に賛成!

 投稿者:モリ  投稿日:2009年 1月20日(火)14時02分50秒
返信・引用
  <<倉式協賛者:雑誌「倉式」配布中にお伺いしたお話を記載させていただきました>>

チボリが出来た経緯はともかく、
これからの地方行政に、行政のしてきたことを
責めるばかりでは何も生まれない。
それよりも10年かけて森が出来たことが
唯一の財産と市民が気づけば
このまま放っておけばその森さえも更地になってしまう。
市民の手でこの財産が維持できれば
チボリは全てが失敗であった事にはならないであろうし、
倉敷市民の誇りになる重要な転機であるかもしれない。
 

市民債に賛成!

 投稿者:ケイセン  投稿日:2009年 1月20日(火)13時56分13秒
返信・引用
  <<倉式協賛者:雑誌「倉式」配布中にお伺いしたお話を記載させていただきました>>

市民債でチボリ跡地を市民の手にする考えは以前より持っていました。
大賛成です。また、跡地利用に関しては、県庁を新築してはどうか…。
耐震構造の見直しで県庁は何十億もかけてリフォームしようとしている。
政令都市ととなった岡山に県庁は必要なく、大金をかけてリフォームするくらいなら
倉敷の駅前に新築してはどうか…。

これも非常に興味深いお話でした。

http://www.nichii-sharyo.com/

 

倉敷市議会議員立候補予定者への公開質問状

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月20日(火)13時33分33秒
返信・引用
  まちネットのみなさんが倉敷市議会議員立候補予定者へ出した
公開質問状集計がまちネットのブログへアップされています。
市議会議員選挙でお迷いの方、
ぜひ、参考にしてみてください。

***** 以下まちネットのブログより転記 *****

倉敷まちづくりネットワークでは、
今回の市議会議員選挙の立候補予定者に対して、
「倉敷市政についての公開質問状」を送付いたしました。

質問内容は以下の3点です。

質問① 「チボリ跡地の緑を残そう!市民債」への賛否は?
質問② 「自治基本条例」について、あなたの考えに最も近いものを選んで下さい。
質問③ 議員として、家庭、議員活動での「カーボン・オフセット」に取り組みますか?

23名の候補予定者の方々からご返答いただけました♪
ありがとうございました。

この度結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

公開質問状の回答期限の1/10までに14名の方から、
その後9名の方から、ご返信を受け取りました。
年末年始の郵便事情の厳しい?時期だった事、ご回答いただいた事に感謝している事などを考え合わせ、23名全ての方のご回答を取りまとめました。
※期限までにキチンと郵送いただいた方にはお詫びいたします。

皆さんの投票のご参考になれば、うれしいです。

さて、
本日(1/16)、これらの資料をに記者クラブへお届けします。

倉敷まちづくりネットワーク以外にも公開質問を行った団体がありますので、
それらの結果も取りまとめられないかと考えています。

http://blog.canpan.info:80/kmn/archive/102

http://project-g7.com/

 

>>Kさんへ

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月20日(火)13時05分24秒
返信・引用
  書き込みありがとうございます。
倉敷市出身で県外に暮らす方からも
市民債を買えるといいですねとの書き込みもありました。
全県へ広げるのもよいでしょう。
しかし、市民がまずは立ち上がるべきですよね。
市民が関心が薄いようでは何も変わりません。
市民が立ち上がれば、放っておいても県や国に波及すると考えてます。

http://project-g7.com/

 

緑のユニオン

 投稿者:K  投稿日:2009年 1月19日(月)18時26分53秒
返信・引用
  岡山県民としてチボリ公園の結果は残念に思います。が、今回の定額給付金がもしチボリ公園への寄付として使えるのなら、定額給付金は受け取りたいと思います。緑のユニオンとして次世代へ繋げる地域文化産業として残せるのなら大賛成です。倉敷市民だけでなく岡山県民全体へ問いかけてみてはどうでしょうか?  

シビック・プライド

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月10日(土)23時37分55秒
返信・引用 編集済
  「アクティブ・シチズン」がんがん盛り上げましょう。

中村氏も市議会議員立候補者に公開質問状を出したり
そのことを記者クラブへ投げ込んだりされているようです。

公開質問状:一部抜粋***********************

質問①「チボリ跡地の緑を残そう!市民債」への賛否は?

□賛成 □市の予算[税金]だけで進める □税金も使わず民間にまかせる □その他[記述]

倉敷市では緑地を残す方向で動いています。市民の中には、できる限り多
くの緑地を残すために、市の予算とは別に市民債を募って購入代金の一部
にあてようという動きがあります。これについてどうお考えですか?
(注:市民債の中身については議論の余地がある)

**********************************

いかなる結果に終わっても、市民が自ら動いた過程は
全国的にみても話題を持ちますし、
県や市やクラボウも下手なことはできなくなるのでは…。

何より、倉式市民の「シビック・プライド」の基盤になると
考えております。

http://project-g7.com/

 

Mixiコミュより

 投稿者:倉敷トンガリやま  投稿日:2009年 1月10日(土)23時26分39秒
返信・引用 編集済
  <<Mixiコミュ:倉敷チボリ公園トピックからの転記です>>ありがとうございました。

私も何か、協力や、資料などは、措かし致します。

先頭に立つ仲間さんで、一回、お逢い出来れば良いかと思います。

後、[アクティブ・シチズン]の紙面全文の文章を転載さして頂いてもよろしいですか?
GREEと言うコミュニティに使わせて下さい。
 

Mixiコミュより

 投稿者:霞草  投稿日:2009年 1月 8日(木)23時12分49秒
返信・引用 編集済
  <<Mixiコミュ:☆倉敷市民集まれ!☆トピックからの転記です>>ありがとうございました。

私は今他県に住んでいますが、実家はチボリ公園のすぐ側です。
私もアウトレットができるって聞いた時は、
「いい案だ」って、ウキウキしたのですが、
それは若者だけの感覚らしいです。
やっぱり、お偉いさんたちは「公園」、ってのを残さないとダメみたいです。
それに、近くにアウトレットモールなんかができると、
渋滞で付近に住んでるものは迷惑すると、反対もしているようです。
そんな我が家も都市開発計画の区域に入っています。
ずっと前から言われていたことですが、あの家いつまでもつんだろう。
 

Mixiコミュより

 投稿者:てく★ごん  投稿日:2009年 1月 8日(木)23時07分59秒
返信・引用
  <<Mixiコミュ:倉敷チボリ公園トピックからの転記です>>ありがとうございました。

既に倉敷在住ではないですが、すごく良いことだと。
こういうことであれば、他地域に在住する倉敷出身者も
故郷納税のような形で協力できると思います。

具体的に倉敷市民の間に動きがあるのでしょうか?

中村さんが進められてるんですね。
町家トラストには興味があり、御坂の家も2度ほど利用させてもらってます。

このような運動が、市民にしっかり根付くよう期待して、
時々見させていただきます。

県外からの応援ができるような面が出てくれば、
出来るだけ何らかの形で関わっていきたいと思います。

ありがとうございます。
 

駅北緑地

 投稿者:リスプ  投稿日:2009年 1月 8日(木)22時48分19秒
返信・引用
  <<まちネット:メーリングリストからの転記です>>

これ、良いですねぇ。(^^ゞ

”ask what you can do...” ですね!

倉敷で失われつつある自然を考えるべく、ネイチャーセンターを
この緑の中に作ろうではありませんか!

こんな感じの施設が出来るといいな!

http://www.pompoco.or.jp/nagaike/shizenkan/index.htm

 

[アクティブ・シチズン]の紙面全文

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月 8日(木)22時45分47秒
返信・引用
  まちづくりネットワーク&町家トラストの中村さんの提案で、
まだこれから準備していく話ですが、意義ある活動だと信じております。

以下[アクティブ・シチズン]の紙面全文です。

Active citizen! アクティブ・シチズン

国があなたに何をしてくれるかではなく、
あなたが「まち」のために何をできるか考えて欲しい…

私たちに出来ること…

みんなさんのお金で「駅前の貴重な緑」を
市民の力で次世代へと送れる
倉敷の財産として残してみませんか?

現在、倉敷駅の北側には全国でも指折りの緑があります。経緯はともかく、このまま
放っておいては更地にして民間の開発が行われる可能性があります。私たちの子や孫
へ、この貴重な財産を残す方法があります。「町衆文化」が残る倉敷の市民として力
を合わせれば、確実に次世代へ送れるより良いものとして残すことが出来るはずです。

時を同じくして、未曾有の経済不況を向かえ中央の政治は「定額給付金」を支給する
ことを考えています。様々な議論が飛び交う中、拒否することは得策ではなく、不満
や疑問を感じている人は「寄付」を勧める意見も聞かれます。政策の良し悪しを問う
議論はさておき、この定額給付金なるものは倉敷にとって一隅のチャンスといえます。

2008年12月6日、倉敷市役所で開かれた「ポスト・チボリに関する市としての考え
に対する意見交換会」において、市民から出た提案。行財政ばかりに頼り、次世代へ
の借金を増やすのではなく、市民に残すべき意向があれば「市民債」を発行し、次世
代への負担を減らす中で、市民のプライドと共に駅北の貴重な緑地を市民のために使
える財産として市が取得する方法がないのか、という案が出て多くの共感を得ました。

かたや、政令市移行と市制施行120周年を迎える岡山市は2008年11月、初の住民参加
型市場公募債「安全・安心おかやま市民債」(仮称)を発行すると発表しました。
文句や人に任せてばかりでは前向きな結果は現れません。今こそ、町衆の誇りを取り
戻し、倉敷市47万人の底ぢからが集まれば、もしかすると40億円という財力を持つ
可能性があります。市民の中から出てきたこの誇り高き芽を一緒に育ててみませんか?

現在、市民団体が連携し、その体制を作っていこうと考えています。
詳細は、今後、各種メディアを注意してご覧ください。
倉式は、今後この活動を支持して参ります。
 

Active citizen!

 投稿者:bottaメール  投稿日:2009年 1月 8日(木)22時44分12秒
返信・引用
  私達にもできること…。
次号「倉式」vol.04にて掲載されます。
チボリ問題に興味のある方…。
定額給付金に疑問をもたれている方…。
環境問題に関心のある方…。
倉敷駅北側の緑を一緒に守りませんか。
ご意見・ご感想、お待ちしております。
 

レンタル掲示板
/1